topimage

2017-07

ほんのちょっぴりの遺伝子はあるらしい - 2016.05.14 Sat

ありゃァ、朝ご飯食べたら10時じゃない。
なんとも、おもいっきりの朝寝坊。いい天気なのにねぇ。
書き終わったら、午後になってるどー。たぶん。

デスクの温度計は25.3℃で、もう、半袖Tシャツで充分。
半ズボン洗っとこうか。
初夏感がでてきたから、あちこち往くのが愉しみ。

昨日も車で10分の佐鳴湖公園へゆき4000歩歩いたのだ。
湖面をわたる風が爽やかで、いい気持ちで歩けたね。
ちょっと走れば、こういう所がある、いいなァ、とパトさんがいう。

オレもそう思う。
毎日、歩きにゆく。
今日もどこかへゆく。

ま、カメラもってちんたらちんたら歩くので、
それほどの疲労感はないんだな。
おまけに、カメラもったパトさんは、なかなかこないしィ。

165143-s01.jpg

午後の湖畔を歩く人がいっぱいいて、絵を描くグループや、
魚を捕るグループがいて、カメラもってる人も数人。
市内のまんなかに、こんな憩いの場所がある。

実は、オレにとっては子供のときから馴染みの場所なのだね。
いま街道が抜けているあたり、欄干のない土橋があって、
この上から三角ふんどしだけの裸んぼが、次々飛び込むんだ。

ま、あたりは一面のタンボだし、のどかな田園だった。
ザリガニ捕りしたり、ドンコ釣ったり、バクダン池でフナ釣ったり、
まっくろけになって朝から晩まで遊んでた。

タンボは家が建ち並んだし、野ウサギを追った山の斜面まで、
家がいっぱいあるけれど、
湖面に映る緑が減っていないのはうれしいね。

16514-a1.jpg

ベッキーさんがテレビ出たらしいけれど、
どんちゃん騒ぎの裏番組みて、げらげら馬鹿笑いしてたから、
詳しいことはしらない。

今朝ネットニュースみたら好意的に受け容れてるみたいで、
ま、あっしにゃ関わりないことでござんす......... なんで、
あの会社もタイヘンだったらしいから、よかったねってだけの感想。

ま、ゲスのミュージシャンのほうは、ネットで謝罪したのが大炎上らしく、
それはそれで、九州男児らしからぬ、これまでだったから、
当然の結果ではあったろうと、思っただけ。

ここは大人の思惑が絡むわけで、こちとら気持ち悪けりゃ観ない。
ただ、それだけのことだから、どっちでもいいんだわさ。
って、とかくそういうもん。

そのまえの番組だったか、結婚詐欺で有名なクヒオ大佐がねぇ。
70歳になって、おなじ手口で騙してたってドキュメント。
20年近く経てば騙される人もいるんだね。

 「クヒオ大佐」←click

お気の毒にィ、と思ったが、まてよ?
これも近々に映画かドラマでやるらしいから、
ひょっとして手の込んだ番宣かもしれないと思った。だったら...........

16513-s02.jpg

わが家は大酒飲みの家系なんだけれど、
オイらは鬼っ子、遺伝子のなかにこれが希薄。
飲めると思って飲んで、えらいめにあった。

そりゃァ、オヤジやジィちゃんの呑みっぷりみてれば、
オレだって飲めるって、そう思って当然だよね。
あにはからんや、急性アルコール中毒で3日間寝込んでしまった。

けれども、吐いては飲み、吐いては飲みしているうちに、
5合くらいではケロッとしているようになった。
なにごとも修行であるんだな。

でも、ほんとうに好きか? っていうと、どこか違う。
呑みたくて呑んではいない。
しかたないから呑んでたりしたからねぇ。

いま、ふだんはほとんど呑まない。
でも、たまには呑みたくなる。
だから、ほんのちょっぴりの遺伝子はあるらしい。

16513-s04.jpg

ジィちゃんは三度の飯どき、お茶かわりに茶碗で冷酒飲み、
その間にも戸棚へ手を入れた。
学校から帰った、ごんべ少年がそれを見つけるんだな。

「ジィちゃん、またッ」っていうと、
「シーー」と唇に指重ねるんだ。
オレが黙っていたって、匂いがするからバァちゃんに叱られる。

バツの悪そうな顔して、
「いま飲んだのは晩の分だよッ」というけれど、
晩にはしっかり飲んでいたからね。

93歳のある日、なんか寒いと布団に潜り込み、
ひと眠りして起きて、「ご飯は??」はというと、
「茶碗に酒をくれ」といって、ぐびぐび一息煮飲み干し...........

「あ、うまい」といい、鼾を搔いて眠って、
その鼾がしなくなったら、息もしていなかったという大往生。
オレも、あれくらいにいきてぇ。

オヤジは69歳で胃袋を全摘したのだが、
医者が見せにきたそれは、
長年の酒に爛れてずたぼろ雑巾なっていた。

その新しい胃袋では、ちょこ1杯呑んで、ぽッ......... とする、
なんか、可愛い酒飲みになったけれど、
毎日呑まなければいられなかった。

だから、オイらだって当然ながら、
それくらい飲めると思い込んでいるわな。
で、ン歳のとき下町ガキ仲間と大酒飲んで、こんなはずじゃ? てね。

そのン歳のなん年かあと、都会の片隅でうだうだしているころには、
トリス1本あけるようになっていたが、
三度に一度はゲロ吐いて洗面器抱えていたからねぇ。

「あんたは、それほど強くないんだから.........」
3歳年上の彼女はそういって介抱し、
オレは、うるせーと怒鳴って、また洗面器抱えていた。

「あんたなんかくたばっちまえ.......... 」
そういわれて眠りこけ、で、ふと目覚めると、
オレの脇に彼女が眠っていたり。

都会の片隅のおんぼろアパートの蛞蝓三畳間、
あまり楽しい酒ではなかったねぇ。
飲んで潰れて無の世界へいってしまうのが目的の酒だった。

そして、麻雀屋の洗面所で喀血して、
酒飲み過ぎての胃潰瘍かと思ったら結核だった。
で、抗生物質漬けが2年半。

娑婆へ帰ってくると、
なんと酒量が初期設定にリセットされてたんだ。
それどころか、いくらも飲まないうちに、相当な悪酔いをする。

どうやら体質がかわり、大酒を受け付けないようになっていたらしい。
で、ほとんど外で酒を飲まなくなった。それはいまにもつながる。
ただ、体のなかのDNAは酒をほしがる。

こわいから無茶飲みはしない。異変感じればすぐやめる。
以来、すこぶる行儀のいい酒飲みだな。
けれど、あまりおもしろくははない酒でもある。

だから、酒席では酔ったふりして、接待酒を飲んだ。
いきつけのバーのママが、
気の毒だからといつも請求書を加減してくれた。

いま、ほとんど飲まない。
DNAが騒いだときだけ缶ビール1本。
ほろっと酔ってすぐ眠る、可愛いィお酒。

あ、お昼だァ。
あしたサ、つづく................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4417-e0b4e017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぷわァ、食ったわァ。そういうのがなくちゃ..... «  | BLOG TOP |  » なんていったら閻魔さんに舌抜かれる

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する