topimage

2017-04

なんていったら閻魔さんに舌抜かれる - 2016.05.13 Fri

あ、雲が多いな。天気予報は晴れ。日中は24℃。
って、デスクの温度計は、いまで24.2℃だよ。
そして、今日は13日の金曜日。

西洋で嫌う日だが理由はしかと知らない。
キリストが磔刑になった日というが、当時は陰暦だったので、
いまの暦にはあてはまらないとか。

それはさておき、今日も暑くなりそう。
昨日は、お昼まえに家を出て、都田公園の緑の中でランチ。
たちまち半袖Tシャツだけとなり、それでもうっすらと汗を掻く。

16512-mk01.jpg

オニギリ食べながら、
なにげなく空を見上げたら昼の月があって、
いちめんの緑に染まってしまいそう.........

「気持ちいいねぇ.........」
本年初の半袖シャツが気持ちよかった。
傍らで公園猫が、にゃぁ、にゃぁと鳴く。

トカゲをくわえて、どや顔で見上げている。
「よく捕ったな。えらい、えらい」
褒めてやったら、生け垣のなかへ潜っていった。

16512-c1.jpg

オニギリ食べ終わったころ。
足許へ蝶々が飛んできたので、カメラを向ける。
と、さっきの猫に横取りされた。

甘噛みして、口から離し、獲物とじゃれる。
何回かやって、オレの被写体食べちゃった。もう...........
けれども、これが、おまえたちの本来だよな。

ベンチの上に食べ残しのキャットフードトレイがいくつか。
オレたちが公園にいた2時間ほどの間に、エサやりさんが3人。
てんでにきて、おなじ猫にエサをくれている。

これは、自分の都合としか思えないけれど、どうだろう?
だから、どの猫もメタボなんだな。
これが猫を救っていることになるのだろうか。

ひところより数は減ったが、猫がいなくなることはない。
ボランティアさんと市が費用を折半して、避妊手術をしているはず。
でも減らない。どーして?

16512-a1_20160513092110e24.jpg 16512-mk12.jpg
16512-mk08.jpg 16512-mk04.jpg

カーテン閉めにいったら宵の明星をみつけた。
お月さんの上のほうにあった。
まえの住み処のような満天の星は見えない。

街中は灯りが多いからか。
いまでも、外で寝たいって気持ちはもってるが、
もう、ムリだろって思う。

外で寝るんだね。
満点の星が見上げる夜空にあって、潮騒か、沢のせせらぎがBGMで、
ちろちろ燃えるき焚き火の残骸を見ながら眠る。

これが至福の刻なのだな。
シャバの垢がボロボロ落ちてゆくよ。
でも、最後に仲間たちと聖岳の麓でこれをやってから20年。

仲間の何人かはあっちへいってしまった。
待ってろや、三途の川のほとりで、またやろうぜ。
なんていったら閻魔さんに舌抜かれるかな。

16513-a2.jpg

ちかごろ、おまえ、温和しくなったねぇ、といわれる。
アハ。たしかに............
ま、なんやかや、めんどくさくなったのはたしか。

いまや、60歳還暦赤ちゃんこなんてーな、洟ったれ小僧だからね。
同輩、先輩が元気でげんきで、いっぱいおいでになるゥ。
だから、オレなんざ、まだまだ駆け出し。

そういっちゃ悪いけれど、
還暦くらいでしたり顔してる人がけっこういるけれど、
そんなもん滑稽ですらあるわけで.........

ま、そうはいうけれど、かくいうオレだって、
あァ、60歳だぜぇ、還暦だぜぇ、どーすんだ? オレぇ。
なんて戸惑ったもんではある。

んで、よしゃーいいのに、まだなんかしたいっていう。
そのうち、自分のポジションを、イヤっていうほど知らされて、
そういう気負いは、ぐしゅん。

温和しく往生こいちゃうのがいちばん。
ま、間違っても、
生涯現役なんぞといわないことですな。

16512-mk09.jpg

ある人がねぇ。
漢字検定受けるからいっしょにどうだといった。
オレ、テストが大嫌い。やなこったと身震いして断った。

生来の悪筆、つまり、字が下手なんだ。
小学校2年生のとき、バァちゃんが参観日にきたのだが、
えらいショックを受けたという字なのだ。

もっとも、このときはよりによって、
腹具合が切迫状態になっていて、 書き取りどころではなく、
途中で抜けだして難を逃れたが、それがまたバァちゃんの顰蹙かった。

それが、長じて原稿用紙に字を埋めるという商売になったわけで、
あいもかわらぬ悪筆ながら、それなりの字ができてくるんだ。
もう、ヘンテコリンな字というか、記号というか。

これを読み、かつ、活字に打ち込むのは、
写植屋さんのベテランオペレーターさんなわけで、
自分でも判読できかねる文章を、 しっかり打ってくれるんだねぇ。

オペレーターさんには、陰ながら、いつも最敬礼していた。
ま、社外のライターさん、作家さんにも、
普通じゃ読めない字を書いてくる人が、けっこうおいでになる。

こういうお方たちは、頭から言葉が迸りでて、
指先にいくまでに文章になるという状態だから、
書くということは、もう作業なのだ。

迸り出る言葉の流れを止めないように、記号を並べる。
それは、いわゆる字としての評価を、しばしば超越して、
能率重点となっているのだね。

編集者も慣れてくれば読めないことはない。
まずは個々の癖を読みとり、
それでもダメなら前後の文脈で判読するから意味は通じる。

で、30年くらい前から、ワードプロセッサーのキーを、
ぶっ叩くようになり、フロッピーディスクを写植屋さんに渡すようになり、
オレの親指からペンダコが消えたね。

さらには、それから10年経つか経たないうちに、
パソコンのキーボードを叩くようになり、 漢字を書く能力は、
加速度をつけてオレの脳味噌から脱落していった。

読む能力は衰えていないのに、簡単な漢字すら書けない。
生来の悪筆に加えて、書き順でたらめ、
ハネトメでたらめ、孫たちによく笑われたんだな。

いまやキーボードを叩く速度もかなり遅くなったし、
まァ、ミスタイプの多いこと。
でもね、「てんちゃら...........」やっつけるくらいだからねぇ。

てなわけで、今日も外でお昼かな?
あしたサ、つづく................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4416-4ba612b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほんのちょっぴりの遺伝子はあるらしい «  | BLOG TOP |  » はぐれマグロからマンボウへ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する