topimage

2017-08

とりあえずはリア充であればいい - 2016.05.11 Wed

雨降ってる。しょぼしょぼの雨。激しくはない。
天気予報みてきたらお昼までみたい。
そろそろ写真のストックがなくなるからね。

昨日の午後、雨降っていなかったから、2人で歯医者に出掛けた。
このあたりに、歯医者さんいっぱいある。
で、いちばん近くへいこうって、直線にして150mくらい。

感じのいいスタッフとセンセだった。
ちょっと出血したけれど、不思議に痛みもなく、
もう異物として扱われてます、という2本をなんなく抜歯。

それで、パトさんは時間が掛かるというので、先に帰ったのだが、
しばらくして窓の外みると、あらァ、雨が音立てて降ってた。
また、150m歩いてね。受付さんに傘預けてきた。

受付さんに親切にしていただいた。
度々お世話をかけてしまった。すみません。
ネットクチコミの歯医者さん選び、正解だったらしい。

で、ほんとはぐらぐらしてるのに、ゆきたくなくて、
「なんともない」なんて子供みたいに、
1日伸ばしにしていたが、呆気なく抜いてしまって、あれぇ。

事後の痛みもなく、
それだけで、ご飯がおいしかった。
はやくゆけばいいのにィ。

16511-a1.jpg

昨夜のご飯あとは炬燵でテレビみてたのだが、
なにを観ていたのか?まったく記憶がないという............
たぶん、うとろうとろしてたんだ。

炬燵の布団がまだあげてない。
で、足入れると、火のない炬燵は寒いのだ。
だからスイッチ入れていちばん弱くするが、すぐに熱くなる。

 足いれると熱いし
 出れば寒い今の炬燵
 あっという間に
 今年も
 あと7ヶ月

なんだな。
はやくも5月も10日を過ぎた。
今度晴れたら布団乾して、炬燵あげよう。

13513-mk09_20160511093541f2f.jpg

19世紀のフランスの小説家バルザックはこういってる。
これは真理なんだな。
人はとかく1人になりたがるが、それを語りたがるものでもある。

 孤独はいいものだということを、
 我々は認めざるを得ない。

 しかし、孤独はいいものだと、
 話し合うことの出来る相手を持つことは、
 一つの喜びでもある。

ってさ、結局のところ、人は人を必要とするんじゃないか。
あなたって孤独なんだね。わたしがいないと........
なんていわれて、ごらんな。

オレがいかに孤独であるかを、
語りかけてみたくなるからねぇ。
誰しも、こういう心をもっているようだしィ。

が、孤独であるっていうことは、
おのれのスタイルが日に日にできてゆくことでもある。
独りでいることに慣れれば、必然的に我が生じるものなのだ。

それを、人はしばしば自然体というけれど、
つまりは、その人に都合のいい自然の流れであって、
これが、わりと頑固に根付くのだ。長いほどに..............

孤独を愛するほどに、2つの流れが合流することは、
むつかしいといえばむつかしい。
独りで暮らす若者が多いという事実もわからないではない。

13513-mk13.jpg

暗いなァ。雨脚はけっこう強いよ。
こんな日は気持ちが滅入るねぇ。ほんと。
2日からカメラもって遊びに出てないし、ちょっとストレス。

オレね、感情は激しいほうだった。
さすがに、年の功ってやつで、
長年の瞬間湯沸かしも点火しにくくなったけれどねぇ。

案外早く「てやんでぇ........」と尻まくってしまうほうだった。
だった、と過去形だよ。
これって、自分的には感情のほとばしりだと思ってた。

その滾るような情熱が、さすがに薄れてきたのか、
あるいは、めんどくさいと思うが先になったか。
最近は、やっと人並みに、一歩下がって考えるようになった。

遅いっていうことなかれ。
はやくから分別ついてるのは、オレはキライ。
ま、死ぬまで未熟なんだな、人ってのは。

1354-mk24.jpg

パトさんと気持ちが寄り添うようにと努力している。
あたりまえのことだ。
でも、スパンが短いからといって、急ぐということはないと想う。

空気にはなりきれないけれど、
お互いが空気になったようなフリをするのはイヤだしね。
ときに、心を覗き合って擦り合わせしてゆく。

おひとりさま5年目に、こんなこと書いていた。
すこーし泣き虫を脱した頃だな。

 眠ってしまえば、新たな明日がくる。
 ま、この繰り返しを5年もやってれば、もはや惰性。
 これじゃ、孤独のなかにいてどうしたらいい? の答えになっていない。

 最後は自分なんだ。
 自分で這い出てこなければ、他力本願は所詮蜘蛛の糸。
 たとえ縋っても、自分の重みで切れる。

 たぶん、見つけ上手になることだと思う。
 あ、こんなに愉しい。あ、これも愉しい。あ、あれも........
 これを重ねてゆけば、いつのまにか孤独が愉しくなる。

 これでも、答えになっていないんだな。
 たぶん.......
 なぜだと思う?

 答えは自分のなかにだけある。
 他人はのぞけないから、わからない。
 のぞいたふりはできるけれどねぇ。

で、2人になって、もうじき1年だよ。はやいねぇ。
これを書いたころは、お互いの心を覗きあっていたけれど、
オレがちゃらんぽらんで、パトさんの心を掻きまわしていた。

 どうせ、ここまで1人できたんだもの。
 この先、ひとりだってかまやしない。

あるシングル女性から、この名台詞を聞いたことがある。
この感情は偽らざる心であると思う。
自分に忠実に生きれば、そうなってしまう。

1人よりは2人がイイ。
それはたしかだけれど、そんな単純じゃない。
かまやしないって、頑固な塊を溶かさなきゃいけない。

あ、よかったね。あ、愉しかったね。あ、美味しかったね。
これを重ねるしかない。
これが積もり積もって、いつの間にか心が充たされる。

で、オレたちは、これでよかったんだといえるんだと重う。
まだ、2人の自然体は構築途中だけれど、それほど急ぐこともない。
とりあえずは、リア充であればいい。

あ、カミナリ鳴ったよ。
こんな日は偏頭痛してヤだねぇ。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4414-41bef4bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はぐれマグロからマンボウへ «  | BLOG TOP |  » そのまた向こうのおはなし

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する