topimage

2017-08

食っちゃ寝食っちゃ寝もわるかーない - 2016.05.09 Mon

道行く人が傘さしてる。降ってるらしい。
パトさん、ゴミ出しいって、細かい雨ふってるよって.........
天気予報見たら、今日も明日も雨なんだな。

今朝は6時30分に起きてきて、ぼけぇぇ.............
昨夜のボクシングみて、そのあと眠ってしまったから、
それで寝足りていたみたい。

ボクシングのWタイトルマッチを堪能した。
八重樫選手、苦戦ながらもなんとか防衛。
井上選手、やっぱり拳を痛めていたんだな。

左だけでボクシングしてるから、
またやったかなと、序盤戦で気付いたのだが、案の定。
ハードパンチャーの宿命とはいえ、KOシーンみたかったね。

前座で、弟の井上拓真選手が2回TKO勝ちしたが、
彼も7戦全勝だし次は世界戦かな。
兄弟チャンプも夢じゃないね。

1658-w1.jpg

近くの病院の屋上ヘリポートにドクターヘリが下りた。
ベルという機種の飛行音は聞いてすぐにわかるので、
カメラもってベランダへでていった。

このまえは失敗したので、今度はカメラ2台をもってゆく。
パトさんもでてきて、
搬送終わって飛び立つまでの10分ほどを撮る。

そうしたら、向かえのセンセが新車に換えたらしくて、
シトロエンのカクタスC4に乗ってきてカッコイイ。
もさッとしたセンセだけれど、ベンツじゃないところがいいね。

最近は、ローバーミニも街中で頻繁に見るようになり、
なんだィ、けっこう儲かってる人いるじゃん、
と他人事ながら思った次第。

1658-w2.jpg


昨日のこと、書斎でぼけぇぇ.......... としてたら、
掃除していい? といわれて、そのうちガァ、ガァ−。
いたたまれないから、ベランダいって、ぼけぇぇ........ のつづき。

でもねぇ。ぼけぇぇ.......... としてられるってシアワセだよ。
この無為にもみえる時を過ごすために、頑張ってきたのだもん。
外国映画によくあったシーンだよね。

老人がテラスのロッキングチェアに座り、
なにをするでもなく、ぼけぇぇ............ と遠くをみている。
あれに憧れていた。

いま一生懸命に仕事してリタイアしたら、あァして過ごそう。
それがいまだから、そりゃァ、もう、シアワセさ。
こういう言葉がある。

 木陰に座って
 涼を楽しむことができるのは

 誰かがずっと昔に
 その木を植えてくれたからだ

そうだね。
食っちゃ寝、食っちゃ寝もわるかーない。
それだけ頑張ってきたからな。

1658-w3.jpg

稚気痴気ごんべは好奇心の塊だから、
どれどれと観にいって、あれぇ、うわァ、すげぇ、どひゃ.........
なんぞといいながら、なんにでも感動する。

別に、感動しても損するわけじゃないから、大いに感動すべし。
パトさんも似たようなもので、すぐに野次馬になる。
2頭のお馬さんが、ヒヒーンって騒いでるからねぇ。ここのうち。

あれぇ、ってここまでに何回いったかな?
あれぇ、って2人で何回いったかな?
なんにでも新鮮な気持ちで向かいあえるってサイコー。

1658-w5.jpg

今朝のテレビで、8chの小倉キャスターが、
ベッキーさんをめぐる場外バトルを「どうでもいい」と発言し、
ネットニュースでこれが取り上げられたのだが..........

「どうでもいいはなし」なら放送しなければよかったのでは?
といわれているんだ。ま、はやいはなしがそうだねぇ。
そもそも文春にベッキーさんが手紙を出して掲載されたってはなし。

これを誰やらが「あざとい」とラジオでいい、
それを先輩の誰やらが「よくいえるな」と反論して、
それをまた誰やらと誰やらが参戦したってのが場外バトル。

パトさんは、あざとい発言支持で、オレがよく言えるな支持。
ちょっとばかしバトルになったから、
「つまらん、他人のことで.......」とやめにした。

ま、芸能界のこたァ、どーでもいいのだが、
奔放な父親もって多少は寂しい思いをしたってことあるから、
そもそもの発端つくった「ゲスきわ」っていう歌手に違和感がある。

妻がありながらちょっかいだしたの、この人だよね。
不倫にはちがいないが、そういう具合にもっていったのはこの人。
それにしては、関わった女性におのれの行動の責任とってるのか、ってね。

もう虫唾が走るのよ、コイツ。
あえて、コイツっていうけれど..........
オレは、そういうのが許せない。

1658-w4.jpg

以前にネットフレンドのおばさまにお尋ねしたのだ。
「おばばさま」と「おばさま」の境界線ってのは、
いったい、どこにあるんだろうか? ってね。

なぜかというと、60歳代のブログをみていて、
「おばさん」と自らをいう人は多くて、
たまにしか「おばァちゃん」といってる人がいないからね。

オレは申しわけないけれど、60歳過ぎたら、本人がどういおうと、
「おばァちゃん」だと思ってるわけで、
実際にオレは、「爺ィ」と自分をいってきたからね。

ま、男性にだって、ジィさまと、おじさまの境界線があるわけで、
それが、どこに境界があるかっていえば、
「う〜〜〜ん」と唸らざるを得ないんだな。

あえていえば、自分より若い世代に、
「わたしも、ああいう具合に年齢重ねたい」という思いを、
していただける人が「おじさま」「おばさま」なんだろうか。

男性の場合は、アクティブに生きるかどうかが、
その要素になるのではないかって、不肖ごんべ、勝手に思っていた。
格好にも心にもダンディ、忘れちゃダメよ、ってこと。

だから、自称おばさん、でも自称おじさんでも構わない。
その言葉に違和感がなければね。
そして、その判断は他人がきめるってことだな。

seniorって区分けは、アメリカ、欧米でも50歳からなのだそうで、
社会的にも、シニアクラブへの資格ができるという。
日本ではこの定義が実に曖昧で,55歳からだといい、60歳からだともいう。

なかには40歳代なのに、シニアだといいはる若年寄りがいる。
ま、都合のいいときは若いといい、
都合がよろしくないとシニアだと言い訳するのが、この世代。

で、この国には、むかしから60歳定年という区切りがあって、
ここをすぎれば、「一巻の終わり」っていう概念が、
世間一般に染みこんでいた。

 村の渡しの船頭さんは
 ことし六十のお爺さん

それほど遠いはなしじゃない。昭和10年代だからね。
年は取ってもお船を漕ぐときは........ なんて、
しかし、現在の諸般の事情は、それを許さなくなってきたからねぇ。

やれ、65歳定年だ。ほれ、70歳まで働けっていう。
50歳を過ぎるとシニアだとして、
60歳過ぎるとシルバーっていう御席が待っているよね。

ちかごろは,その上になるゴールドっていうけれど、
なにが金なもんかいな?
寄ってたかって、金を鉛に変えようっていうご時勢でござんしよ。

ま、せいぜいがアクティブにいきましょ。
で、アクティブとは、自分から進んで働きかけるさま。
活動的、積極的、能動的っていうわけになるのだけれどねぇ。

オレが思うに、そんなにまで世間に関わることはないんだなァ。
シニアであろうが,ゴールドであろうが、その生き様に、
活動的、積極的、能動的でいようという心がまえがあればいいんだろ。

でも、過ぎたるはいけない。
これは老害でしかないからね。
これで、いつまでも世間にまとわりついちゃ傍迷惑。

クソ爺ィは、
おのれがクソ爺ィであることを自覚しないから、
クソ爺ィなのでありまして........

さて、ごん爺ィは昼寝でもしょうかいの。
明日サ、つづく................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4412-7f277ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そのまた向こうのおはなし «  | BLOG TOP |  » 元の木阿弥ひとりぼっち

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する