topimage

2017-10

孤舟族から孤遊族へ転換しよう - 2016.05.03 Tue

デスクの温度計が23.5℃。適温だねぇ。
なんのって、ぐーすかピィの。昨夜も7時間熟睡だァ。
午後からフラワーパークへいってきて、心地よい疲労感もある。

GWだからね。フラワーパークもすごい人だった。
この前は桜とチューリップのコラボ。
いまは白藤が満開で、下に植えられた花々とのコントラストが最高。

まずご飯食べようか、って野外食堂へいったけれど、
売れちゃってなにもないから、揚げたての遠州コロッケ2コずつ。
幼稚園児がクラス別のスカーフかぶって、その列が可愛かったなァ。

いつもとは逆まわりで、充分に愉しめたね。
とくに新緑が目にやさしくって、癒された。
パトさんが「いいなァ」を連発するのもうれしいこと。

1652-fp01.jpg

いままでは郊外に住んでたから祭りは関係なかったが、
昨夜は前夜祭で、若い衆の練りの列が家の前を通っていったから、
パトさん、ベランダから背伸びして手を振っていた。

今日から5日までは当地は「浜松祭り」で賑わう。
無邪気に喜んでるから、どこかで見せてあげたいと思う。
5日の合同練りを観にいってこよう。

1653-a1.jpg

3日だから午後には丘の上にゆく。
今朝がた、パトさんが亡き人の好きだった珈琲と、
クッキーを仏壇へ供えてくれた。

街中走ってるのは他県ナンバーが多いのだね。
帰省の人と観光客だろうか。
昼間の街中はわりと空いている。

空は曇り。風もない。
昼間は中田島海岸で大凧合戦。男衆はそっちへいってる。
風がないと各町内の腕の見せどころになる。

1652-fp02.jpg 1652-fp04.jpg
1652-fp05.jpg 1652-fp06.jpg

朝ごはんで、長芋の千切りにオカカかけたの、食べてきた。
かつお節が大好きだけれど、
なにの因果か、プリン体だから控えないといけない。

鰹節の消費第1位は沖縄県那覇市なんだってね。
2位が静岡県静岡市で、3位がわが浜松市なんだっていう。
ま、納得はゆくよ。

むかしはって子供のころ、
カツオブシを削るのは、オレの仕事だった。
箱にカンナがついたようなもんで削るんだよね。

カツオブシがだんだんとチビってくる。
「バァちゃん、もう、食べていいか??」て聞く。
「あ、いいよ」と許可が出て、口んなかへしばらく入れとく。

これがやわらかくなるのには大変なのだが、
こういうのがオヤツだったな。
あるいは、大きな10cmくらいの煮干しがひとつかみだとか。

こういうのを食べてたから、オレの骨は強いよ。
一度も骨折したことがないもの。
ま、骨太だな。

そのカツオ節も、
化学調味料が普及したら高級品になって、
庶民から離れていったのだ。高いんだな。

そうならざるをえない社会。
希少価値を売り物にしないと残っていけない食文化。
これでいいのだろうか?

なんてオレがいってもしゃーないしィ。
あんまり食べ過ぎて痛風になると足の指先痛いしィ。
どうすりゃいいのさ、思案橋ってか。

1652-fp10.jpg

あのころはッ♪ っていうと和田さんだけれどね。
おひとりさま3年目くらいは、GWがひたすらイヤだったね。
ただただ、ひたすら、家に籠もってやり過ごすんだから...........

ま、GWに限らず、正月もそうだね。
世間をちょっとハミだしたオレたちだったから、
ちょっとだけひがんで、ちょっとだけすねて.............

で、籠もっていたって、
「なぜ、ここに、オレが一人でいなくてはいけないのか?」
世間のシアワセをみると、そういう思いがつのって落ち込んだ。

うわべだけの慰めには余計に傷ついてしまう。
だから、世間からみたらイヤァな人になっていく。
それがイヤで孤独に閉じこもる。

そのクセ人恋しくて、
たまにしゃべる機会があると妙にハイテンションになる。
そのはしゃぎように、あとで自己嫌悪に落ち込んだりするんだな。

まァ、どっちへ転んでも、始末の悪い人たちではあったと思う。
だから、他愛ないこと話しあっているのがいちばん癒やされたのだ。
それが、かつて、この「てんちゃら.........」が担った役割であった。

いま、みんなどうしてるんだろう?
この頃は便りも途絶えて久しいけれど、それでいい。
便りのないのは元気な証拠、みんなそれぞれの途を歩んでいるんだ。

1652-fp08.jpg

昨日も満員の食堂スペースで思ったのだが、
2人でもなかなか座るところがない。
これがね、おひとりさまとなると、ほんとないんだな。

大勢のなかの「お一人さま」って、
けっこう気をつかうんだよね。
「お一人さま席」があれば、気兼ねなく外食できたりするんだ。

案外と気を遣うもので、なんか外食嫌いになっちゃう。
たとえば、4人席に1人の「孤食」はこっちも味気ないし、
見知らぬ人との相席で食うのもいまさらイヤ。

だから、ショッピングモールのフードコーナーなんてのは、
気兼ね要らないから「孤食」している人がけっこういる。
結婚しない若者が増えてるし、もちろん高齢者も増えてるしね。

「孤」へのもてなしが、もっと充実してほしいと思う。
ま、話題にはなっているが、
それほどに孤へのサービスが普及しちゃいないよ。

「孤舟」という言葉がある。
たった一艘で浮かんでいる舟のことだが、
これを、いまは亡き渡辺淳一氏が小説のタイトルとした。

ひたすら仕事人間であったのに、
家族のためにと一生懸命働いてきたのに、
定年退職したら妻からも子供から見放されてしまったって孤舟族。

なんでこんな............ って悲哀を描いているらしい。
団塊のなかで猛烈に突き進んできた人たち。
だからして「孤遊」の方法を知らなさすぎるのではないのか。

あるいは「老遊」だよね。
孤の時代にあっては、孤をいかに愉しむかだ。
誰しも孤になりきれないからジタバタするのだねぇ。

ま、ジタバタして、ドタバタして、
ふと気付いたら、寄り添ってくれる人がいた。
オレの孤舟は岸についたけれど......................

さて、丘の上にいってくるゥ。
ほなあした.....................

コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4406-3d6d4067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ま、いいや。愉しいっていうから..... «  | BLOG TOP |  » 時間はいっぱいあるから.......

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する