topimage

2017-05

時間はいっぱいあるから....... - 2016.05.02 Mon

穏やかな朝だ。デスクの温度計は21.9℃。
8時間を一気に眠って、ぼけぇぇ.............
しばらくは目が醒めない。

ぼけぇぇ.......... のまんまで「とと姉ちゃん」みて、
「なんだかなァ」といってデスクに戻るって朝のパターン。
今日は浜松祭り前夜祭で、5日はまでは街全体がお祭りモード。

祭りが始まると、午前中は男衆の大半は大凧もって、
浜の凧揚げ会場へいっちゃうから街んなか空いてる。
で、夜になると御殿屋台がでるから、街中へ賑わいが戻ってくる。

ちょっとだけ観にゆこうかなと思う。
ただし、祭りってやるもんでみるもんじゃない。
たぶん、この歳になっても血が騒ぐからねぇ。

13513-mk02_20160502085323a57.jpg

しかし、なんだね。大地真央さんのシワひとつないお顔を、
みてると不思議な気持ちになるね。
かたや、仕出し屋の女将の秋野暢子さんはそれなり。

秋野さんは、ポスト吉永小百合といわれて、
若いときはちょっと似ていた。
「片翼だけの天使」くらいしか代表作が浮かばないけれど......

仕出し屋大将のピエール瀧さんは、
静岡5chローカルの「しょんないテレビ」でしょんないことやってる。
そのしょんないことが面白くて、オレ観てるけれどね。

瀧さんはほんとは楽器の弾けないミュージシャン。
実家が静岡の畳屋なので、畳三郎と名乗ってたのは知ってる。
へぇ。よく知ってるんだねぇ。

でしょ。でも、ミーハーなだけじゃないんだね。
不肖ごんべ、テレビ、芸能、映画の雑誌の編集部のあるフロアで、
別部門だけれども仕事していたことがある。

とと姉ちゃんは「暮らしの手帖」の編集していくわけで、
オレの興味はそっちにあって、みたこともない朝ドラ観てるってわけ。
マツコさんが好きなのも、あのかたも某誌の編集者だったからねぇ。

みのもんた氏がtwitterをはじめたのだが、
2コめのつぶやきで、最速炎上してしまった。
もはや、彼の上から目線、あるいは一方的発信は通用しないのかも。

テレビでは一方的に物申すわけで、そのリアクションは届かない。
即リアクションのあるネットへの理解がなければ、
これからはヤケドするばかり。もう、やめたらってこと。

13513-mk09_20160502093153797.jpg

だいたいが、眠るって努力をしたことがない。
だから起きている努力もしたことがない。
眠ければ眠る。なにかおもしろいことがあれば起きている。

気儘な爺ィそのものなんだな。
まァ、この先もこんなんで通ってゆければ、
オレってシアワセにはちがいない。

たまには本を読もうかと、ページ拡げても、
あッという間に眠る。
活字の羅列は、かなり催眠効果があるのだ。

だからね。歴史物一冊読むのに半年かかる。
どこかでひとつ躓くと、その先ちんぷんかんぷん。
読み戻って理解しようとするから、それくらいかかるゥ。

ダメだね、こりゃ。
3冊買ってあるんだけれどね。
ま、時間はいっぱいあるから.........

13513-mk01_201605020931550c3.jpg

あのね、カーナビがあっちへいけ、こっちへいけっていうよね。
ときどきとんでもない方へいけっていうから、「いかねーよ」って無視。
そうすると、ブブゥって、あの不機嫌な音。

パトさん、大笑いしてる。
でも、最近はリ・ルートするのがはやくなったねぇ。
すぐに修正ルートだすからね。

コンピュータ音声で、あっちいけ、こっちいけって、
滑稽じゃないかって思ってた。
で、わざわざでもないけれど、ときどきそれに人間が逆らう。

つい、この間までオレの頭んなかの「カン働き」で目的地に着いてた。
つまり、方向音痴の逆なんだね。
そりゃま、一応は地図をみておくけれど...........

その地域の目標になる建物なり、鉄道があれば、あとはカンの閃き。
つまりは、カンピュータだった。
衰えたわけじゃないが、ま、ナビのいうこと聞いとけばラクチンって気付いた。

13513-mk08_201605020931525f1.jpg

航空自衛隊基地もGWだけれど、AWACSに休みはないから、
窓の外をなにげにみていたら、お仕事に飛び立っていった。
これから5時間ほど、空の上で不審機が侵入してこないか見張るのだ。

この基地は、航空自衛隊発祥の地なんだね。
オレたちは、子供のころから飛行機の飛ぶのを普通にみてきた。
その頭の片隅には、真っ赤に燃える街中の風景がある。

それは、ここにあった航空隊を壊滅すべく、
天竜川河口の米艦隊からの艦砲射撃が一晩続いた光景につながっている。
ほかのことは記憶にないが、あれだけは........

街が焼けているときの空の色は、幼子の脳裏に焼き付いているんだな。
成層圏で唸るB29の爆音や、
双胴のロッキードの機体を見上げた空の青さも憶えている。

小学校へあがってからだった。
この基地に、米軍の大型輸送機が頻繁に降り発つようになった。
朝鮮半島で戦争が始まっていたのだ。

ガキ大将に率いられて、滑走路脇まで何度か見にいった。
そうした部隊が残す空き缶や、
わけわからぬがアメリカの匂いのするものを拾いにゆく。

空き缶は、嗅いでみるとほのかにパインの香がしたし、
レッテルのカラフルな色とデザインは、子供心を浮きたたせるに充分だった。
缶は拾って帰って、ヒモをつけて缶馬になった。

爺ィちゃんがギコギコ切って石鹸入れになったりした。
そもそも外国人をみたことがなかったから、黒い肌の兵隊をみただけで興奮した。
そう、次々とくる兵隊は、黒い肌のほうが断然多かった。

ときどきフェンスまできて、ガムだとか、チョコくれるんだ。
あんな甘いもの、口にしたことなかったからねぇ。
ギブミーとはいわなかったけれど、人なつっこい目で手招きされた。

あとで知ったことだけれど、
彼らは、九州から朝鮮戦争の最前線へ送られていったのだ。
その最前線で、彼らたちの大半は命を落としたという。

のちに松本清張の「黒地の絵」を読んで、
フェンスまできて言葉を交わした彼らの目のなかの悲しみの色を、
思い出すのだけれどねぇ。

草いきれのなかに寝転がって
この空を飛ぶロッキードを見上げていた少年のころ。
オレはなにを考えていたのだろうか? 

ぼけぇぇ........ と見上げる空の色はいまも青い。
草いきれのなかの少年は爺ィになった。
ま、それだけのはなしか。

どこかゆくの? パトさんがいう。
どうすっかな。
ほなあした.......

コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4405-ca5e47fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孤舟族から孤遊族へ転換しよう «  | BLOG TOP |  » 書かないと精神衛生上よろしくない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する