topimage

2017-08

そんなにでっかいものじゃないけれど... - 2016.04.19 Tue

イイ天気だけれど、小寒い朝になった。デスクで22.8℃。
まだ九州では余震が続いてるようだ。
当地でも支援活動が動き出している。ごんべたちもできることをしたい。

テレビをほぼつけたままで被災地報道をみている。
はやく終息して、安堵したいと思う気持ちは共有いている。
祈りながらみている。

報道各社の現地での、ガソリンスタンド割り込みとか、
現地での弁当調達ブログUPとか、
無神経というか、配慮不足であることが露呈している。

ある女優さんが被災地にいて、家も倒壊した現状を、
ブログ発信していたが、誹謗中傷をうけたといい発信中断した。
こういう社会ってなんなのだ? って思う。

16419-a1.jpg

ナースウッドという言葉がある。
開高健さんの受け売りだけれどねぇ。
記しておく。

 自然林で寿命尽きて倒れた老木は、
 森の中に太陽の差し込む空間を作り、
 やがて樹体は朽ちて土となり、
 そこにまた新しい芽を生じさせる。
 悠久の時の流れのなかの、
 自然の輪廻とはこういうもの。

オレの細胞も大好きな海の底で輪廻させたいと思っていた。
肉体のあるまま海底に横たわり、魚たちに啄まれて朽ちれば、
永久に海底で輪廻していられるのではないかと。

14412-km17_201604191004510d7.jpg

散骨は認められているが、
肉体のまま、海の底に横たわることはダメなんだってね。
オレの魂は、それがいちばん安らぐはずなのだが........

かなわぬけれど、ながいこと夢想していた。
ホンダワラの生い茂った海の底で、ゆらゆらと揺れながら、
刻々と変化する海面を見上げ、海草の合間を泳ぐ魚をみている。

いいなァ。
海の男ごんべの終焉に、ふさわしいではないか。
わが肉体がついばまれれば、海の食物連鎖に組み込まれていく。

まさに、海底のナースウッド。
そして、ごんべは魚たちの営みの輪廻のなかに、
永遠に生きるのだからねぇ。いいなァ。

いまでもそう思う。
実現するには自ら海に飛び込むしかないが、
それでは多くの人に迷惑をかけるからねぇ。

ま、3ヶ所ばかり。
ちいさな骨片を撒いてほしい場所を伝えておこう。
頼むよ。

14412-km16_20160419100448320.jpg

独り者は独り者でいるな、って思うのだ。
あ、若者だけじゃない。熟年たちも再婚すべし。
おまえがァ、って異論はあるだろうけれどねぇ。そういいたい。

寡婦であって、遺族年金を受給していると減額だが、
ほら、むかしいったでしょ。
1人では食えないが、2人ならなんとかなるって、ほんとだよ。

自由はカネでは買えない。
1人は、ほんと自由気儘でいいのだけれどねぇ。
ずっと、ずっと、そういう日が続くのだろうか? って思う。

誰かのお世話になるとしたら、有料ホームは高くて、
オレたちボンビー人間は到底ムリだし、特養は三桁の人が入所待ち。
そういう現実が待っているんだ。

リタイアしたら仲よくしなきゃダメなんだな。絶対にィ。
2人の老後のシアワセのためにね。
そんなこと、おまえにいわれたくない? そうだろうけれどねぇ。

そして1人でいちゃァ、これもダメ。
やっぱり人はお互いの支えが必要なんだ。とくに高齢者はね。
無責任なこといって申しわけない。

でも、高齢者で最も大切なことは、現状認識ではないかしらん。
いまがわかれば、その先がわかるって思う。
若者にも余裕がない。それなら自衛するしかないもんな。

14412-km19_201604191004494a9.jpg

はやいはなしが、あれだよな。
人世山あり谷あり、てのは半世紀以上も生きてくりゃ、
ま、誰でもひとつやふたつ,みっつはあるもんで...........

文章にするってぇと、いかにも大変だったように思えるけれど、
そのときは、案外と淡々であったりするよ。
だからねぇ。

いまになって思い返すと、
おまえよくやったねぇ、っていう脚色がなきにしもあらずなわけで、
だから、パートナーとはあまり、むかしのことは語らない。

あるんだって、2人ともにねぇ。
でも、その延長線上にいまの2人があるわけで、
いまのお互いを認めあっていれば、それでよし。

淡々と、飄々と、のんべんだりんちゃらんぽらんと、
なんていろんなこといってきた。
こういうお題目やら、おまじない唱えてるのは言い聞かせなんだ。

2人とも、こうしてさして不幸でもなく生きている。
不幸でなけりゃシアワセなんだ。
それを今日から明日へつなぐ努力をちょっとだけしてね。

ま、ここまできたら、
面倒くさいことは要らない。
日々の笑いに心まかせてれば、ちっさなシアワセ見つけられる。

眠くなったら、大の字になって眠る。
お登紀さんにゃわるいけれど、
膝小僧抱えてあっためてちゃ眠れない。

膝小僧抱えてたらロクでもないことしか考えないからね。
雨が降るとナメクジでてくるアパートの三畳間で、
ボンビー学生しているときに、否応なしに学んだこと。

思いきり足を伸ばして眠るに限る。
眠り惚けて目覚めれば、
朝の光が浮き世の憂さをふっ飛ばしてくれるからねぇ。

おはよう、と起きてきて、
どちらからともなく歩み寄ってハグする。
今日もよろしくな、ってね。

シアワセってさ。
そんなにでっかいものじゃなくたって、
こんなもんでいい。

眠くなってきた。
ほなあした............

コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4392-19882234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毎日が雲の上ふわふわ歩いてるみたい «  | BLOG TOP |  » ちっちゃくちっちゃくなっていないか

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する