topimage

2017-08

こうしているのも不思議なくらい - 2016.04.04 Mon

雨だよ−。1日くらい足休めとするかぇ。
あ、耳鼻科へはいかな........
さきほどネット予約入れたら16番だった、10時半頃かな。

昨日は、昼ちょっと前にお寺さんへ出かけた。
カミさんの命日なので、パトさんが供膳をつくってくれ、
朝の用事が一段落したところで、丘の上へゆく。

日曜日だからね。車が混んでいた。
境内へ急な坂を上がると街のド真ん中なのに。ここは別世界。
山門あたりは桜の花片がハラハラと舞っていた。

桜の花は、ごんべの涙花だったが、おかげさまで、
ようやく落ち着いた心で愛でることができるようになった。
手を合わせて、そう、あの人に心のなかで伝えたよ。

 1644-p1.jpg

墓参り終えて、境内の写真を撮ろうとしたら、
あら、オレのカメラは No card だって...........
貸さないからねぇ、とパトさん意地が悪い。

なので、今日の写真はパトさんの撮影。
さすがに温かくてね。眠くなってきそうな春の空気だった。
遠望すると、お城の天守がピンクのなかにある。

が、駐車場へ入る車が1車線塞いで長蛇の列だった。
ほかにゆきたいところがあるので、お城はパス。
明後日くらいに改めてゆこう。あ、いそがしィ.............

1644-p4.jpg 1644-p2.jpg
1644-p05.jpg 1644-p3.jpg
↑ 天林寺風景/撮影パト☆画像クリックで拡大します

で、帰ってきて近所のパン屋さんでお昼買って、
1時過ぎに水道局の旧浄水場の通り抜けにでかけていった。
500mちょっと足りないくらい。10分ほどせっせと歩く。

たしか、小学校の遠足できたような記憶がある。
昭和6年の建物がなかなか立派だった。
なにせアールデコ調の装飾がしてあるのだからね。

国の登録有形文化財になってるそうで、
5年に1度くらい一般公開する。
管楽器演奏があったりして、ま、それなり愉しかった。

それで今日は午前中に耳鼻科へ行って、
車の1ヶ月点検もゆかないといけないし、忙しいのだよ。
小降りだが雨は降ってるゥ。

1644-a4.jpg 1644-a3.jpg
1644-a5.jpg 1644-a6.jpg
↑ 旧浄水場☆画像クリックで拡大します

オレは、海へいって殺生ばかりしていたから、
がさつなヤツだと思われているけれど、ほんとはデリケートなんだよな。
花片1枚舞い落ちても涙する....... なんてこたァないけれど。

おひとりさまになったら、その殺生もする気が失せて、
落ちつかない心のとき、神社仏閣を歩くことを勧めてくれる人があった。
いわゆるパワースポットというやつだよな。

そんなことをしたこもないオレだったが、
大鳥居くぐって砂利道歩いてるとなんか癒されたのだ。
なにかはわからない。日本人の心のなかのなにかが刺激されたのかも。

そういえば、オレは黒鯛師だったから、これをずいぶんと食べたものだ。
ただし、人数分しか釣らない。無駄な殺生は本意でないからね。
で、浜名湖と天竜川河口と御前崎では、黒鯛の味が違う。

いちばん美味いのは天竜川河口の荒波で揉まれた荒武者。
ここの魚は遠州灘の荒波のなかを泳ぐから身がしまっているし、
無数にあるイガイを食べて脂も乗っている。

で、まえおき長かったが、昨日の夕餉は黒鯛の塩焼きだった。
おそるおそる食べた。いままで買って食べたことがなかったからね。
思ったよりは食べられた。

1644-r1.jpg

クロダイはれっきとしたタイ族なのだけれどねぇ。
ババタレなどという地方名まであって、そのポジションが可哀想。
江戸川柳には「黒たひは白木の台へのらぬ魚」とある。

同族のマダイは古来から祝い事には付き物で、
なにかといえば白木の台に鎮座しているけれど、
クロダイはけっして白木の台には乗らない。

もう一つ、「食いようによって黒鯛罪になり」という川柳もある。
江戸時代には、黒鯛は女性の血を荒らすと信じられていた。
つまり、黒鯛を食べると堕胎の罪を犯すということ。

で、「黒鯛をいのちにかけて下女喰らい」ということになる。
まァ、この川柳のうちわけは、むふふであるけれど..........
なぜ、そういうことになったのかだよね?

医学的な根拠はまったくないそうで、クロダイには濡れ衣なんだな。
想像するのに、当時は川から海へ汚物を流したのだ。
これに群がったクロダイは、悪食ゆえに汚名を着せられたのでなかろうか。

と、ここまで書いておいて、耳鼻科へいってきた。
パトさんの運転でラクチン。
パソコン予約の要領がわかってきたので、すぐ終わる。

1642-f03.jpg

青年のころの愛ってものは、まるっきりとはいわないが、
生殖本能が司るものだ、と、かの開高健さんものたもうた。
とくに男は「ある思い」が頭の中を、ほとんど占めているんだと仰る。

ま、間違いじゃないない。
神さまが種の保存のために、そう創り給うたのだから、
それはそれでいいんだよね。

ところが、ちかごろは草食系だなんて、
神さまにさからうヤツも増えてるんだってね。
で、女性もそんな男性に魅力感じないからますます少子化へ向かう。

ところがどっこい、いまどきの爺ィは元気だから、
還暦過ぎたって、たいして変わりはしない。←らしい
アハ。元気なのはいいことだけれど.......

それでねぇ。生殖能力が落ちている分だけ、
メンタルな部分に焦りがあるらしく、
しちめんどくさいごたくを、ごちゃごちゃ、でろでろ.......

ま、並べて、誤魔化そうとするから、
うざいだの、めんどくさいだの、さんざんいわれるのだねぇ。
おまえは、どうだ? そういうのかぇ?

そりゃァま、そういわれると、
やっぱり、ぐちゃぐちゃ、でろでろ.................
うざい爺ィには間違いないかもしれん。

ごんべ自身、あの悲しみのどん底から這い上がってきて、
とりあえず「愛とは優しさ、相手を思んばかる心」だと知ったつもり。
けれども、それもウザイねぇ........ といわれたこともある。

だからねぇ。
パトさんと知り合って3年ちかく、そりゃま、
こうしているのも不思議なくらい。

なんだろうか? と昨日のお寺の帰りにしじみと、
はなしたのだけれど、2人ともわりと気儘なおひとりさまだったし、
こうするか、っていうと決断ははやい性格だしね。

おかげさまで、1年でいちばん辛かった日も、
こうして穏やかにやり過ごすことができたんだし、
パトさんはもちろん、見守ってくださった方々にも感謝あるのみ。

てなわけで、あれま、昼もまわったか。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

供養をする側が・・・

穏やかな気持ちで暮らせることが、何よりなんだって
叔父を見送った時にお世話になりました比叡山のお坊様に言われました。

ごんべさん、奥様。
良い一日を過ごせましたね^^v
一人よりも~二人がいいに決まってます。
これで安心って!声がぁ~~聞こえた気がします。

お休みなさい~~♪

菜菜さんへ

温かいお言葉をありがとうございます。
心に沁みます。

パトさんが亡き人を大事にしてくれます。
それがなによりです。
おおしゃる通りこちら側が穏やかでいるのが、
いちばんの供養でしょうね。

なんていってるかなァ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4376-9a1503f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そのあとは暖炉が温めてくれる «  | BLOG TOP |  » 師匠は師匠で気ィつかうんだな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する