topimage

2017-10

可愛いなんてのは 勝手な人間の思い込みなんだ - 2016.03.19 Sat

また雨かぇ。菜種梅雨の季節だからねぇ。
春雨じゃ、濡れてまいろう............ てな、しとしと雨が降る。
月形半平太は主役はずれた二枚目が演るんだな。ん?

で、昨日も耳鼻科へゆき、また聴力検査して、
突発性難聴が起きる前の状態に回復しているとの診断だった。
やれやれってことで一件落着。

やや強めの鼻炎薬もらってきた。
寝る前にパソコン閉じるのだが、デスクで知らぬ間に眠ってた。
だから、ベッドへ倒れ込んで、そのまんま無。

16319-a2.jpg

お昼ちょっと過ぎに、クロネコさんがきて、
PEN用のレンズが届いた。
段ボール箱を受け取って、思わず「軽ゥ」ってね。

中身の重さが感じられない。
まァ、パトさんがねぇ、甲斐甲斐しく動くんだ。
ハサミもってくるやら、ゴミ片付けるやら.........

自分が使うヤツだもんね。アハ。
で、箱のなからでてきたのは、非金属素材の軽ッってレンズ。
ま、これでなくちゃ、バランスはとれないね。

「プラスチッキーで質感悪い」というプレヴユー見かけたが、
そりゃァ、あなた。この価格でアルミがほしいっていってもムリムリ。
装着してほとんど重みを感じないんだから、これでよし。

16318-p2.jpg

カメラのボディが、金属感たっぷりでそれなり重さがあるのに、
拍子ぬけするくらいにレンズが軽いんだな。
さっそくパトさんにもたせる。「愉しィ」という。

ズームの扱いはぎこちないが、ブレることはなかった。
内蔵のアンチ・ブレが効いている。
中古品だが、まったく中古感はなくて、イイ買い物だった。

16318-p1.jpg

Amazon出品のカメラ店で、その商品がAmazon出荷のもの。
だいたい、こういうものなら信用できるし、
同一梱包でくるから送料もかからない。

中古品の評価は「新品同様」だった。
これだと、ほとんど未使用なのでスレなどは見当たらない。
1万円ちかく安いからねぇ。

フィルター1枚と社外品のフードが同梱。
レンズフードは純正ではないが、互換製品といって、
純正とおなじなのに価格は半分。

てなわけで、パトさんの望遠レンズデビューは、
春雨でちょいとばかり日延べ。
桜あたりでできるかなァ。

14329-sa24_2016031908245144c.jpg

もう、イラつくっていう。
現代風潮では、イライラする人が多いようで、
それがつのるとムカつくんだな。

イラつく→じれったいさま。とあるから、
自分の思うようにならないことが、現代には多いのだろうね。
ごんべ爺ィだってそうなんだから.............

ま、人の心に苛立ちがあると、
とかく人を見る目も、受ける印象も「苛立ち色」に染まるようで、
人ってのはほんの些細な行き違いで、カドを立ててしまうもの。

不肖ごんべだって、こんなことは再々だから、人のことはいえない。
ただ、これだけ甲羅を経てくると、かわしかたが上手くなる。
だから、するりとかわしはするけれど、一抹の寂しさは残るのだ。

人は人と接するのに、蜜月の刻ばかりではない。
ときには、気持ちがささくれて棘が刺さったりする。
それを抑えて、さらりとかわすのが円熟味というものだそうな。

さて、さて、さても南京玉すだれ♪。
なかなか、いうは易し行うは難し。
結局は、あちゃらへゆくまで、こんな具合ではなかろうかぇ。

14329-sa11.jpg

すんごく降ってきた。濡れてゆくだなんて降りじゃない。
ここは海抜35mなので、水が溢れることも。津波の心配もない。
RI沿いの浜名湖にちかい場所にプールがある。

ここは、かのふじやまのトビウオ、古橋さんのメモリープルだから、
出生地の浜名湖にちかい所にある。
で、この付近に県営野球場をと県が計画したそうな。

そうしたら、なんかしらん、議会の自民系会派が反対している。
風が強くて球場に不向きだとか、震災避難施設とはおかしいとか。
地元としては、難癖としか思えないのだねぇ。

その海側には、津波防潮堤が造成中で、
これはすべて民間企業や市民などの民間パワーで行われており、
県議会がどうのという筋合いではない。

大動脈の国道1号線には数多くのトラックなどが走っている。
彼らの避難場所があるべきではないのか。
ひょっとして、反対する理由がほかにもあるのだろうか?

あなたたちは選挙で選ばれている。
どういうことをいい、どういう活動をしたのか。
われわれは、それをよくみておくことだ。

14329-sa10.jpg

スズメが屋根の上で鳴いている。
かわゆげに見えるが、これをカメラで捉えると、
けっこうきつい目をしている。これが野生というものだねぇ。

可愛いなんてのは、
勝手な人間の思い込みなんだなァ。
けっしてキレイごとばかりじゃない。

たとえば、某港で伝統を伝えるためにイルカ漁を行うという。
これは先祖からの伝統文化なのだ。伝えていくことに意義がある。
可哀想にィ、あんなに可愛くて知性があるのに、なぜぇ?

そういう声は多いけれど、
この人は自分のいうことがダブルスタンダードだって気付いていない。
人間は,この地球上のあらゆるものを食べているのだ。

揚げ足とるようなこといえば、
「これは仔牛の肉になりまーす」なんぞといわれ、
「うわァ、柔らかくておいしいィ」という。

ちょっと待っておくれ。
詳しくは知らないが、ひょっとして仔牛は、
柔らかい肉のままの仔牛で、殺されてるんじゃないのか。

この場合は「可哀想で食べらんない......」っていわんのだな。
乳牛の♂は、繁殖のための少数以外は、親のミルクだけを与えて飼育し、
その肉が軟らかいうちに殺されるんだって、知ってるかい?

なにをいいたいかというと、
その国には,その国の食文化があり、捕獲の文化がある。
クジラ漁にしても、イルカ漁にしても、これは日本人の文化である。

現地まで乗り込んできてだねぇ。
他国の文化のスタンダードを押しつけられる謂われはない。
大きなお世話なのだ。

まァ、たしかに、大海原でイルカの群れにあったことがあるけれど、
そのつぶらな目をみると、捕って食おうとは思わないし、
実際に固いイルカ肉しか食べたことがないから、食う気もしない。

クジラの肉だって、オレたちは小学校の給食で食べたから、
大和煮かなんかのクサイ肉は、かなり印象が悪くって、
ま、好んで食べようとも思わない。

じゃァ、捕鯨は無駄な殺生か........ ということだけれどねぇ。
充分な調査を行って、これくらいなら捕っていいというボーダーラインがあり、
それに則っているならば、先祖から伝わった文化は絶やしちゃいけない。

ましてや、他国文化のゴリ押しダブルスタンダードで、
伝統文化を失うのは滑稽だと思う。
日本人の誇りとして伝えていくべきだと、漁師のDNAを持つごんべは考える。

蓮っ葉に、カワユイだとか、可哀想だとかいうまえに、
いま、自分の命はなんによってつながれているか、
よーく知るべきだし、教えなければいけないと思うのだねぇ。

日本人は生き物を敬い、命をいただいて余すところなく使い、
そういう文化を大事にしてきた民族なのだ。
それを忘れてはいけないねぇ。

あ、晴れてきたよ。
ほなあした........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4359-66bf481e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その挙げ句のいまだから人世おもしろい «  | BLOG TOP |  » 運命の巡り合わせなのだからしかたが.....

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する