topimage

2017-11

いまでもムリだァって思った - 2016.03.09 Wed

なんか暗いねぇ。なになに昼から雨か。なんとも憂鬱ゥ。
春にむかうこの時季は天候が安定しないもの。
あ、そういえば、菜種梅雨だな。

菜種の花が咲く頃は、冬から春への移行期で、
けっこう海が荒れたりして、漁船の遭難事故などが発生する。
昨日もそんなニュースがあった。

なんだ雨かァ。
どこかドライブにいこうと思ったのにィ。
てな、わけですな。

1639-a2.jpg
 ↑ 朝フォト

昨日の午後からカー用品店へでかけた。
フロアマットやキーホルダーなど買いにいったのだ。
ま、必要はないけれど、いままでなかったカーナビつけてね。

以前のナビは誘導に従わないと、ぶっきらぼうに、
「リルートしますゥ」ていって、しばらく黙ってたけれど、
最新だと、ほんの数秒で次の案内が出るんだな。

あんた、なんでわたしのいうこと聞かないの的な、
不機嫌な態度はなくなったのか?
往路はごんべが運転して、帰り道はパトさんの運転でね。

そのカー用品で、クローバーマーク買ってきた。
70歳は過ぎたけれど、オレの運転はァ、ってあるからつけてなかった。
ま、罰則はないようなので......

 加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が、
 自動車の運転に影響を及ぼすおそれのある70歳以上の者は、
 高齢運転者標識を付けて普通自動車を運転するように、
 努めなければならないとする。

ってことらしい。
プロドライバーだったごんたクンは「要らん」というし、
ま、うちはパトさんが運転するので、つけた次第。

「あなたは、らしからぬ運転するから...........」といわれる。
要するに、爺ィらしからぬ、ってことだが、
そろそろ中年珍走族は返上してもいいかなって思う。

まえのまえの車は、あえてGT5速マニュアルだったからねぇ。
クラッチが、とんでもなく重く感じるようになってオートマ車に換えた。
ラクチンではあるけれど、車を操るって面白みはないな。

いままた、マニュアル車が復活なんだってね。
もう、クラッチは踏みたくはないけれど、
郷愁は大いにあるんだな。

恥ずかしながら、50歳過ぎても珍走族だった。
ルーフに釣り竿くくりつけて、深夜の伊豆天城峠を、
ヒール & トウでかっ飛ばしたのは、いつの日だったかねぇ。

1638-f1.jpg

前の車は折り畳み自転車を積んだので、ワンボックスだった。
孫たちと東海自転車道を走って、そのあとでBBQなんて遊んでたが、
誰も相手をしてくれなくなって、自転車も売ってしまった。

あれね。引っ越し前にリサイクル店もっていって、
よくも4000円なんて値がついたねぇ。
あの自転車は輸入物だったのだな、忘れてたけれど.........

で、今回はレジャー指向タイプだから、
多少の突き上げは感じるものの乗り心地は悪くはない。
一時期は納車3ヶ月待ちの人気だったのも頷ける。

1638-f2.jpg

あ、雨降ってきた。
ま、しゃーないな。今日は引き籠もり。
こんな日は好きじゃない。

そういえば、昨夜のこと。
パトさんが素っ頓狂な声だしてとんできた。
「うれしィ !!」ってね。

彼女の憧れのブロガー、おたまさんにコメいただいたんだ。
おたまさんは、ごんべのふる〜〜〜いブロ友で、
もうずいぶんむかし、ブログのコメント欄で愉しく交流してた。

パトさんも、その文章が大好きで、ひそかに読んでたのだ。
で、コメントいただいたんだから、もう有頂天。
ありがとう。おたまさん。

1638-f3.jpg

パトさんが毎日歩いている遊歩道は、そのむかし、
遠州鉄道の奥山線で、ごんべが幼いころは軽便鉄道だった。
長い煙突のカタチが似ていたので、ラッキョ軽便と呼んでいた。

このあたりは一面の畑だったから、
その真ん中をピィーと甲高い汽笛を鳴らして走ったんだな。
たしか、昭和27年に電車になったはず。

奥山線っていうから、三方原台地をつきぬけて、
いつも晩秋に紅葉を撮りにゆく深奥山方広寺までいってた。
方広寺にも、それだけ参詣客があったんだな。

ラッキョ軽便といわれた軽便時代の記憶はあまり多くはない。
たしかに、煙突が長くてその先がラッキョのように膨らんでいた。
煙を吐いて走る姿の記憶は薄いが、甲高い汽笛は耳に残っている。

ガキ大将が、
「雨が降ると車輪が滑る。だから砂を撒くんだぜぇ」
と、講釈たれて小鼻を膨らませてたね。

ごんべが住んでた街では、軒先をかすめるように線路があった。
神社の裏側をぬけてゆくあたり、
軽便をみかけるとガキどもが駆けっこをする。

お城下にトンネルがあって、ここまで駈けてゆく。
あるとき小雨が降っていて、軽便よりもさきにオレたちが走り抜いた。
ま、このときは大騒ぎをしたね。

で、このトンネルが子供たちのテリトリーの境界線。
ここで学区が変わったのだ。
だから、子供たちにとっては大きな意味をもつ。

111009-h01_20160309110204bec.jpg

これ ↑ がいま現在のトンネルだけれど、
いまの住み処の横の遊歩道をゆけば、ここまで続いていて、
浜松城の北側にあたる。

でね。トンネルの入り口で線路に耳を当て、電車の気配をさぐる。
音がしなければ、この80mを駆け抜けるのだね。
電車がくるって恐怖の克服と隣町のテリトリーを侵すという二重の冒険だった。

だからガキはガキなり、これをクリアして一人前だった。
こわいからトンネルの入り口にならんでションベンするんだ。
そうしておいて、よーしと気合い入れて走る。

ごんべ少年は閉所恐怖症だからね。
こわかったァ。
この写真撮ったとき、いまでもムリだァって思った。

さて、雨だからなにしようか。
ほなあした.........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●

うをっ。名前を出していただきこっぱずかしうございます^^
パトさんのメキメキご上達を楽しみにしています。

参詣の為の鉄道だったのですね。
列車が「揺れていた」時代ですね。

軽便鉄道ではありませんが
ガキ大将の真似をして線路に耳を当ててギリギリまで粘った経験あります。石炭を積んだ無蓋車の記号を得意げに読んでいたので、まだ学校に上がる前だったと思います。
昔の子どもは恐ろしいことをしていましたね。

ありがと、

おたまさん。

コメありがとう。
そちらの「告白」の記事で盛り上がったあとだったので、
おたまさんのコメがうれしかったみたいですよ。
そうなんです。いつも読み逃げでごめんなさい。

さぁ、うまくなるかしらん?
いまのところカメラもってうろうろしてますが....

むかしのガキは逞しかったのですよ。
あれで年齢なりの分別を覚えていったのですね。
部下を叱ったら、親にも叱られたことがないのにと泣いたって、
これにちかいことをごんべも体験してびっくりしたコトあります。

そうそうムハだとか、貨物車に書いてありました。
貨車の入れ替えをよくみていましたよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4350-b89515af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

よいこらどっこいしょとかけ声掛けないと.... «  | BLOG TOP |  » ちょっとドライブいってくる

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する