topimage

2017-10

シアワセは押しつけられるものじゃない - 2016.03.02 Wed

わりとはやく起きてきた。
空は雲ひとつなく、青いグラデーションがきれい。
今朝は冷えてるから、里山はみえている。春霞って感じはない。

「てんちゃら...........」やっつけ、もとい書こうとしたら、
FC2 Blogがメンテナンスだったので、管理ページへ入れず、
待機中にあちこちネットサーフィン。

ネットニュースってもの、くだらねぇな。
こんなもんほっときやいいのに........
まったく屁でもない記事もあって、味噌もなんもいっしょくた。

誰それがBlogでこう書いた、なんてどーでもいいこと煽らなきゃ、
とっくに鎮火してるものをねぇ。
それを上手につかって炎上させたら、何百万円入るシステムだそうな。

1632-a1.jpg

夕飯後にテレビ観ていたら、1944年に起きた東南海地震は、
国内でもあまり知られていなかったっていうはなし。
昭和19年12月だからねぇ。

もう戦争も敗色濃いわけで、軍部はひた隠しにしていたらしい。
あれだけの地震を隠蔽してしまうなんて.........
ごんべ、幼子ながらもかすかな記憶はある。

ぐらァッ............... ときて、
爺ィちゃんが、ごんべを抱えて道路のまんなかにでると、
東のほうからトラックがきて走っていられず停まった。

その荷台からジャガイモが踊りでて、道路をころころ転がっていった。
それが面白くて、ごんべ大笑いしたらしい。
幼子には恐怖よりも、そのほうが記憶に残っている。

地割れがあったし、家も倒壊していた。余震があると外で寝ている人もいた。
その半年あとに米軍の大空襲で街が焼け落ちるので、
そっちのほうが記憶にあるのだが、あの地震はM 7.9 だった。

災害は人々の心に爪痕を残す。
そりゃァもう、のーてんきでいられるほうがイイけれど、
そういう痛みを知っているほうが、人の心の痛みもわかるんだな。

そう、もうじき3.11がくる。
あの惨事を知ったときの心の痛みを忘れてはいけない。
風化させてはいけない。

1536-tp2.jpg

今朝はまた寒いけれど、明日から春になるんだっていう。
明日は月命日で丘の上へゆくけれど、
温かだったら城址公園まで足を延ばしてこようかねぇ。

 田耕しの土の匂いやつくしんぼ   ごんべ

まえの住み処は郊外だったから、ちょっと散歩にでると、
こういう春の匂いがしていたね。
ここは? アスファルトジャングルはどうだろう?

7日に車が納車だよ。
Hustler ってね、ハッスルする人って意味らしい。
でね、パトさん用のカメラを発注した。ハッスルするために。

いまあるカメラは重くてイヤだっていうから、OLYMPUS PEN。
車のボディカラーがくろっぽいRedなので、
カメラのカラーもそれにこコーディネートした。

 pen.jpg

新車がきたらせっせと遊びにゆく。
どんどん写真を撮る。ごんべの目とパトさんの目でね。
もっともっと「てんちゃら...........」も愉しくしてゆきたい。

自分たちがいっぱい愉しんで、
「いいなァ」ってリピーターさんにいってもらえるようにね。
「頑張るゥ」ってパトさんがいった。

「能天気でイイねぇ」といわれるかもしれない。
でも、それでいいんじゃないか。
愉しい一日を過ごし、それを明日につないでゆく。

これから先の、二人が歩む途だって、その繰り返し。
健康でいられて、それなりに遊ぶ。
とりあえずの準備もだいたい整ったから、あとは実行のみ。

1538-g1.jpg

「なにィ? またァ?」
誰かさんにそういわれそうだけれど、カメラ買うんだ。
毎日を愉しく生きる。そのための潤滑油なんだね、欲しいものって。

だから、それを手にするまでのプロセスを存分に愉しむ。
ネットで胸算用を始めたときは、すでにその気になってる。
カメラの資料集めて、最低価格調べ、下取り価格調べ、まさに胸算用。

一昨日あたりにパトさんにはなしたら、
「あれぇ、つい、この間もなにか買ったよね?」
そういうときは知らんぷり。

 シアワセは
 押しつけられるものじゃない
 自然に
 心のなかから
 生まれでてくるもの

だから、シアワセの苗床をつくるんだよ。
シアワセが芽生えそうな床を耕すんだ。でも..........
シアワセって慣れるんだね。もっと違うものが欲しくなるんだね。
 
1536-tp1.jpg

おひとりさまごんべにとって、3月はほんとうにツライときだった。
なんか、ふわふわとして足が地に着かず、
サクラの花が散ってゆくと、なんか、ほっとしたものだった。

 7回目を経過するにあたって、ようやくにして、
 さりげない愛の形が、わかってきたような気がする。
 朧気ながらもね。

 それは、
 愛する人を失う.......
 という衝撃を経て生まれてきたもの。

 それは、
 大切な人の死という.......
 大きな哀しみの穴ぼこの辺地で学んだもの。

 なぜだろうか??
 いつもせっかちな、ごんべが悠長である。
 ま、半分はめんどくせ~~~から寝ちまうか、ってこれだけれどね。

去年のいまごろは、こんなこと書いてた。
この春はパトさんのおかげで、心に波がたたない。
ふんわりとパトさんの思いやりに包まれているからだねぇ。

先日、旦那さんを亡くした妹から電話があった。
四十九日の法要の連絡だけれど、そのあとでこういった。
「よかったねぇ。シアワセそうで........」

オレ、返事に困った。
失った悲しみはよーくわかってる。なのに......
不覚にも、そんなオーラをだしてたのかな、オレ。

だから、せいいっぱいの慰めいった。
「時の経過しかないからね、がんばってぇ.....」
パトさんにそれをいったら「ありがと」とちいさく返ってきた。

「何年もいっしょにいるみたい」とほかの妹がいった。
こうみえるとしたらパトさんの人柄だな。
屈託がないから、オレも切り換えられたのだと思う。

まァ、オレのわがまま度はますますUPだけれどねぇ。
まァ、それでいいっていうから.......
まァ、ありがとさま。

あ、昼だァ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●

こんな嬉しい言葉にはすぐ釣られる

わがままわぁ~~おとこのつみ
それをゆるさないのは~おんなのつみ~♪


わがまま言うのはGさんで~☆
それを許すのは~おくさんですぅ~♪
ちょっと字余りだわ!ムリムリ^^;

チューリップの【虹とスニーカーの頃】
夫の我儘を肌で感じた日には、この曲を聴きながら大きな声で歌うのよ。

わがままわぁ~~おとこのつみ
それをゆるさないのは~おんなのつみ~♪
で、マルク収めてゆく^^vはぁ~~無理がかさむわ(爆

>まァ、オレのわがまま度はますますUPだけれどねぇ。
>まァ、それでいいっていうから.......
まったくぅ、この寒い日に、こんな熱いこと書いて
アイスクリームが即溶けるぐらいここ熱いよぉ~♪
まぁ、寒かったし、温かくなれて~良かった。

ご飯作ってきますね~♪

ふふ。

最初はね。後悔があるから遠慮してたのですよ。
これっくらいは許されるかなって、だんだんと我が儘が増幅します。

いわせておけば、安泰ですからね。
最近は、あちらさんもイナシ方がわかってきましたな。
ま、男ってすぐにずにのりますが.....

ありがとう。
うれしいことをいっていただいて感謝します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4343-86d43fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それくらいがオレたちの分ではないのかと.... «  | BLOG TOP |  » 母の胎内に戻ったような安らぎがある

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する