topimage

2017-10

人が生きるってのは悩ましいねぇ - 2016.02.22 Mon

起きてきて、空をぼけぇぇ..... と見上げたときは、
まだ、ふんわりした雲、ところどころが青くて、
その合間を縫って幾筋かの飛行機雲が延びていたのに.......

珈琲すすってから、ふと見上げたら、あれぇ、雲びっしり。
天気予報みたら、今日と明日は曇りなんだな。
雨は降らないらしい。

里山は、春の霞みか、稜線は乳白色のなか。
中途半端で、着込んでしまった、もこもこフリースが鬱陶しい。
脱げば小寒いし、ほんに思案の三寒四温。

 16222-a1.jpg
 ↑ 朝フォト

あァ、なんだぃ、今年は..........
盛りがついた猫のように、矢継ぎ早の不倫騒動ばかり。
関西の大御所が、涙で会見だなんてみっともねぇ。

大阪っていやァ春団治だわな。
芸のタメなら女房も泣かす、って容認するわけじゃないけれど、
泣いて会見なんぞとみっともない。

これが現代 (いま) なのか、はたまた、ちっちぇーのか。
なんにしても、大看板が泣いちゃいけねぇ。
たけし御大見習うこっちゃ。

 「こんなはなし」←click

 16222-a4.jpg

「あの人、ほらァ、誰だっけ?」
「あ、わかってるけど、だれだっけ.........」
よーくやる爺ィと婆ァの会話ではあるなァ。

ま、ここまでいえばお互いは、脳の中に浮かべたのが誰かわかってる。
だから、会話は成り立つんだし、
5分もしてから「思い出した、○○さんだよね」ってね。

そもそも、人間は忘れる動物であるっていう。
1時間後には50%、1週間後には25%しか覚えていないのだそうな。
学問的にはね。不肖ごんべはもっと酷いや。

これって、脳自体の自己防衛ではないかと思うのだ。
人間が生きてゆくってことは、
なぜ、こんなに背負うんだっていうくらいに多くの思いがある。

それから、好奇心の塊のごんべはなんにでも首突っ込みたがるし、
ぜんぶ憶えていたら、そりゃタイヘン。
だから一定量しか脳味噌のなかにおいとかないんだな。

オーバーフローになったら、どんどん溢れさせて、捨てちまう。
溢れ出しそうになって、フチにひっかかって、
それでも気になるのが、深夜に発する寝言なんじゃないかって。

なかには、寝ぼけてガバッと起き、
なにやら、もっともらしく喋ってバタッと眠る。
アハ、これは、ちょっとまえの 不肖ごんべでありますよ。

最近は? ないらしい。
なんにも考えちゃいないからねぇ。してみると..........
こうも忘れるのは、単なる脳の経年劣化だけかしらん。

 16222-a3.jpg

その記憶力の整理ってのは、
案外と自分にとって、都合のいい案配をしているんだな、
イヤな思い、ツライ思いは、蓋をしてしまう。

でも、これが健全なんだっていう。
だから、忘れてしまっても悲しむことはないのだ。
ただ、思い出す努力はしといたほうが、脳細胞が復活するらしい。

まァ、自分に都合のいいように整理して忘れてしまい、
よしんば、周囲の人に薄情だといわれても、悔やむことはない。
あくまでも自分の思いなんだからね。

他人が、自分の脳とおなじであるわけがないのだ。
思いは違ってあたりまえ。
それほど、気にとめることはない。

で、その先なんだと思う。
つまり、思ったことを口にだすか、ださぬかの思慮だよね。
六股芸人の彼女がBlogのコメで、こてんぱんに叩かれている。

それはなぜかといえば、
年齢相応の思慮がみえないからだが、
これをあえてやってるとしたら、かなりのもん。

ただし、ゴシップに咲いた徒花なので、
いつまでもつか。
炎上商法はおもろいが、失うもの多いと思うがねぇ。

 16222-a6.jpg

ごんべねぇ。
なんかしらん、身についたむかしの商売柄っていうか。
なんでも首突っ込んで面白がるクセがある。

何気なく発する野次みたいな言葉は、
その人のどこかに、潜んでいる思慮であるやもしれぬ。
なので、なんかの折に、ひょいとでる。

上手な記者はそこをつく。
普段はコントロールして抑えているのだけれど、
ふ、とでてしまう。

これが恣意的に、相手を屈服するために、
発したならば、なにをか況んや。
ま、普段の、というかネットの世界にもよくあるはなし。

モノを発信するなら、人のいうことも聞け。
これはごんべの持論だから、ずいぶんといってきた。
が、人はそれを避けようとする。

人の思いはそれぞれ違う。
そこから発する思いがおなじになるわけはない。
ただ、類似体験を経た人の脳の操作には似たものがある。

おなじところで、感情が交差することは間々あるはなし。
交差はするが、そこには錯覚も生じるからややこしい。
自分の脳や心をコントロールするのは、自分でしかないのだ。

もしも、触れあう他人の考えや心があると錯覚するならば、
それは、大小問わず妥協なのだ。
つまりは、自分の心のコントロールをする努力なわけ。

独り善がりにいいたいこというのはラクチンだが、
得てして、言いっ放しにゃならない。
人は誰しも触れあいがほしいもの。それがあるからややこしい。

たとえ、触れあい、触れ愛が得られたとしても、
これは、誤魔化し、妥協なのだと、しばしば猜疑心が芽生える。
心の底で揺れるのだ。

委ねていいのかと疑いつつも、現の快楽に溺れもする。
それが人ってもの。
人が生きるってのは、悩ましいねぇ。

あ、完全な曇りだ。
ほなあした........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●

とても、難しいこと・・・

>モノを発信するなら、人のいうことも聞け。
>これはごんべの持論だから、ずいぶんといってきた。
>が、人はそれを避けようとする。
この3行が・・・・言わんとすることを
行動に移すのは^^;
難しいのよね~~~、

でも、行動におこせた人にはきっといいことがあると思う。

私には人生の先輩様として見習いたいと思いを寄せる人がおります。
ごんべさんは男性だから。
ごんべさんのようになりたい・・・には無理があるけど。

ずっと年上で、憧れに近い思いで見つめている人が居てね
その方が、人の言葉に耳を傾けられて
ご自分の行動を変えられた姿を拝見した時には
胸が一杯になりましたよ。

なかなかできることではない、
そう思う私の横をさっと通り過ぎて、さらりと行動をとる姿^^
あぁ~~この方に出会えてよかった!と思えた瞬間がとても嬉しい。

砂浜でちいなさ一粒のダイヤモンドを見つけたような喜び。
沢山はいらない、両手でしっかり握りしめていたい宝物との出会い。
それがあるのが、ネットだと思う。
現実の世界では巡り逢いの機会が少なすぎますから。

Re:菜菜さん

>ごんべさんのようになりたい・・・には無理があるけど。

ムリ、ムリ。
こんな、ええからべぇはダメぇ。ww
鼻っ柱が強いだけだからね。

若者がジコチューだというけれど、なんの、なんの。
いうことはいうが、聞く耳もたない大人ばかり。

人のフリ見てわがフリ直せる人。
その心の柔軟さが、素晴らしい人間性だと思う。

ごんべのええからべぇ。
ええかげんなだけに人の言うことよく聞くよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4334-dff8bd29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆったりと漂っていたい «  | BLOG TOP |  » 人間は矛盾だらけで生きている

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する