topimage

2017-10

信じるも信じないもわけわからないってこと - 2016.02.18 Thu

めずらしく6時30分に 目覚め た。早朝は寒いねぇ。
自分で珈琲いれて、窓際でぼけぇぇ..............
真っ青な空を、真一文字に飛行機雲が二分する。

予報は晴れだけれど、次第に雲が多くなってきたね。
デスクの温度計は17.7℃。今朝はすこーしこさぶったいか。
今日もなにかといそがしいのだ。

 16218-a1.jpg
 ↑ 朝フォト

車買ったのだね。新しいシステムの車屋さん。
なにかと合理的にできていて、普通に買うより安くなる。
たとえば、役所へ自分でゆき書類揃えると15.000円引きとか。

家に座ってれば納車にきてくれるのとは違うが、
面倒をこっちがすることで値引きがある。
ごんべのいまの車も人気車なので、下取りも2桁になった。

2年オチを一切合切100万で買って、8年乗った。
今年車検切れなのだが、10万円でとってくれたので悪くはない。
某所の下取りではポンコツだといわれ、3万円の査定だった。

 16218-a2.jpg

ボディカラーは、パトさんの要望を聞きいれて、赤黒のツートン。
赤はこっぱずかしいのだが、
彼女が惚れ込んでしまったので、受け容れた。

「赤にまけないように、
 こっちもオシャレでいればいい」
なんか、男と観点が違うけれどねぇ。

いわゆる新古車なんだね。
これから新規登録するのに中古車扱い新車の説明が冒頭にあった。
なんでもいい、新車が安く買えるんだったら......

エコエンジンだとか、アイドリングストップだとか、
バックカメラや、車載カメラ、カーナビだとか、
ま、浦島太郎みたいなもんでござい。

振り込みして、区役所で住民票、管理会社で車庫証明。
今日はあちこち走りまわる。
あ、いそがし。

 16218-a4_20160218085655bea.jpg

ごんべねぇ。
オカネモチといえるほどのオカネモチに、
ここに至るまで、なったことがない、って自慢にゃならねぇ。

だから、オカネモチの実態がわからないんだな。
そのかわり、といっちゃなんだが、
「宵越しのカネはもたねぇ...」という快感は充分に知っている。

父親の栄華と没落を、わが身に受けて、
どうせ、この世はそんなもんだと、
したたかに生きる術もいつしか憶えさせられた。

そんなもん天下のまわりもんさ。
というボンビー人の開き直りも持っている。
いまは最後の幕があがって、さて、残りの人世どこまで愉しめるかだ。

波瀾万丈というほどのものでもない。
世の中には、もっと、もっと、もっと、
万丈の山天下の険を越えた人がいっぱいいる。

それでも、普通よりは、ちょっとだけ余計に体験してきたかもしれない。
たぶん、オレの人世おもしろかったでぇ.........
と、呟きながら目を閉じることができるはず。

おひとりさまのときには、
「いつ朽ち果てても、悔いはない」なんぞといってたけれど、
パトさんにきてもらって、そうもうかなくなった。

その目をつぶる瞬間に、
一生の出来事がフラッシュバックするそうな。
おぅ、見応えあるぜ............ といってみたい。

 16218-a3.jpg

死ぬ瞬間は、痛いのか、はたまた苦しいのか?
カミさんは、歩いている途中での心臓麻痺だったから、
ほんと、やすらかな顔をしていた。

たぶん、一瞬の出来事だったのだ。
苦しかったのか? と聞いてみたって、返事はできないしね。
そもそも、誰もわからない。

で、ネットで検索してみたけれど、
経験している人はあっちの世界なわけだし、
所詮は憶測の域をでないのだ。

「死ぬ瞬間は痛みを感じない」
どうやら、こういう説のほうが有力のようだ。
苦痛を感じるのは、脳が正常に機能しているときのことだからね。

心臓が停止しそうな状態の時には、血液の循環が悪くなり、
脳が正常に機能しているはずもないので、
痛みを感じていないのではないかというのだ。

死を迎える瞬間には、
エンドルフィンという脳内麻薬を大量に放出し、
苦痛もなにもない状態で死ねるという説もあった。

よく途中で帰ってきた人の話として、
お花畑の真ん中をうららうららと歩いていた、ってのがあるが、
たぶん、この脳内麻薬のせいではないかと。

イギリスの物理学者、スティーブン・ホーキング博士は、
天国や死後の世界は実在せず、
それは「おとぎ話」にすぎないとの主張を展開している。

一方で、エベン・アレクサンダーという医師は、
自分自身が臨死体験したことから、
死後の世界を科学的に証明する方法を模索しているという。

つまり、完全に脳が停止し、幻覚をみる要素がないのに、
ありえない状態で体験したことの説明がつかないのだ。
ま、そういうはなしも数多ある。

だから、どっちだということになったって、
自分が体験してみなければ、信じるも信じないも、
わけわからないってこと。

ま、それでいいんだよな。
明日のことが誰もわからないのといっしょ。
だから、杞憂するこたァない。

さて、いそがしいのだな。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4330-517875e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

書きはじめて4159日なんだそうな «  | BLOG TOP |  » 心を悲観主義が覆ってもそれはいっとき

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する