topimage

2017-06

ほかに、あまりのぞみはない - 2016.02.09 Tue

春眠 暁を覚えず。また8時までぐーすかぴー。
ふとみたら、あれま、お隣も眠ってる。
ま、眠れるのは最大のご馳走だから、惰眠貪るべし。

ほらァ、朝ドラ始まるよ。
慌てて起きていった。
鏡見てる。「なんかしたん?」

「5万円のクリームぬったの」
「えぇ、買ったんだァ」

このまえも1万円のクリーム買ってきたからな。
「サンプルだよ」ってびっくりこいた。
ま、女性の飽くなき追究というか、むにゃむにゃ..... というか。

1629-a1.jpg
 ↑朝フォト

快食、快眠、快便である。
よく食らい、よく眠り、すとんとでて終わり。
血圧リミット内でなにもいうことはない。

体重は3kg 減から、頑固に動かない。
踏み台買ってきた。これに乗ったり下りたり。
5分を1セットでやる。有酸素運動になってるゥ。

 1629-a2.jpg

が、しかし。
「オヤツよー」って牡丹餅でてきた。
ロトで1000円当たった。だから買ってきたァって。

助けてくれぇ。
「あなた、食べなさい」
オレ、えらいんだ。ぐっとこらえてガマンした。

「ちゃら......」終わったあとにご近所スーパーに2人でゆき、
どっこいしょというくらいの買い物して、
午後はっていうと10分くらい歩いたユ○ーへエステにゆく。

ま、アクティブバァちゃんだからね。
うちのパートナーは。
すっかり、この街に馴染むバイタリティは、見上げたもの。

 1624-ff25.jpg

いまここでねぇ。
オバちゃんとしようか、バァちゃんとしようか、しばし迷った。
よそさまのブログではシニア族でも、おばさんと自称しているようで......

ま、自虐的に バァさんと名乗っているのはそれなりの論客であるね。
ご自分でバァちゃんとは名乗りにくいだろな、フツーは。
でも、客観的にみて、赤ちゃんこ還暦過ぎたらバァちゃんだよな。

シニアの定義は、アメリカでは50歳以上なんだという。
スポーツクラブなどの区分は、ほとんど50歳で認知されているらしい。
ところが、日本には高齢者、後期高齢者という言葉がある。

これで決めつけられるのがはなはだイヤなんだな。
だからシニアだとかで、やんわり逃げる。
ましてや、その先のシルバーなんぞと.............

でもさ、ジィちゃん、バァちゃんにはかわりないだろ。
ごんべは、爺ィとずいぶんまえから、自分のこといってるよ。
だってねぇ、爺ィだもん。オジさんじゃないもん。

バァちゃんといってごめんよ。
でも普段から、オレ、いってるもんな。
おーい、バァちゃんってねぇ。

アンチエイジングって直訳すれば、年齢に抵抗するってこと。
無駄な抵抗だァ、なんていうと怒られるか。
オレ、否定してはいない。

パトさんも2週間に1度、エステにゆくんだ。
それがアンチエイジング効果を、
物理的にだしていようがいまいが、どっちでもいい。

ふわふわと送る日常が大切であって、
それで気分よく毎日がおくれれば、それがいちばん。
だと、思うのだけれど................

 1624-ff18.jpg

オレ、むかし、よくいってた。
クソ爺ィは自分のこと、クソ爺ィと自覚しないから、
クソ爺ィなんだと。

若ぶることもない。
かといって、年相応なんて死語にこだわることもない。
おのれの生き様のままに、おのれの年齢を生きればいいのだ。

オレねぇ。
ジーンズの似合う80歳、90歳でいたいんだ。100歳はどうかな。
ま、ほかに、あまりのぞみはない。

 1624-ff33_20160209101956aab.jpg

オレ、だいたい黙って見逃せないって因果な性格だけれど、
ちかごろは黙っていることが多い。
いっても後味がよくないことが多いからね。

いつだったか、野の花をはさみで切って,
自分の都合のいい場所にさして撮っている人がいて、
黙っていられなくて注意した。

「野の花をとってなにが悪い。雑草だろ?」そういわれた。
なにをかいわんや.......
よしんば、いい写真であってもオレは要らない。

これも数年前のフラワーパークで、
彼岸花を撮ってる女性ばかりのグループがいた。
別に柵もなにもないから、咲いてる花群のなかに踏み込んでた。

お一人のお尻のしたに、哀れ一輪の彼岸花がぺしゃんこ。
あーァ、と思った。
余分なこといわなかった。いってもしかたがない。

マクロレンズ撮影だから、踏み込んでいいとはいえない。
花は自然に保ってあげる。
それを撮るには、自然のままにという制約があってあたりまえ。

だからカメラマンは、
中距離望遠でという制約に従って工夫する。
カメラマンの都合で自然に踏み込んではいけない。

工夫を飛び越してはいけない。
これは、ごくあたりまえのこと。
あえていうほどのことはないのだなァ。

写真って、その一枚を見るとき、
そのシャッターを押したときの情景、心まで蘇るものなのだ。
負を背負った写真なんて要らないのは当然。

写真とは写心。
デジタルデータであっても心を写すもの。
これを忘れてほしくはない。

雨降ったよ、とパトさんがいってる。
なんか寒いな。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4321-b6df33ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぜんぶ、抜けたら腑抜けになっちまう «  | BLOG TOP |  » いまがシアワセだと思う心だね

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する