topimage

2017-11

オレの魂を揺さぶり起こしたようで.... - 2016.01.11 Mon

空の てっぺん青い けれど、ぜんたいに薄曇り。
今日は祭日なんだな。なんの? 成人の日か。
昨日もなんやかやあって、なんでこの日は荒れるんだ?

ハメはずして、この日を最後に大人になります、って、
ま、そんな若気のおさめかたも、わからないでもないが、
余所さまに迷惑かけたらいかんのだよ。

 16111-a1.jpg
 ↑朝フォト

あ、そういえば、不肖ごんべにだって成人の日があったんだ。
ひとつのことを除いて、まったく憶えちゃいない。
半世紀経つとはいえ、こんなにキレイさっぱり忘れるもんだね。

同級生たちと会場の脇でたむろしていた。
すると新聞社のカメラマンがきて、
記念植樹の写真撮りたいから協力してくれないかっていう。

本番はオレたちじゃないぞ、というのに、
「いいから、いいから.........」とポーズとらされた。
で、その写真が新聞へ載っちゃったからバツがわるい。

「なんで、おまえが??」っていう。
つまり、ヤラセだよな。
なんか矛盾を感じつつ大人になった。これだけ憶えている。

 16111-a2.jpg

誂えのスーツを着たのはたしかだが、バイトのカネだったか、
親のスネをかじったかは憶えていない。
この日のためにリーゼントばりばりにきめてた。

もっとも、あの頃はロカビリー流行りでみんなリーゼント。
で、女性がどうだったかパトさんに聞いてみた。
みんな着物だったわけじゃないし、振り袖じゃなくて短かったそうな。

ま、オンボロ学生アパートのボンビー生活だったから、
この一張羅のスーツが質屋の格子の向こうへ、
いったりきたり、何度したことかねぇ。

でも、あの頃はカネを工面するとなったら質屋しかない。
9分の利子払えば、一張羅スーツで1.000円は貸してくれたか。
オイらの下宿代が賄い付きで4.000円、定食が100円のとき。

しなそばが50円、ラーメンじゃない。
うすーい焼き豚が2枚、メンマと「の」の字がのってた。
これに丼飯で生きてゆけたからねぇ。

そのうちなんとかとかならァ..............
って時代だったことはたしかだ。
バイトの時給がいくらだったか? まったく記憶がないけれど。

 efc9e6462d4689b2115e2962589a4c4c_201601111004232a0.jpg 07a6a747ca755381699a87e87d80ee97_201601111004256f0.jpg
 6cc814e5255c36c9d83e48ace7b5d4a6_2016011110042662f.jpg 9ffc8bbf7de39e87e092c45c18dd3883_2016011110042731a.jpg
 ↑記念ピースの空き箱☆画像クリックで拡大します

もうじき新しい東京オリンピックのエンブレムが、
発表されると思うけれど、椎名林檎氏をはじめとして、
1964年の年数だけかえればいい、という意見が多数あったそうな。

不肖ごんべも、そう考えていた。
よき時代へのノスタルジーもあるかもしれないが、
あの亀倉雄策氏のポスターはよかったのだ。

これねぇ、いまでもアルバムに貼ってあるのだね。
この日の丸を象徴する赤い丸だよなァ。
これを超えようとするからヘンなものになるんだ。

また、超えるものがでてくるだろうか。
10月1日に東海道新幹線が開通した。
3日目に乗ったけれど、速いのなんの.............

 14124-mk13_2016011109073888d.jpg
 ↑冬の公園☆画像クリックで拡大します

今朝は寝坊助してしまい、8時ちかくになって目が醒めた。
あまり、惰眠を貪ると起き際に夢を見る。
今朝はめずらしくも釣りをしていた。

これが、以前から夢の中にはしばしば現れるのだが、
実際には存在しないっていうポイント。
だいたい、この堤防で竿をだしているのだ。

で、これぞクロダイのアタリってウキの動きで、
ツィィ........................... と 自作円錐ウキが沈んでいき、
よしッ、 と合わせるとしたたかな手応え。

夢の中とはいえ、このときに、
ゴクッ、ゴクッというクロダイが首を振る強い引きを、たしかに、
右腕に感じてるのが不思議なのだねぇ。

で、あやして、あやして、
もうちょっとで水面に顔が出るところで鈎が外れる。
そう、夢の中のこのポイントでは釣りあげたことがない。

これは、若気の至りの美女といたす夢をみて、
ついぞ完遂することがないという、あれといっしょ。
ま、夢の中のことは、すべからく、夢で終わるものらしい。

いまは見なくなったのだけれど、
この釣りの夢には続きがあったのだ。
釣りを終えて堤防の付け根で帰り仕度をしている。

おい、帰るんだよ、なにしてるんだ、と仲間に急かされて、
竿仕舞いして道具をとりに戻る。
が、いつのまにか、堤防の上に建物がたっている。

これがまた、夢のなかだけの建物で、どこまでもずっと廊下が続く。
その廊下を走るのだが、やっと行き着いた端には番人がいて、
「明朝までは開けられません」といい、いつもの小競り合いで、目が覚める。

それから、相棒とふたりだけの磯で竿を並べてる夢があるし、
まえにも書いた、丘の上から焼ける城下を見る夢もあった。
ちょくちょく、再々、ごんべの夢にこれがでてくる。

しかし、実際には、この光景の場所にはいったことがないのだ。
フロイドさんはこれをなんというだろうか。
ごんべの心象風景なのか、はたまた...........

オカルト好きな友人に話したら、
それは前世に見た光景ではないのかというのだけれど、
それを信じるに足りる具体的体験がないから、なんともいえない。

今朝のクロダイの引きの感触は、
なんか、釣り師ごんべの魂を揺さぶり起こしたようで、
ちょっとだけセンチメンタル。

また眠くなったぞ。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4293-fa1d5162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いいきれない愚図さ加減がねぇ «  | BLOG TOP |  » ジーンズの似合う男でいたいもんだ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する