topimage

2017-07

ドンコ捕りと三番館通い - 2015.11.24 Tue

道路が濡れていた。早朝に 降ったんだね。
次第に明るくなってきて、雨の予報が晴れになった。
明日は紅葉撮りを予定してるが、雨だっていう。

晩ご飯食べてから、炬燵へいって「富士山噴火」を見ていた。
シミュレーションが恐ろしい。が、あり得るはなし。
すぐ傍の箱根山が小規模ながら噴火したしね。

御嶽山の例もある。いつ噴火するかはわからない。
まず日本の大動脈は断たれる。
東名、新東名、R1、東海道線、新幹線のすべて。

それだけではない。降灰で首都は麻痺する。
噴火がないことを祈るしかないが、ないとはいえない。
宝永噴火は1707年、東南海大地震の49日後に起きている。

 151124-a1.jpg
 ↑朝フォト

昨日は、ほこほこする出来事がふたつ。
ひとつは、ジュビロ磐田のJ1復帰。よかったなァ。
常勝磐田といわれたのにJ2へ、3季ぶりの復帰を果たした。

清水エスパルスがJ2降格なので、
ジュビロ復帰でJ1から静岡のチームが消えることは、
免れたけれど、まだまだ茨の道は続く。

 151124-a8.jpg

もうひとつは、浜名湖の渚園で行われた「ゆるきゃらGP」で、
出世大名家康くんがグランプリをとったこと。
今年は家康公顕彰400年、ま、どうでもいいけれど、めでたいのう。

くまもんがとんでもない経済効果をもたらした。
そりゃァもう、どこの自治体だって組織票も使うし、
某有名広告代理店だって使うわな。勝てば官軍、儲けた方が勝ち。

家康がなんで浜松だ?
たしかに縁の地はほかにもあっても、
アイデアと行動力をもって、先に名乗ったほうが勝ちなのじゃァ。

なにはともあれ、
家康くん天下をとったァ。
勝ち鬨じゃ、えぃ、えぃ、おー。

 151124-a2.jpg
 ↑今朝の鳥たち

他人のことはどうでもいい、って薄情かもしれん。
が、その人の心の懊悩がわかるわけもない。
とやかくいうべきではない、ってスタンスなんだな。

ブログで垣間見る他人の人世も、
あ、こういうお方もあるのだなァ、と思うだけにしとく。
所詮、それくらいしか関わることはできない。

肯定も否定もする立場にはない。
それぞれのお方がシアワセになりさえすれば..........
そう想うのもおこがましいかもしれない。

8月に転居して、はやくも4ヶ月。
ごんべの何遍めかの人世がスタートしたわけで、
ま、シアワセではあるから、これでよし。

 151124-a5.jpg
 ↑今朝の鳥たち

あんたのBlogはちんたら長い......... って、
捨てコメがときどきある、ありがたいこっちゃと思う。
わざわざコメントおいていってくださる。

なんだ、この長い文章は.............
そう思ったら、なんのギリもない。スルーすればいいものを、
わざわざいわずもがなを投下してくださるゥ。

こりゃ感謝しかない。
Webってそういう世界だろ。
基本はこれでなくちゃ、擦り切れちまう........

文章の面白さってものは、はなし上手、まとめ上手とおんなじ。
はなしのもっていきかたが、
逆立ちしたって敵いっこないおかたが、おいでになるものだ。

ごんべのフレンド・リンクのなかに何人かいらっしゃる。
はなしが面白い。だから文章が面白い。
天性なのだね。それに人生経験の味付けがされている。

だからBlogの文章のむこうに、そのかたが見えてくる。
背景が見えてくる。お人柄が見えてくる。
文章に惚れる。そのかたの生き方に惚れる。

エッセイやブログは、プライバシーの切り売りとはいえだねぇ。
裸になってしまうのはいやだから、
ここにいつもいる、ごんべがほんとうのごんべかは、わからない。

 151124-a9.jpg
 ↑紅葉☆画像クリックで拡大します

ガキたちのドンコ釣りは竿作りから始まる。
丸竹を切りにいき、ひと冬枯らす。
これを肥後守で枝を落とし、焚き火の炎で火入れする。

この技術は代々上級生から受け継ぎ、順送りで伝えていく。
約1mのノベ竿、これを一人当たり3本は持つ。
糸は私が父親から貰ったり、くすねたテグス。

まだナイロンが出まわっていない時代だから、
ない者は木綿糸だったが、時折、ごんべが供給するから、
その分だけの権力は握っていた。

上級生でもオイらに逆らえば糸がなくなる。
オモリは鉛管を叩いた鉛。
戦後10年経っていない。焼け跡の土にはいろんなも埋まってる。

誰かが鉛管見つけてくると、
橋の上のコンクリートの上で、石を握って叩いて延ばす。
こっちん、こっちん。みんなで夢中にやってる。

ハリも供給元もオイらだった。
こいつは作るわけにはいかないから貴重だった。
先が鈍れば石でこすって研ぐ。

エサはミミズ。
どこにでもいたねぇ。
化学洗剤が一切ない、下水道がない。

流しの下の軟らかい土を掘れば、
丸々としたシマミミズが、いくらでもでてきた。
空き缶の口叩いて、手切らないように丸めて、エサ入れ作る。

戦後の食糧難はほぼ解消していたが、
食べ物を大切にする風潮は廃れていなかった。
子供たちが捕ってくれば家族が食べる、これはごく当たり前のこと。

映画観にいきたい。オカネおくれぇ。
おおそうか、と安易に小遣いを与える家庭はなかった。
悪さをしない程度での資金調達は、子供の甲斐性でもあったのだ。

だから智恵を働かす。
みんなで焼け跡の土かっからかいて、焼夷弾の欠片やら、
爆弾の破片、焼けトタンなんぞ拾い集め鉄屑問屋へもってく。

悪さするなや、人の物もってきちゃダメだぞ。
問屋のおっちゃんそういって、なにがしかの小銭くれる。
で、それを鎮守様の縁の下の空き缶へ貯めおく。

「今日はカァちゃん、カネくれん」
そういってべそかくヤツが必ずいるんだ。
と、ガキ大将が空き缶もってこい、ってそいつの分をだす。

ごんべの場合は、
ジィちゃんの酒の肴の佃煮の材料を釣ってくることで、
それが成り立っていた。

お駄賃もらって映画観にゆく。
だから、せっせと魚釣りにゆく。
これは中学に上がるまで、ごんべの生き甲斐だった。

すっかり晴れているよ。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4244-003162e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いってきますゥ «  | BLOG TOP |  » シアワセのエビのてんぷら

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する