topimage

2017-08

うまいもん食べてしばらくはシアワセ - 2015.11.19 Thu

お。最近には 珍しく 7時過ぎまで眠っていた。
昨夜は土砂降りだった。
雨上がりの空は、雲が激しく動いている。

3時頃だったか、暑くて目覚め、しばらくバタバタ。
ま、そのうち眠ってしまった。
デスクの温度計は21.1℃。温そうな朝だ。

 15119-a1_20151119073806408.jpg
 ↑朝フォト 

「今日はどうですか?」と昼前に婿殿からの電話。
娘夫婦との食事会の約束が果たせていなかったのだ。
「おーし」ってことで、オレ、昼飯抜いたのだ。

「抜いてないよ、お菓子食べたじゃない」
ってのはおいといて、
美味いもの食べるなら、入るとこ空けておこか。

支店がちかくにあるのだけれど、グルメ婿殿の意向で、
浜名湖の舞阪港にある「魚あら」まで雨のなかを走ったのだ。
メインはクルマエビの天麩羅で有名になったお店。

まずは、浜名湖カキを焼いてもらって生ビールで乾杯。
大粒な身がね、口のなかで弾けるゥ。
オレたちは、刺身やら、鰻やら、刺身やらの定食3800円なり。

もちろん、活きエビで頼んであるから、プリプリ。
なにかがないと食べられない、ってよくいうんだけれどね。
ちょっといこか、って値段じゃない。

娘たちは、活き天丼2500円ほか1品つき。
「あ、美味かったァ」って奢ったつもりでいたが、
しばらく走って気がついたのだ。

婿殿に、「引っ越し祝いというか、なんというか」って、
プレミア商品券もらって「これで、飯食いにいこか」といったのだ。
ま、もらってしまえばこっちのもの。奢ったことになるか。

てなわけで、パトさんも「シアワセぇ............」って大満足。
うまいもん食べたら、しばらくはシアワセだな。
「またいこうね」って、うん、いいね。

 151119-a2.jpg
 ↑妖しげな天気 

なんでもWebの「新しもの」は、
とりあえず首突っ込む主義の好奇心の塊ごんべではあるが、
Facebookだけはちょっとだけ覗いてやめたのだ。

もう要らない、って過去のつながりまででてくるなんて、
真っ平御免って思ったからだね。
別に知られて都合悪いことはないけれども.............

リタイアして、暢気にのんべんだらりんしてるのに、
これ以上のつながりをもつのは煩わしいぞ。
そう思ったからだね。

で、ごんべのFacebookのアカウントは削除した。
いま、いわゆるSNSでの疲れがいわれている。
あるデータによると、SNSやめて幸福度が増した人が多いそうな。

 151119-a4.jpg
 ↑水滴 

twitterはときどき、ぼそッと呟いている。
さりげなくリツイが2、3人ある。それでいいのだ。
あ、アイツ、元気だな............... と思ってもらえれば、それでいい。

過度なつながりが果たして必要なんだろうか?
コメントに一喜一憂するのはつまらない。
ちかごろは、そう思うのだねぇ。

ま、Webの世界はおいといて、リア充であるかだよね。
ごんべがこれまで心を尽くしたのは、
周囲が昨夜のようにパトさんを、ごく自然に迎えてくれること。

迎え入れた彼女が孤立してしまっては、なんにもならない。
リアル実生活で充実するための努力をしたつもり。
とりもなおさず、これがオレの誠意でもあるしィ............

 151119-a6.jpg
 ↑向かいアツ鵯と雀☆画像クリックで拡大します 

雨が小粒ゥゥの真珠ならァ........ とくれば井上ひろし。
東京へいっちっち.............. は守屋浩、
くぅろい花びら................. は水原弘だな。

念のため、ググってみた。誰々々で3人ひろしだったのか。
井上ひろし、守屋浩、水原弘の4人に、
ムッシュかまやつが絡んで4人ひろしだった。

日劇ウエスタンカーニバルは、
1958~1971年まで57回開催だったんだそうな。
えッ、そんなに続いたんだっけ、と思うくらい。

最初のころはACBやドラムの延長で、
日劇へもいきはしたが、最後のほうはGSが全盛で、
こっちも、いつまでもガキじゃあるまいしと醒めていた。

初期は和製ロカビリーだったわけで、
本家は、エルヴィス・プレスリーではじまって、
ポール・アンカで終わったといわれる。

オレは、プレスリー以降、ビートルズ未満の世代。
ビートルズ以降のロックとなると、
ちょっとタンマ................. なんだな。

で、何を聞いていたかというと、
おどろおどろと三上寛、山崎ハコなんぞという、
フォークのなれの果ての異端児というポジションが好きだった。

 8187cc.jpg

ギリヤーク尼ヶ崎という人や、それから舞踊家としての麿赤兒。
こんな世界に魅せられてもいたのだ。
蛞蝓三畳間のオレは、おどろオタクだったのだね。

なぜか、テント劇場などへ足しげく通ったが、
別に役者になりたかったわけでもない。
その思いをたどると、焼けトタンバラックの下町風景へとつながっている。

わが町の端っこに、観音様で有名な寺があり、春秋の彼岸には縁日がたつ。
家にいても、サーカスのジンタが聞こえ、道の両端には、ずらり露店が並んだ。
筵囲いの小さな小屋の、大鼬やら蛇女の呼び込み聞くとわくわくする。

なになにちゃん、やァーい、
と半分めくった筵からちらっと見える真っ白けのお姐さん。
お代は見てからのお帰り........ で10円握りしめて筵をくぐる。

すると、なにやら怪しげな、
ろくろっ首が幕の手前で伸び縮みして、はい、お帰りはこちら。

で、出がけに、子供は20円だよォ。
これ常套手段だから、そうそうはひっかからない。
10円しかもっちゃいないよ、と放り出して、飛んで逃げる。

どこまでがほんとで、どこまでが嘘なのかか、分からない。
子供心にも、その向こうに、何かがありそうで、
あの雰囲気が無性に好きだった。

だから、アングラ演劇のわけわからんけれど、
一所懸命、わけわからんことやってるところが、
あの観音様の縁日の、なぜか漂う物悲しさに、一脈通じていたのかもしれん。

あ、また空真っ黒だ。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4239-9d985b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初恋の味はカルピスじゃなかった «  | BLOG TOP |  » 小さな石けんカタカタ鳴らし.......

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する