topimage

2017-08

小さな石けんカタカタ鳴らし....... - 2015.11.18 Wed

今朝は霧だった。200mくらい の視界。
すっぽりと白い靄に包まれて、霧にむせぶ朝♪になってる。
ごんべは閉所恐怖症だからね、こういうのは鬱陶しい。

それで7時30分まわった頃から晴れそうな雰囲気だが、
天気予報は午後から弱雨になってる。
空のてっぺん青くなってきたが、これでも雨かしらん?

テレビでみたが、コートの要らないX'masなんだってね。
昨日なんて半袖Tシャツだった。
寒かったのは1日か2日で、それからはずっと温い。

昨日は検診日だったので、
隣の医院の受付に頼んでおき、午前中の最後に電話してもらった。
2人いっしょに待ち時間なしで診ていただく。

その帰りに、ごんべが薬局へゆき、パトさんは郵便局。
家につくころ、パラパラと雨。
傘もって迎えにいかんと? 空みて思案していたら帰ってきた。

 151118-a1.jpg
 ↑朝フォト 

霧が深いとね。
しずくの伝わる電線にスズメが膨らんでとまっていたり、
カラスが行き暮れて佇んでいたり。

それを珈琲片手に、例によって、ぼけぇぇ..............
昨夜は炬燵で完全に眠ってしまい、
11時頃に「ベッドへいったら..........」と起こされた。

あれは、おひとりさまであれば、
朝まで炬燵でぐっすりこんこんというケース、
ときどきやらかしたもんだ。

こういう、うとろうとろが連続してゆくのがいい。
気儘に時間が流れてゆく。
この前開いた本が炬燵のうえにそのまんま、頁が進まないね。

 151118-a2.jpg
 ↑ふくら雀 

このパソコンのFinder side bar にやり損なったDVDやら、
DLしたファイルやら、わけわからんものが溜まって、
うざいけれど消えず、放ってあった。

それが、ほかのちょっとしたトラブルの対策を検索していたら、
偶然にもウザ・ファイルの対策があって、command 押して引っ張ったら、
なんだよーっていうくらい簡単に消えた。

よくもつな、このパソコン。
5年を経過したが、いまのところノントラブル。
Chrome がバグを起こすくらいのもの。

 151118-a3.jpg
 ↑カラス途方に暮れる 

昨夜のご飯は、ごんべが「豚肉冷しゃぶ」をつくり、
写真もしっかり撮って、たしかにプレビュー確認したのに、
カードがはいっていなかったのだ。

「カードが入っていないので撮れません」
これがSONYのカメラは出ずにシャッター切れてしまう。
もう、何度やったことか..........

なので、パトさんに平謝りで、
本日の「ごはんめも」はおやすみ。
なんともドジだねぇ。

 151115-hk11.jpg 151115-hk07.jpg
 151115-hk06.jpg 151115-hk20.jpg
 ↑方広寺らかん坂☆画像クリックで拡大します 

2歳の子供にタバコを吸わせた24歳の父親が逮捕された。
自分でFacebookにその動画を投稿し、twitterで拡散されて、
警察が動いたという経緯なのだね。

いかにものDQNぶりではあるけれど、
いつぞやも頻発したコンビニのアイスケースに横たわるなど、
あの一連の行為とおなじで、本人たちに犯罪意識はないようだ。
 
子供は親を選べない。
無職の父親の逮捕に伴い、施設に収容されたようだが、
心が強く痛む。

SNSがなかったら発覚しなかったのか?
あるいは「面白半分」は投稿のためだったのか?
よくわからんけれど.............

 141127-hk0104.jpg
 ↑方広寺らかん坂☆画像クリックで拡大します 

銭湯にゆくのが唯一の愉しみで、石鹸箱とタオルもって出掛け、
帰りに、酒屋の立ち飲みに寄って、
コップ並々の2級酒を、さして美味くもないのに呑む。

 洗い髪が芯まで冷えて
 小さな石けんカタカタ鳴った........

神田川という歌が流行るまえのことだが、
3歳年上の彼女ははいたけれど、蛞蝓三畳間へくるのをいやがったから、
いっしょに銭湯へいったことはなかった。

で、ほろ酔いのままに駅前までゆき、オールナイトの映画館へ入る。
だいたい、この手の映画館で上映するのはエロ映画で、
「にっかつロマンポルノ」の出現するのは、このすぐあとのこと。

映画は低コストで作られるために、おおむねモノクロであって、
濡れ場になると突然がごとくカラーになる。
実はのちに監督として名をなす人材が、競って作ってもいたのだ。

ごんべ、風呂上がりの上気とカップ酒のせいで、
10分も観ていると眠ってしまうのだが、気配があって目覚めたりすると、
おかまさんが寄り添っていたりするのだ。

ごんべはノンケだが、つまり、男に興味はないが、
戦後のどさくさ仕舞た屋の並ぶ裏の小路に友だちが多かったから、
仲間のとーちゃんは、長い髪したおかまさんでも違和感なかったのだね。

免疫があったのだ。
だから、いつしかエロ映画館では、石鹸の匂いのする学生さんといわれ、
眠っていても悪さされることなく、守ってくれたのだねぇ。

そのなかに彼がいた。
3年年上の若手のおかまさんで、ときには朝ご飯を奢ってもらい、
彼の小綺麗なアパートへいって映画論を拝聴したりした。

その言葉の端々に知性を感じるので、聞いてみると、
ごんべが受験して、あえなく落ちた某大学を休学中だったのだ。
根暗ごんべが都会へでていって初めて得た親友であった。

東京オリンピック景気に湧く街は、あっちもこっちも掘り返し、
昼夜を問わずの突貫工事であったから、
深夜の道路工事のバイトはいくらでもあったし、時間給もよかった。

なので1週間いってはお給金もらい、次の1週間はちんたら遊ぶ。
が、ときどき微熱をだし、無性にだるくなって、鶴嘴振るのがムリになった。
それを案じた彼がほかのバイトを紹介してくれたのだ。

麻雀屋のボーイだった。
お茶汲みや使い走りをしたりと、ラクではあったけれど、
ある日、喀血して洗面所を赤く染めた。

駆けつけてくれた彼が病院へ運んでくれ、
半月ほどして、かの蛞蝓三畳間を引き払って、
郊外の結核療養所へゆくことになった。

大きな挫折ではあったけれど、あのことによって、
ごんべの人世は確実に変わったといえる。
どっちの道がよかったかは、神のみぞ知るわけで.........

その人世のエポックに、
付き添ってくれた彼には感謝あるのみ。
わが人世のなかで尊敬する一人ではある。

天気予報通りに曇ってきた。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4238-fe9afbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うまいもん食べてしばらくはシアワセ «  | BLOG TOP |  » 木漏れ日の坂へ座っていたい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する