topimage

2017-06

ちっちゃなシアワセ重ねて日々過ぎていけばいい - 2015.11.03 Tue

6時30分に書斎のカーテン開けた。室内で17.8℃。
いい天気だ。朝焼けが東の空を赤く染めている。
いまの季節がいちばんよく眠れるゥ。

え、いつでもそういってるって??
ま、そりゃそうだけれど...........
毛布の温かみが身体に馴染んでちょうどいい。

昨日の昼間あたりも、ちょっとだけ寒かった。
オレは別にどーてこたァない寒さだったが、
雪国育ちのパトさんが、かなり寒がってるのだね。

 15113-a2.jpg
 ↑朝フォト

ストーブが欲しい、というのだ。
「あなた、寒くないの?」
まだこれっぽちの寒さじゃ、それほどにない。

なんだこれ? と思った。
温暖地方育ちのオレのほうが寒さに強いのか。
たぶん、寒さに対する観念がちがうらしいと気付いた。

パトさん地方は、寒さのピークの格が違うから、ハナから備える。
で、ちょっと寒くなったら暖房する。
こっちは中途半端な寒さだから、ちょっとだけガマンすれば通れる。

なので厚着したくらいで、別にストーブも要らない。
あまり暖房に頼らないのだ。なので............
温暖な静岡人のほうが寒さへの耐性があった、なんておもしろいねぇ。

ま、サンプルが1コだけだから、個の問題かもしれないが、
パトさん炬燵で丸くなり、
ごんべ平気で部屋駆けまわるってな...............

 15113-a4.jpg
 ↑昨日の夕景

今日は「文化の日」か。
ちかごろは祝祭日を旗日といわなくなった。
国旗を出す家もないしね。

ごんべたちが若い頃には、けっこう日の丸がでていた。
これって、教育現場の国旗掲揚や君が代斉唱の拒否と関わるのかしらん。
だとしたら、なにを教えてきたんだろ?

 15113-a3.jpg
 ↑昨日の夕景

マクロレンズが、銀塩カメラ時代から使ってるギコギコなので、
最新のタイプを買うことにしたのだが、
なんともPENTAX user には疎外感が漂うのだな。

つまりサードパーティ製のPENTAX Kマウントがないのだ。
そりゃま、何度も合併を重ねてきた会社だが、
なんといっても一眼レフを誕生させた老舗だからねぇ。

タムロンやシグマのサードパーティ製のラインナップに、
Kマウントがないという悲哀を味わいつつ、
純正レンズの100mm macroを発注したのだった。

 dfa100.jpg

決め手は「クイックシフトフォーカス」なのだね。
つまり、AFでだいたいのピントへもっていき、
そのままフォーカスリングをを微調整するとMFになるというシステム。

マクロ撮影にはタイヘン便利な機能で、
長時間屈むのが苦手な小デブにはありがたい。
3日後には配送される予定。紅葉撮りが愉しみィ。

 15113-a5.jpg
 ↑朝のひかり

気温が19.2℃まであがってきた。穏やかなイイ日和。
「今日は3日ですよ.......」とパトさんがいう。
はやいな、もう、丘の上へゆく日なのだ。

もう何度目か忘れた。でも、まだ100回にはならないんだね。
カミさんの月命日に一回も欠かさずに墓参り。
パトさんもいっしょにいってくれるから、ゆける限り続ける。

すっきりするんだ。気持ちがね。
ここからだと7分くらいだし、ちょっといってこれる。
午前中にいってこよ。

 131114-hk17_201511030929110ce.jpg
 ↑昨年の紅葉☆画像クリックで拡大します

普通の人は普通の日常かもしれないけれど、
どったんばたんのおひとりさまを体験してくると、いまがねぇ。
ちっちゃなシアワセ に包まれているのだ。

それほどたいしたことじゃない。
ご飯ですよ、といわれて食卓にいけばいいだけのシアワセ。
腹いっぱい食べちゃうシアワセだ。

1コ2kgのダンベルもってスクワットし、
シャワーしたあとで体重計に乗ると、1.5kg落ちていて、
なぜか以前みたいに劇的に減らないけれど、それでもシアワセ。

お小遣いを3ヶ月貯めておいたらレンズが買えた。
これで、紅葉をキレイに撮りたいと意欲がもりもり湧いてくる。
いくぞーとアクティブごんべになれるのがシアワセ。

そうだよね。
そんなに力むこたァないんだ。。
ちっちゃなシアワセ重ねて日々過ぎていけばいい。

なにも、大きな望みはない。
できるだけ長く、こういう日が続いてゆけばいい。
そう願うだけ。

 他人を幸福にするのは
 香水をふりかけるようなものだ
 ふりかけるとき
 自分にも数滴はかかる

なるほど、これだな。
ユダヤのことわざらしいのだが、
はからずも、不肖ごんべの処世術でもある。

寂しがりんぼのごんべは、幼いときから、
相手に優しくすれば、その何分の一かは自分に戻ってくる................
ってことを知っていたのだねぇ。

自分が優しくされたいから、相手にも優しく接するってこと。
でも、過剰に求めてはいけない。
それは思いが不発に終わったときの衝撃をやわらげるため。

自分に数滴でもふりかっかったら..........
それがシアワセだと思うくらいでちょうどいい。
これが、いつも、どこかで醒めている所以かもしれないな。

もう、余分なことは考えない。
今日一日が普通に過ぎて、普通の明日がくるだけでいい。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

普通の家族に見える我が家にも

普通じゃないところがあって・・・・。
でもそれは、家族の胸の内にだけしまい込んでいるから。
我が家はやっぱり「普通に幸せな家族に見える」かも^^
指折り数えて・・・の、特別な日を夫と二人で過ごせて、幸せでした。

私いつも言うのよ。
人は必ず死を迎える日が来るのだと。
だから受け入れたらいいと。
ただその迎える日が、あまりにも・・・。
「これって不公平じゃないの!」と言いたくなる瞬間があるのです。
誰に言うのかといわれても、困るけど、きっとその時だけ現れる天の神様なんだろうな。

ごんべさん、
今の幸せを大切にね、お二人の笑顔を思うと^^
私もなんだか~~嬉しいもの。

Re:菜菜さん

ありがとう。
今日は月命日なので墓参りに行ってきました。
あの8年間があったので、いまがシアワセなのですね。

こんな不公平ってあるのか。
何度も思ったのだし、やりきれなかったけれど........
やっぱり、それでも明日はくるんだかからと、
前向いて生きてけばなんとなるんだって思う。

で、その決断は、
他人のコトじゃない、自分のコトだから、思いきるときゃ切る。
天の神様、呼び込んじゃう。

いつもありがとうございます。
見守っていてくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4223-31c2034a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まァ、ぼちぼちといかまいか «  | BLOG TOP |  » 過去の轍を絶対に踏んではならない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する