topimage

2017-10

シアワセを感じつつ炬燵でうとろうとろ - 2015.11.01 Sun

11月だど−。穏やかな日曜日 だァ。
のっそり起きたら7時半だった。
8時間のぐっすりこんこん。寝坊助2人はなんぼでも眠る。

ダンベルスクワットのせいで、あちこち痛い。
両手に2kgずつのダンベルもってするスクワットは応える。
15回で限界となり、そこからダメ押し3回。

アバラがこむら返りするんだな。
いててててぇ..................
反対側に反ると、こっちもなる。

ハッ、ハッ、ハッ、ハァー。
臍下丹田に力を入れて息を吐ききる。目眩がする。
なんとかの冷や水かねぇ。

 15111-a1.jpg
 ↑朝フォト

「たまには買い物ゆかない?」
めずらしくパトさんのお誘いがあった。
ちかごろは、あなたとゆくと買いすぎてしまう、といって1人でゆくのだ。

で、ご近所スーパーへ車でいった。
「今日は思いきり買うから.............」っていうのでね。
カゴ2杯、ほんと思いきり買った。これは歩きではムリだな。

鍋にするっていう。
鍋は、おひとりさまのとき、よくやってた。
好きな具をというから、タラとハマグリにした。美味かったァ。

 「ごはんめも」←Please click. !!

15111-a2.jpg
 ↑朝のひかり

書斎に座って、ぼけぇぇ..................................
カーテンってそそぐ光を表現するね。
傍らのサイドテーブルからカメラとってレンズ向ける。

次第に頭んなかの靄が晴れてきて、珈琲が飲みたくなる。
今朝は思いきり寝ちゃったから、
台所から朝餉の支度の匂いがしてきて、パトさんの存在を確認する。

 鱈鍋の匂い残りて夜が更ける  ごんべ

そのまんまという駄句だが、
秋の夜長の部屋に、鍋の匂いがほのかに残っていて、
ちっちゃなシアワセを感じつつ、炬燵でうとろうとろ。

 15111-a3.jpg
 ↑朝のひかり

ふ。と笑いが浮かぶ。
たとえば、昨夜の「ふ。」は部屋に漂う鱈鍋の匂いが誘発した。
その匂いののなかにいる自分を、客観的にみているのだ。

半年前はねぇ.................
そして、ふふふ。と自分に笑いかける。
なんか、いまも信じられないような感情がある。

オレたちね。
よく自分たちの思いを通したよな。
そう思うのだ。

 15111-a4.jpg
 ↑すずめ

あまり遠くないむかしにこんなこと書いてた。
アハ、そのネタ帳見つけて笑った。
オレらしいなって............

 西に、寂しがるひとあればいって、あなただけでないんだよといい、
 元気を取り戻せば、ああ、よかったねと喜び、
 ま、お節介にならない程度に、さりげなく、さりげなく.......

 東に、自ら悲しみの淵に佇むひとあればいって、
 あなただけではないんだよといい、
 さりがなく、さりげなく、手をさしのべて、その笑顔に安堵する。

 そんなひとに、わたしは...............
 なるつもりは、まったくないのだけれどねぇ。

オレって、いまもむかしも単純なんだ。
みんなハッピーでなくちゃ、とは思う。
でも、深入りしてはいけない。

いまのオレに、なにもできるわきゃないんだ。
だから、深く関わりもったって無責任なんだからね。
オレはオレで、あなたはあなただから........

ランキングの登録抹消して、ほかの人のブログをみなくなった。
だから身辺穏やかだねぇ。ほんと............
心掻き乱されてまでいるこたァないのにねぇ。

それでもなお??
なにを発信したいのだろうか。
よくわからん。

 101125-o118_201511011027056a0.jpg
  ↑2013.11.・小國神社☆画像クリックで拡大します

なんか、わくわくするゥ。
上の写真は2013年の小國神社なのだけれどね。
こんな光景が今月末には観られるんだからなァ。

で、唐突ながらも、
17年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」なんだそうで、
井伊家といえば彦根城なのだが、そのルーツは遠州井伊谷にある。

そもそも井伊家は、今川義元が桶狭間に没してのち、
井伊家24代直政が最初は外様として、徳川家康に仕えるわけで、
それ以前は今川に仕えていた。

父の直親は謀反ありとして今川氏真に謀殺されたが、
このとき直政 (幼名虎松)は2歳であったので、
父直親の従妹にあたる祐圓尼が直虎と名乗って井伊家の当主となった。

と、まァ、直政が成長するまでのピンチヒッターおんな城主であったわけだ。
赤備えなどの勇猛井伊軍団を築き上げた直政の陰にあって、
おんな当主は、これまであまり表に出なかったが、漫画では人気だったらしい。

で、早くも地元はわくのだなァ。
紅葉の季節になると1度はゆくのだけれど、
浜松市北区井伊谷に、井伊家菩提寺の龍潭寺がある。

龍潭寺に隣接して井伊谷宮があり、
大河ブームを手ぐすねひいて待っているという..............
地元としては大いなるチャンスってことだ。

 141127-rt04_20151101112355b5a.jpg
  ↑龍潭寺のたたずまい

龍潭寺には、本堂裏手に小堀遠州作の庭があり、静かな佇まい。
井伊家の赤備えの甲冑なども展示されている。
隣接の井伊谷宮にも、淀君の書簡などの展示があった。

 141127-rt03_201511011123579d3.jpg
  ↑龍潭寺のたたずまい

龍潭寺は湖北五山といわれ、
後醍醐天皇の第七皇子が開祖の方広寺などとともに、
浜名湖の北にはなかなか由緒ある古刹が多い。

 141127-rt11_20151101112358787.jpg
  ↑龍潭寺のたたずまい

以前、NHK大河ドラマの「山内一豊」で掛川城が脚光を浴びた。
「直虎」は17年放送ということだが、
さて、柳の下に泥鰌はいるだろうかねぇ。

湖北も新東名ができてからは観光バスが多くなった様子。
このチャンスを逃さないように、地元も頑張っておくれ。
どういう脚本ができるか愉しみでもある。

さて、来週は紅葉撮影スタートだな。
ほなあした.....................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4221-09310e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去の轍を絶対に踏んではならない «  | BLOG TOP |  » トータルしていいことのほうが多ければ上出来

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する