topimage

2017-08

文句なんかいえるわけがない - 2015.10.25 Sun

お!! きたな。って感じの朝。空っ風 の赤ちゃんが吹いてる。
デスクの気温計も22.1℃を示したまま。
そうだ、10月も最後の日曜日だもの。秋も深まったァと................

遠州名物空っ風が、朝いちから洗濯干しを揺する。
まだまだこんなもんじゃない。吹き始めの赤ちゃんだな。
たぶん、風の音が毎日聞こえてくる。

いままでの住み処は台地の陰だった。
いまは、そのうえだから、吹きっさらし。
家康が浜松城で聞いた松籟がくる日もくる日も鳴るはず。

 151025-a1.jpg
 ↑朝フォト

ポイントが貯まったので普段履きの靴を買った。
通販で靴を買うとなにかとあるのだねぇ。
なにせ靴だから...........

これは、踵の後ろにジッパーがあるデザイン。
サイドよりも履くのにラクか、と思ったのだが、さにあらず。
ブーツの踵には曲線があるのだ。

 151025-a5.jpg

まっすぐなスポッと入るデザインと違って、
ジッパーがスムーズに動くわけがない。
かくしてジッパーはただの飾りと化したのでありましたァ。

 151025-a4.jpg
 ↑空は碧い

ちぎれた雲がすっ飛んでゆく。
窓をきっちりと閉めないと、ひゅゥゥ..................
空っ風の笛が鳴る。

遠州名物空っ風は、子供の頃から馴染みだけれど、
いつだったか仕事で上州へ1ヶ月出張にいったときに、
いやァ、こっちも凄ぇ、と思ったのだ。

たぶん、向こうのほうが上だね。
ともに、かかァ天下の土地柄でもあるけれど、上州の女性と、
お知り合いになったことがないので、どっちが上かはわからない。

ただ単に強くて亭主を尻に敷くってのは誤解で、
どちらも亭主をよくタテるしっかりもの、しかも働き者だから、
亭主野郎が少々向こう見ずでもなんとかするって強さなのだねぇ。

 151025-a3.jpg
 ↑和かなひかり

菜菜さんのコメントにパトさん感激。
最初は、ごんべにいっぱい食べてほしくて、
塩分とか、血糖値だとか、なにも考えずにつくっていたらしい。

で、隣のセンセで血液検査してでた結果に、
ちょっと考えを換えざるをえなかったというところ。
ほんとは、料理をいっぱいつくりたい。

でも、おさえなきゃいけない。
そこにジレンマがあるらしいのだ。主婦としてのね。
これでもか、って並べて写真撮ってもらいたいのに..........

ごんべのお一人さま料理は、
まず、ウマいと思える料理がつくりたい、ところからスタート。
だから、塩分もへったくれもあったもんじゃなかった。

やっと5年目くらいから、ちょっとだけ考えたけれどね。
で、この2ヶ月ほどのパトさん料理の結果が出た。センセがいったのだ。
薬飲んでて、この数値はねぇ??

そりゃァま、考えざるをえない。
とにかく塩分減らせ、これが緊急課題。
品数多いと個々の塩分がトータルして多くなる。

栄養士さんがそう教えてくれたのだ。
だから、なにかとたいへん。
ありがとうな。

 151025-r1.jpg
 ↑昨日のご飯

ごんべは豚肉派、パトさんは牛肉はだったのだが、
最近は、ごんべの所望により豚肉を食べるようになって、
ポークも案外美味いんだね、ってね。

昨日の味噌汁は ちょっと味が違った。
豆乳がはいってるんだっていう。黙って食べる。
1回も文句いったことないよ。

つくってくれるんだからね。
オレ、なにもしなくていいんだからね。
文句なんかいえるわけがない。

 151025-a2.jpg
 ↑和かなひかり

昨日に続いて、わが敬愛する斉藤清作伝説のつづき。
のちのたこ八郎少年は映画が好きで、
人を感動させる俳優になりたいと志したのだという。

が、ごんべもそうだったように思春期の少年は、
鏡に写ったおのれの顔にコンプレックスを抱くのだね。
清作少年は考えたのだ。

ボクサーになって有名になれば俳優になれるかもしれない。
そう思ったのだという。
ところが彼の左目は子供の頃から視力を失いつつあった。

ボクサーになるには、これを隠し通さなければならない。
で、検眼表のすべてを丸暗記して、テストをパスした。
これはノーガードで突き進む彼の戦法とも関連する。

この戦法では、パンチドランカーになってしまう。
それでも、彼にはこの戦法しかなかったのだ。
打たれても、打たれても、打たれても前にでていく。

カッパの清作こと、斉藤清作選手は、
相手がうんざりするほど、ノーガードで突き進み、
打ち疲れたところをしとめる戦法をとったチャンピオン。

日本フライ級王座を2度防衛して引退し、
由利徹さんに弟子入りした。
コメディアンになってからのエピソードは、あちこちで語り尽くされた。

天衣無縫なたこワールドを、どう見るかは人それぞれ。
まるっきり、パンチドランカーであったわけではなかったという。
秘めたるなにかの片鱗をみせることもあったとか。

あるときテレビディレクターに問われ、あれは演技だといい、
「巷に雨が降るごとく我が心にも雨が降る...........」
とベルレーヌの詩を諳んじたというはなしが語り継がれている。

毎日泥酔して寝小便し、滑舌の悪さなど、
パンチドランカーであってもなくてもいい。
その天使のような心根は多くの人に愛されていた。

正直いうとごんべが尊敬したのは、ボクサー「カッパの清作」だったから、
テレビで、コメディを演じる彼が痛々しくて見てはいられなかった。
世間一般の彼を見る目がつらかったのだね。

「オラが結婚してっやっから............」とあき竹城さんがいったとか。
1985年、真鶴の海へ泥酔して入り、心臓麻痺を起こして召されてしまう。
「今日の海は静か過ぎる。オレが賑やかにしてやろう」といって............

笑っていいとも、でタモリ氏が一報した。
オレは衝撃を受けた。
でも、これがふさわしいかも................ と思った。

「たこ八郎を完璧に演じて死んでいったのだ.」
誰がいったのか、この言葉が好き。
オレはいまも、この人の生き様を敬愛してやまない。

やっと23℃になったよ。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4214-6588a9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パソコンもって日当たりのいい部屋へいこ «  | BLOG TOP |  » 写真に必要なのは好奇心だけ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する