topimage

2017-10

写真に必要なのは好奇心だけ - 2015.10.24 Sat

久しぶりに 深夜ごそごそ虫 になったのだ。
例によって、夕餉あとに眠ってしまい、
ベッドへいったのだが、なんかしらん大汗かいて目覚めた。

身体拭いたり、着替えしたりしたら、すっかり目が醒めて、
パソコン前に座って、ぼけぇぇ...........................
あ、そうだと、Amazonで本4冊注文したり、眠くなったのが1時。

それでも今朝は7時に起きた。
で、居間のソファーで、いつもより余計に、ぼけぇぇ.........................
珈琲飲んでもさっぱり醒めない。

 151024-a1.jpg
 ↑昨夜のお月さん

夕方、せんたくもの取り込んでるパトさんが月を見つけた。
だいぶ大きくなってきた。
飛行機が、月のわきを飛んでいった。

ざんねん。
カメラの設定していて撮り損なった。
めったにないチャンスなのに.......

月を撮ってるうちに暗くなり、夜景を撮ったのだ。
いまのカメラは難しいはずの夜景も、オートで撮れてしまう。
十字光芒は網戸越しで撮れるから、おためしあれ。

 151024-a2.jpg 151024-a6.jpg
 ↑夜景はいかが?

よそのBlogを見せていただいて、
わッ、わッ、わッ、のわがみっつ、みつわ石鹸みたいな、
心を打たれる写真がある。撮る人がいる。

それはけっして、
取り澄ましたいかにも写真っていう顔をしていない。
撮ったかたの心が写されているものに感動する。

だから、写真は写心だっていう。
撮る人の気持ちが伝わってくるのがいい。
優しい人は優しい写真を撮るんだねぇ。

 151024-a3.jpg
 ↑夜景はいかが?

この写真は、網戸と硝子戸越しに、
向かいのスーパーの看板ネオンサインを撮ったのだが、
フォーカスをマニュアルにして、適度にぼかすとこうなる。

夜だって、けっこう遊べるんだね。
すぐに結果が見られるデジタルカメラでこそだと思う。
必要なのは好奇心だけ。

 151024-r1.jpg
 ↑夜景はいかが?

パトさんの、ごんべを腹いっぱいにさせない作戦は続くのだが、
実は、当のごんべは、これで腹いっぱいになってる。
昨夜あたりはシューマイが4コだからね。

あれは2コでいい。
って、ここへ書いちゃうと減らされるか。
芋と蓮根の煮転がしでも充分な満腹感はあるよ。

主婦としてはねぇ、
これでもかァ........ って料理写真ならべたいのはやまやまなれど、
ごんべに長生きさせなきゃいかんから、そこんとこガマン。

 151024-a5.jpg
 ↑夜景はいかが?

蝶のように舞い蜂のように刺す、
と形容された偉大なるボクサーがいた。
カシアス・クレイ、のちにモハメド・アリと名乗る。

徴兵拒否をした背景と、
そのことによって剥奪されたチャンプの座を、
再び、その手に戻すまでの苦悩があった。

彼の生涯を描いた本を何冊か読んだし、
難病に冒され、オリンピック聖火を震える手に握った姿は、
ボクシング大好きなごんべの脳裏に焼き付いている。

モハメド・アリもビッグマウスといわれた男であったが、
もうひとり、ビッグマウスなボクサーがいたね。
最後には、対戦相手の耳を食いちぎったヒールの中のヒール。

運命よ、そこをどけ、俺が通る!!
といった男、マイク・タイソンだけれどね。
この2人の生涯は対照的だね。

ごんべが憧れて、あげくにボクシングジムに通うようになった人がいる。
当時の日本フライ級チャンプだった斉藤清作選手。
彼の戦績は、34勝(11KO)8敗1分と立派なものだった。

誰あろう、のちのコメディアン、タコ八郎さん。
この人のボクシングが大好きで、
木曜日の夜は1杯の中華そばで、そば屋のテレビにかじりついていた。

斉藤選手のノーガードでつきすすんでいく姿に、どれだけ励まされたことか。
彼は由利徹さんに弟子入りしてコメディアンになり、その飄々とした芸風は、
ボクサー時代の戦法ゆえにパンチドランカーになったといわれた。

が、あれはすべて演技であったという説もある。
コメディアン・タコ八郎を完璧に演じきっていたのだというのだ。
彼がよく口にした言葉は「めいわくかけてありがとう」。

そのちょっとあと、もう1人、カシアス内藤も好きだった
カシアス・クレィから名前をとった、カシアス内藤。
非凡な才能を持ちながら世界へ出ていけなかったボクサーだった。

内藤の欠点は、その優しさにあった。
あと一発のトドメが刺せないボクサーは消えざるをえなかった。
アリスの名曲「チャンピオン」は彼をモデルにしてつくられている。

 やがてリングと拍手の渦が一人の男をのみこんでいった
 立ち上がれ もう一度その足で 立ち上がれ 命の炎燃やせ

 君はついに立ち上がった 血に染まった赤いマットに
 わずかに開いた君の両目に 光る涙が何かを語った

ごんべもボクサーに憧れた時期があった。
もと長距離ランナーのスタミナだけが取り柄の練習生。
それでもジムへ1年半通っている。

が、結核に冒され喀血したことで、夢は挫折し、
挫折のなかのどろどろした毎日を、のたうちまわる自分に嫌悪した。
わが、ずたぼろ青春の1ページである。

現代のビッグマウス、亀田興毅選手が引退した。
彼の伝説はこれからつくられる。
素顔は、案外と素直でいいヤツらしい。

あ、寒くなってきたど。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●

おはようございます

>誰あろう、のちのコメディアン、タコ八郎さん。
懐かしいなぁ~タコ八郎さん大好きでした。

私は具志堅 用高さんからのボクシングファンですので、
それより先に活躍された皆様の話は夫からの情報が主です。
タコさんは元プロボクサーだったと折に触れて話していました。
ごんべさんの記事を拝読していたら、夫の語り口を思いだしますよ(w


>これでもかァ........ って料理写真ならべたいのはやまやまなれど、
いやぁ~その、あの、↑この言い方はぁぁ(w

品数は、見栄えと言うよりも、
体には品数がある方がいいと思うし。

煮物もあれこれ入れると作る時に量が増えてね。
でもね、あれこれ入れる方が風味が出て美味しいし。
人参と小芋だけでは煮物はかえって作りにくいよ。

食べる時には、少量食べると何日も続くしね。
ついつい1回の盛りつけの量が増えるよね。
小鉢に小芋2個、タケノコ1、こんにゃく1、人参1
なんて減らすことは簡単でも、それではお鍋から煮物が減らない^^;

フォトを拝見するたびに、奥様の気遣いが伝わってくるぅ~~。
食事制限を考えながらの台所仕事は大変です。
お互い頑張りましょうね~奥様。

Re:菜菜さん

たこ八郎さんの続編書きました。
もう没後30年にもなるのですねぇ。

品数はトータルが多いと塩分もおおくなるそうです。
そのあたり、今日の本文で書きました。
浜松の主婦はむかしから働き者で、夕方まで亭主を助けて働くので、
いわゆる「総菜文化」が普及しています。餃子もそのひとつです。
要するに、総菜画充実していて、それを買うのですが。
パトさんは3時頃からゴトゴトやっております。

>お互い頑張りましょうね~

エールありがとうございました。
と、パトが申しておりました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4213-1207eeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文句なんかいえるわけがない «  | BLOG TOP |  » いまはなんにもしなくていい妖怪泥ィ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する