topimage

2017-11

されど退き際をも知るべし - 2015.09.29 Tue

昨夜 9時に「寝るゥ」といって寝室へいった。
それから今朝6時30分まで、眠り妖怪泥ぃになった。
9時間半も眠り呆けるだんなて、まさに妖怪。

だから眠剤なんぞのお世話になったことがない。
眠くなったら、ふにゃふにゃの妖怪になる。
だから、たぶん長生しそうだが、それっばかりはねぇ??

今朝はすこぶる気持ちのいい朝になった。
天高く鰯雲が浮かんでるよ。
卓上の温度計は23.8℃。まだTシャツ短パンだけれどね。

 15929-a1.jpg
 ↑朝フォト

寝るほどラクはなかりけり。
バァちゃんがいつもそういってた。
三年寝太郎のはなしを聞かせながらねぇ。

テレビはない。ラジオだってめったに聞かなかったが、
むかしの人は物事をよく知っていた。
喋るコトが唯一の娯楽でもあったからね。

ああして、庶民の智恵を言伝していった。
それは文化の伝承だけではなく、
家族の絆のコミュニケーションでもあったのだ。

父母を、祖父母を殺すだなんて絶対に思わなかった。
いまの家族形態は、生き物のあるべき姿に、
反しているのではないかと思うのだが、いかがだろうか?

 15928-a11.jpg
 ↑スーパームーン

昨夜はスーパームーン。細かい理屈は抜きにして、
お月さんがいちばんでかく見える日だったのだね。
8時過ぎ、かなり上にいってから撮ったので赤くはない。

むかし、地球のまわりを2つの月がまわっていた。
って、知ってる?
それが衝突して、小さい方がいまの月に潜り込んだ。

なので、月の裏側には荒々しい光景があるらしい。
なんて見たいって気はあるが、
オレ、閉所恐怖症なので、宇宙船なんて乗りたくないしィ。

15929-a2.jpg
 ↑空眩し

珈琲もったまま、ぼけぇぇ...............
今朝は西向きの和室の出窓から鰯雲をみあげていた。
頭はまだ覚醒していない。

 いわし雲寝呆けしままの目に眩し   ごんべ

珈琲が美味いなァ、最初のひとくちがねぇ。
あ、今日もシアワセぇ............ って思う。
なにもなくても、こうしていられることがねぇ。

 15929-r1.jpg
 ↑晩ご飯

「あと2日、ガマンしてね」とパトさんがいう。
食費予算がオーバーなんだそうな。
アハ。つくる人がそういうんだからしかたがないよな。

別にィ、2日くらいイイじゃん。
ごんべは、ええからべぇ。
相方は、きちんとしなけりゃ気がすまない。

ま、なんとかしてくれるでしょ。
文句はいわない。

 141024-f01_201509290841102f5.jpg
 ↑オキザリス☆画像クリックで拡大します

昨夜はお月さんが大きくなる「スーパームーン」だった。
これを、奥床しくいうと「十六夜」で、いざよい。
月がでるのを、いざよふ、つまり、ためらうんだね。

十五夜より月の出が40分ほど遅くなる。
それを躊躇うと表現するわけで、いいなァと思う。
今日は立って待ってればでてくるという「立待月」。

明日は、さらに遅くなるから座って待ってる「居待月」。
明後日十九日は「寝待月」ってわかりやすい、
二十日月は「更待月」って、日本って素晴らしいねぇ。

「ヤバイ」は褒め言葉として定着したってなにかで読んだ。
言葉は世につれっていうけれど、
この奥床しい日本の言葉も忘れちゃいけない。

 141025-f02_20150929084111203.jpg
 ↑オキザリス☆画像クリックで拡大します

「あなたは、失敗をそんなに重ねても、
 なぜ、また行こうとするのですか」

と、記者がしつこく食い下がったので、
その登山家は半分ヤケクソでこういったのだ。
「そこに山があるからだろ」

山へなぜゆくのですか、の問いに、
そこに山があるからだ、ってのは定石だが、
そのはなしの発端は、すこーしニュアンスがちがってたそうな。

苦しくて、苦しくて、もうこないぞ、なんて思っても、
下界へ下りるとすぐにいきたくなる。
ま、それが山でもあるけれど...................

オレたちの山仲間は50歳半ばで、みんな山を離れてしまった。
もう、あのころとは違うからさ........
理由はこんなわけわからないものだった。

ごんべは60歳を境に磯釣りをしなくなった。
あのとき、伊豆半島先端の下田沖にある神子元島青根に、
飛び移った際に滑落し、転落は免れたものの己の限界を知った。

もうこれ以上やってはいけない。
そこに海があるからといって、いってはいけない。
己を知ることが、世間に迷惑をかけないコトなのだとね。

まだまだイケる。そのために頑張る。
こういう思いとは相反するのだが、ごんべ自身は退いたし、
仲間たちもみんな退いてさばさばしている。

若いうちに限界を知っておくことは大切なのだと思う。
そこに山はあるし、海もある。
が、オレたちはあの頃のオレたちではない。ただ、その一点。

男は遊びに浪漫を抱くべし。
されど退き際をも知るべし。
浪漫を浪漫として抱き続けるために。

なんちゃって........
みんな、ええかっこしィなんだよ。
へたばって、いたわられたくないって、それだけのこった。

だから無理しない。
それがいちばん。身の程知るってコト。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4187-ec7f9b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

布団落て夜中の寒さに秋の深まりを知る «  | BLOG TOP |  » 傍迷惑なロマンであったに違いない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する