topimage

2017-06

エライんだぞオレになんの値打ちがあるものか - 2015.09.15 Tue

今日もイイ天気だ。天高く ごんべ肥ゆる秋。
ま、秋に限らない。ご飯がうまいなァ。
なに食べても美味いってのは、おひとりさまのときからだ。

7chの「ポチタマ」って番組の「旅犬まさはる君」みたいな、
いつでも「なんか、食べるものなァい」って、
せっかちに歩いてるのが、ごんべだからね。

最近は「てんちゃら...........」やっつけて、もとい、
書き終えるとお昼になってる。
のんびりまったり、あっちいったり、こっちきたり。

なので、パトさんが朝散歩にいってしまうわけで、
「終わったよ。どっかいこ........」ていうときはもういない。
タイミングがあわない。

この街の探訪が面白いらしい。
旧市街だから、街道にむかしながらの商店がある。
化粧品店と魚屋と手作りパン屋に寄ってきたと愉しそうにいう。

 15914-my03.jpg
 ↑ 彼岸花咲いてた

お昼食べて「いってくるからね」というと、
「わたしもいく........」ってタフなんだよ、この人。
万葉公園へ彼岸花の開花を見にいったのだ。

里の日当たりのいい場所は、一面真っ赤に咲いていた。
万葉公園は、茎が伸びてツボミがついたところ。
あと1週間だね。相棒ごんたクンと出直す。

 15914-a1_20150915073101569.jpg
 ↑ マイナスイオンが......

園内を散歩したがなにもない。
椿の森を覗いていたら、下りようという。
「きついよ、これ.........」

 曼珠沙華の赤竹林染めにけり  ごんべ 

結局これを下りた。下りたら登らなければいけない。
帰りは不動寺の石段だからね。
「ヘぇぇ、へこたれたの」こういわれちゃね。奮起する。

 15915-a2.jpg
 ↑ 石段125段.

行きはよいよい、帰りは125段。
弱味は見せられねぇ。
石段の下で根性入れて一気に登ったのだった。

汗拭いてから、お不動産へお詣り。
ことさら信心深いわけではないが、神社仏閣あれば、
必ず頭は垂れてくるのだ。

万歩計は7000歩だそうな。
軽い疲労感が心地いいのだよね。
で、晩ご飯で...............

 15915-r1.jpg
 ↑ 晩ご飯

昨夜のメインは「アカイカ刺身」だった。
朝の散歩で買ってきたからリキはいってるんだな。
で、なのだね。なんか足りない。

汗掻いた。
イカ刺しがある。ビールがないッ。
残念ッ。

 15914-my04_201509150832255a1.jpg
 ↑ アキアカネ☆画像クリックで拡大します

赤い花なら曼珠沙華♪ なんて歌を知ってるって、
年齢がァ......... ってことかもしれないが、
むかしの流行歌は寿命が、そりゃもう長かったんだ。

彼岸花というよりも、まんじゅしゃげ、まんじゅしゃか。
お寺の周りに咲いてたり、彼岸に咲くから、
悪ガキどもも、この花にはわるさしないんだねぇ。

むかしのガキは、たしかに悪戯したけれど、こういう分別はあった。
つまり、親なり、世間なりのしつけなんだと思う。
いまは、そういうものがない。

そういうものを知らずに育った子供が親になった、ってことか。
新入社員が上司に叱られて、
親にも叱られたことがないと、大泣きしたって時代だもの。

 15914-my02.jpg
 ↑ ミツバチ☆画像クリックで拡大します

お一人さまのときに、
「エライぞオレ」にはならん、なんていってた。
それがなにかというと、こんな台詞。

 芸の世界ならば、
 海老蔵は団十郎を超えられるかもしれない。

 が、オレは,いつまでも、うじうじ,うじうじ。
 カミさん失ったことを超えられない。
 
 今年は、ちょっと違うぞ。
 「エライぞオレ」って思うことにした。
 ほんとにエライんだからな。オレって...........

半分はイイ加減に慣れ、
半分はこんな風になにかが抜けてゆき、
ま、半分半分のヘンなヤツになりかかっていた。

パトさんにいわせると主体性のないボケ爺ィであったそうな。
煮え切らない、なにを考えているやら..........
本人は半分半分のヘンなヤツでいいと思っていたからねぇ。

最後まで「エライぞオレ」にはならなかったし、
呆けたままだけれど、それなりに素直だからねぇ。
猜疑心なんてのは、これっぽっちの欠片もない。

執念執着なんてのも、ここのネタではあるかもしれないが、
実際にオレの頭には存在しない。
ほかのところで、そんなもの見ると尻に帆掛けてしゅらしゅしゅしゅ。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
気がつかぬはおのればかりなり。
くわばらくわばら。

どこぞに桑原って土地があるんだってね。
なぜか、そこには雷さんが落ちたことがないそうな。
で、ゴロゴロゴロと鳴り始めると、くわばら、くわばら。

ここは桑原なんだかんね、落ちたらダメだよって。
アハ、これもバァちゃんが教えてくれたこと。
三つ児の魂百までも、けっして忘れないものなのだよ。

ここで前章の「親なり、世間なりのしつけなんだと思う」なんだな。
ことさら、エライぞオレなんて思わなくていいんだ。
他人になにいわれたって、窓際で呆けていればいい。

その「エライんだぞオレ」に、
なんの値打ちがあるものか。
呆けていたほうが、なんぼかラクチン。

さて、隣の医院へいってくる。
ほなあした........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

コメントをどうぞ!!
朝フォトと駄句だく
ひとりごとです
ごはんブログ


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4173-6b9f0b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世に終わらないものはない «  | BLOG TOP |  » 誰も明日の自分をわかりはしない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する