topimage

2017-08

いやァ、これはホント。 - 2015.07.20 Mon

いっぱいの、お祝いメッセいただき、ごんべ感激。
ありがとうございます。
大変にうれしいですゥ。パトさんといっしょに感涙。

てなわけで、世にも酔狂なおひとと、
ちゃらんぽらんごんべの共同生活が始まった。
なんにしてもラクチン。自分でしなくてもいいってのはねぇ。

昨日の午後に家具屋さんがきて、書斎が完成。
オイらの城ができあがったど。ヤッホー。
組み立て家具だったので、深夜0時まで汗だっくだく。

このあいだ熱中症になりかけたから、とにかく飲む。
すると汗だらだら。
ふと気付いたらTシャツの胸に、塩が吹いてた。

組み立てを手伝いにくるのだが、8年間一人だったひとと、
いままでずっと一人だったひとと、
どっちも主導権をとりたがることが判明したのだ。

いまんところ、笑ってすむ。が、それからさきは??
そういえば、怠けもんの神さんはついてきたのか。
まだ、顔をださないけれど.......

 15721-a11.jpg
 ↑ 書斎が完成

いちばん気に入ったのは、どの部屋も明るいところ。
書斎にした部屋は北向きなのだが、
光り燦々で昼間も照明が要らないのだ。

それから風が、どの部屋も吹き抜ける。
エアコンを入れなくてすむのは、
なぜかエアコンきらいなごんべには、はなはだイイ。

ここはネットでチェックしてなかったのだが、
不動産屋に案内されて、一発で決まりとなった。
ゆったりと暮らす。そのための広さが確保できたからだ。

 15721-a12.jpg 15721-a5.jpg
 ↑ 本箱2本

あれだけ捨てたのに、本箱2つに入り切れなかった。
本を捨てられないごんべとしては、
清水の舞台から飛び降りたつもりだったのにねぇ。

あの3LDKからもってきたもの、つまり、
ごんべの抱えていたガラクタは、この1部屋に収まった。
なにせ5tくらいは捨てたんだからねぇ。

 1572-a4.jpg15721-a13.jpg
 ↑ 光り燦々

NTTの固定電話をやめてしまった。
保留ってことだけど、ま、使うことはないと思う。
電話機も子機が壊れていたので、新しいのに換えた。

ところが、話中音がなって通じない。
光電話だからSoftBankのカスタマセンターへ問い合わせた。
まだ、あちらさんの認識がないのだそうだ。

1週間しても通じなかったら、もう一度電話ください。
ってね。めんどくさいんだよ。
20字以上の数字を打ち込まないとつながらないから.......

そしたら、昨日の午後に突然聞き慣れない音がする。
外部からの電話だった。
知らない間につながっていたんだ。

 14827-km12_20150720082224b59.jpg
 ↑ 通り雨のあと

ごんべ、いうことがコロッと違うでぇ。
ま、そうなんだけれどね。
どんなに強がりいっても、一人より二人がイイに決まってる。

けれども、お互いに生きてきた分だけしがらみ背負ってるから、
まっさらな若者みたいに、そう簡単にはいかない。
これが世間ってもんだよね。

いまを愉しく生きる。
それをできるだけ将来に続けてゆく。
そうしなさい、と強く背中を押してくれたのが、すぐ下の妹。

「あなたは暢気でイイなんていってるが、
 心配かけてることも意識しなさいよ」

「えぇ? オレ、心配かけてるのか?」
「当たりまえでしょ。誰かいないの」

その下の妹は大阪のおばはんになりきっていて、
「わたしの周りのおばはん、
 見繕って宅急便で送ったろうか」という。

気儘暢気がいちばんとかいってるが、
その実、兄妹たちにも、
こんなに心配かけていたと知ったのが3年まえ。

でもね。まだ、1人が2人になりたいとは思わなかった。
だいいち、ステディくらいにはなるけれど、
カミさんのこと口にした途端に気まずくなったからね。

オレにとってのカミさんは女房以上のモノだった。
母でもあったし、見守っていてくれる菩薩でもあった。
だから、いまあるごんべを語れば、そのはなしはくっついてくる。

で、これなんだね。
「あなたの心にわたしの入る隙間がない」
でも、ここだけは妥協できない、融通の利かない男だからねぇ。

だいたいが、この壁にぶち当たって粉砕されるのだ。
が、妥協はしたくない。
それが、オレのカミさんへの恩返しだから........

ところが、世の中には奇特なおひとがいるもので、
いっしょになって背負ってくれる人がいた。
が、ときどき寂しそうな顔はする。

それが、ありがたいと思った。
ヤヤコシイヤツを理解しようとしてくれている。
これが2年余続いた。

出会いって、薮から棒がひょっこり出たようなもの。
とくに、赤い糸なんてそうだと思う。
いい雰囲気になったって、無理にひっぱったらきれちゃうしィ。

なにがきっかけになるかはわからない。
どこで、頑なな心が解けるかもわからない。
ただひとつ、人世っておもしろいなァ。いやァ、これはホント。

今日もアツそうだな。
ところで梅雨は明けたのかしらん?
ほなあした.........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
 
これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
改装開店いたしました
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おめでとうございます

ひえーっ!そんなことだったのですか?
でも、まずは、おめでとうございます。

いや、引っ越しの話が出た時、??と思わなくもなかったのですよ。

家具のほとんどを捨てる・・・・って奥様の思いを断ち切るのにしては潔ぎよすぎるなって感じてました。

それにしても貴方は役者だわ。微塵もおくびにも出さず、あっと驚く為衛門ですなー。

ともあれ余生を共に過ごして下さる方がおられて喜ばしい限りです。

生涯一人では可哀想と同情してましたが、もう同情しません。

なんだか羨ましくなってきた(夫が死去して半年も経ってないのに薄情な女房だ、幽霊になって出るぞって言うかも・・・幽霊でも会いたい)

良かった!良かった!ブログも2倍面白くなりそう!

Re:cokirinさん

ありがとうございます。
アハ。
あっと驚く為五郎ォじゃなかったですか。

でも、日頃書いてますよ。
プロのエッセイストではないのだから、ここにすべては晒さない。
ブログに現れたごんべが、ほんとのごんべであるかは、
本人だけが知っているってね。

役者かどうかは知りませんが、自分自身を守るためではありますね。
すべては晒しません。それが読んでくださる方を欺いたかは別です。
こんべは、こういうポリシーでブログを書いています。

だから、こういう環境になるので、
多くの人の目につき易いランキングをやめて、
これからの、ごんべらしき人物の物語をブログに書いてゆきます。

幽霊でも会いたい。
女性はそうおっしゃいますね。
ごんべは、でてこなくていいよ...... といってました。
目頭のなかの、あの人でいいですから.......


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4116-d245b23d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

川はすぐには交わらない «  | BLOG TOP |  » てなわけでございまして、ハイ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する