topimage

2017-08

オカネモチだったらお嫁にいってあげるゥ - 2015.05.26 Tue

可燃ゴミの大袋2つもって 2回下へ おりていった。
昨日の断捨離のほんの一部。部屋なんかちィッとも減ってない。
ゴミに出せるものは、ゴミに出す。

ネクタイが20本出てきた。このなかから10本残した。
たしか、リタイアしたとき100本は捨てたのに、まだあるんだ。
ネクタイは、サラリーマンの顔みたいなもの、折に触れ買ったのだね。

ごんべはノーネクタイ否定派。
クールビズだかなんだかしらないけれど、
ネクタイのないVゾーンほどだらしないものはないと思ってる。

ネクタイ外して省エネになるのであれば、アロハでもなんでも、
半袖のカラーシャツ着てたほうがマシだよね。
で、ネクタイ外すと襟がジャケットの襟上にでたりしてカッコ悪い。

で、とってつけたように、猫も杓子もボタンダウンシャツだろ。
これまた、みっともないったらありゃしない。
って、もとアイビー族でボタンダウンしか着なかったごんべは嘆くのだよ。

ネクタイはずせばイイってもんじゃない。
人前に出る人はオシャレを貫いてほしいんだなァ。
沖縄ならかりゆしウェアだとか、焼津なら魚河岸シャツだとか。

郷土オリジナルのほうがよほど気が利いてると思うけれどなァ。
あ、ネクタイね。一応は10本残した。
けれど、このさき、することあるんだろうか??

どこゆくにもジーンズだからね。
ジャケット着るなら木綿のジャンバーのほうがいいんだし、
アハ。たぶん、いらねぇ。

 15526-asa4.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

ほんと駄句だなァと思う。恥ずかしィ。
ま、臆面もなく、毎日、ぼぼけた脳味噌からむりやり、
直感だけで引っ張り出してるんだからねぇ。

ま、ボケ防止の頭の体操くらいに思ってる。
このだらだらだらと長文なだけが取り柄というブログも、
ボケ防止にはなろうかと..............

でね。本箱整理のなかで「類語辞典」がでてきた。
へぇぇ、いまとエラい違って向上心があったんだな、おまえ。
そうはいっても、つんどいただけで、ひらいた記憶がないヮ。アハ。

 15526-asa6.jpg

奥付あけたらね、昭和62年発行だった。
あ、あのころは、いまみたいに検索一発がないからねぇ。
自分で紐解いて憶えてゆくから、1つの言葉を探して10の言葉を覚えた。

Webが発達し、ブログなんぞで1億総エッセイストって時代になった。
このWebの海には、ほんともウソも混沌として彷徨っている。
その判定をするのは、閲覧者でしかない。

 15526-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

午後になって、カミさんの和服を娘のところへもっていった。
あと1回もってゆけばおわり。
姑さんとなんか創るらしい。小物入れとか。

帰りに手作り弁当屋さんに寄ってシャケ弁を買った。
冷凍してない肉が限界なので冷しゃぶにし、
キャベツを茹でて下に敷き、ポン酢にリンゴ酢混ぜてかけた。

 13513-mk07_20150526092108ec9.jpg 13513-mk11.jpg
 13513-mk08_201505260921110ea.jpg 13513-mk15_20150526092113d5b.jpg
 ↑ 公園散策☆画像クリックで拡大します

ごんべ語録のひとつに、

 一芸の誤魔化しに秀でたものは多芸をも誤魔化す

ってのがある。

石の上にも3年っていうよね。
ごんべの料理も、その3年を往復して、また折り返している。
だから、誤魔化しも随分と上手になったァ。

長年やってきた魚釣りでは、
そのときの環境にあわせて、魚と上手に遊ぶことのできるのが、
いわゆるキャリアであり、遊びの名手でもある。

われわれamateurは漁師さんじゃないんだから、
量を競うのは本筋じゃないわけで、
いかに、お魚さんと知恵比べして遊ぶかだけ考えてればいい。

つまり、攻め方のセオリーをどう組み立てるかを愉しめばいいのだ。
キャリアを積めば、魚と遊ぶコツもわかってくる。
ま、料理だってそんなもん。

なんていうと、立派なレストランのシェフや、
老舗料亭の板さんに叱られるかもしれないが、
ま、キャリアが発展を生むのは、ごんべだっておんなじ。

加えて、ほんのちょっとのセンスと、
失敗をおそれない勇気があればいいわけで、
好奇心旺盛なオレは、なんでも現場主義でおぼえてゆく。

まず、いい加減にやってみる。
やってみなければ,次のステップへ上がれない。
だから、いい加減こそ上達への途なんだよね。でへぇぇ。

 135113-mk03_20150526093936802.jpg
 ↑ 公園散策☆画像クリックで拡大します

いつだったか、カメラオフ会 の昼食時、隣に座ったおばばに、
「ごんちゃんって、オカネモチ?」といわれたことがある。
ま、なにをいいたいかは見当がつく。

「どーして?」
「オカネモチだったら、お嫁にいってあげるゥ」
「.........................」

ま、ありがたい申し出ではあるし、けっこう美人さんだったが、
いまの一人気儘に不自由はないし、だいいち、
オカネモチでないのはたしかで、ご期待には添えそうもない。

オカネモチはたしかにシアワセの要素ではある。
ないよりはあったほうがいい。
お一人さま女性の求めるところ、ボンビーごんべは失格らしい。

オレねぇ。
オカネモチといえるほどのオカネモチに、
かつて、なったことがないから、なんともいえない。

そのかわりだねぇ、
宵越しのカネはもたねぇ....... という快感は充分に知ってるゥ。
が、こんなこたァ、なんの自慢にもならねぇ。

父親の栄華と没落をみてきている。
てっぺんからどんぞこまで、どうせ、この世はこんなもんだと、
したたかに生きる術もいつしか身についた。

オレの人世おもしろかったァ..........
と呟きながら目を閉じることができれば、それでいい。
ま、望みはこれだけ。

死ぬ瞬間は、痛いのか、はたまた苦しいのか??
エンドルフィンという脳内麻薬を大量に放出し、
苦痛もなにもない状態で死ねるって、どこかで読んだことがある。

カミさんは、3歩あるいて心臓麻痺だったから、
え、わたし、死んじゃったの?
っていうようなやすらかな顔をしていた。

心臓が停止しそうな状態のときには、
血液の循環が悪くなり、脳が正常に機能しているはずもないので、
痛みを感じていないのだというけれど.............

昨日、テレビでイギリスの物理学者、
スティーブン・ホーキング博士のドキュメントを観た。
彼は「天国や死後の世界は実在せず」といっているそうな。

それは「おとぎ話」にすぎないってね。
ま、それの真偽だっていってみなけりゃわからん。
いくら聞いてみたって、わからんことだけはわかっている。

だから、あくせくするこたァない。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4072-8353bb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本当の幸福は近くにあると和尚がいった «  | BLOG TOP |  » やり始めたらトコトンのトンって因果な性格でもある

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する