topimage

2017-08

おもしろかったでぇといえりゃ、 それだけでいい - 2015.05.11 Mon

ときどきというか、しばしばと いうか。
ベッドへゆくまえの記憶がなくなる。ちょっとヤバイのだ。
6時に目覚めた。寝足りてはいる。だから起きることにした。

居間へゆく。眼鏡が定位置にない。これもヤバイのだな。
ヘタに動けない。踏み潰すおそれがある。最後に正常に外してないのだからねぇ。
かけたまま眠り呆けて、そこいらに落っこちたのだ。

ソファーの上に脱ぎ捨てたジーンズにくるまっていた。
靴下が片一方ないど、どこだァ??
ま、寝坊助すてれんきょーの朝はたいへんなのでありました。

「Dash村」までしか記憶がないから、8時頃からうたた寝してたのか。
ベッドへいったのは............. わからん。
ま、どっちにしても8時間は眠ってるんだから、シアワセぇ。

珈琲もって外に出る。ちぃーとばっか肌寒い。
薔薇がいっぱい咲いている。赤い花が眠気眼に眩しい。
大輪のガーベラを窓の下へ置く。カミさんの好きな花だった。

 15511-asa2.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

昨日も、衣類の整理をした。
リタイアした身に、白いワイシャツはほとんど着るときがない。
なので、白のアンダーも2枚だけのこして、あとは処分。

ついでに、漂白剤を入れて洗濯しておく。
眩しいくらいに、真っ白になった。
ワイシャツを2枚のこし、クリーニングに出しておこう。

ここまでで、すでに衣類ケースが4つ。
まだまだ、捨てようが足りんのだ。どんだけ、あるんだよ??
じゃァ、なにを捨てる? むつかしいねぇ。

で、昼頃からあちこちが痒くなった。
アレルギー体質だからね。たぶん、ダストに反応してる。
中断してシャワーで洗い流す。

このペースだと引っ越しは秋になっちゃう。
ごんべお気に入りのスーパーの隣に空き室があったのに.......
16畳のLDKってそんなにないからねぇ。

 15511-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

昨夜は野菜カレーに焼き肉。
焼き肉のサラダは白菜で、これがシャキシャキの食感がいい。
ドレッシングはオニオン。

これだけ野菜を食べて、ご飯はほんのちょっぴり。
まだ、結果は出ていない。
が、頑張らなしゃーないねぇ。

 15511-km3.jpg 15511-km1.jpg
 15511-km2.jpg 15511-km4.jpg
 ↑ 名も知らぬ小さな花たち☆画像クリックで拡大します

♪ この広い野原いっぱい.........
2、3日まえにBSで森山良子さんが歌ってた。
デビューしたときは、日本のジョーン・バエズといわれたんだな。

 「花はどこへ行った」 ←クリック

そのジョーン・バエズの「花はどこへ行った」が1960年だからねぇ。
彼女は、市民権、人権擁護に捧げた人生といわれ、
2015年「良心の大使賞」を受賞との記事があったので、お元気な様子。

彼女の歌は、いわゆる反戦を含めたバラード・フォーク。
そのあとに「朝日の当たる家」を聞いてしまうと、もう、いかん。
蛞蝓のでる三畳間のアパートへ引き戻されちゃう。

ときどき微熱だして、シミだらけの天井見上げてた。
それがなにかがわかっていて、脅えながらラジヲ聴いていたのだが、
バイト先の麻雀屋で喀血したのは、その翌年。

ごんべの生涯でも、いちばんのどん底。
ま、あまり思いだしたくないからやめとこう。
で、この写真処理しながら、想ったのだけれどねぇ。

最近は、野原の名も知れない小さな花が好きなんだね。
いつもゆく河川敷公園も、草がだいぶ伸びていた。
たぶん、公園課の職員さんがきて、きれいに刈ってしまうだろな。

そのままにしておいて.........
そう、思うのはオレだけかしらん。

 15511-km5.jpg
 ↑ 名も知らぬ小さな花たち☆画像クリックで拡大します

24時間営業のスーパーでレジすませ て、駐車場に向かう途中に、
後ろから、むかしの役職で声をかけられた。
振り返ると、ごんべのチームのスタッフだった女性だった。

「お聞きしましたァ...........」
と、もう、うるうる目になっている。
そういえば、この人はごんべが面接したのだった。

「こんな時間に買い物されるんですね。安心しました」
ヘンなところで、らしいですねっていわれて、こそばゆい。
「むにゃ、むにゃ」とテレながら答える。

ちょっとだけ、そのあとの噂話を聞き、
「それじゃ、またね」と、
かすかな余韻を残してお互いの車へ向かった。

そう いえば、ここのスーパーで、
ごんべの直属上司だった副社長に何度かお会いした。
つい先日も「たまには会社へ寄ってくださいよ」といわれた。

けれど、いつも曖昧な返事でお断りするのだ。
その気は微塵もない。未練の欠片もない。
身を引いた翌日から、オレにとって、まったく関心が失せている。

たとえ、自分が創り出したものでも、
自分が育てたスタッフであっても、
彼らののポリシーで創造しはじめたものに、関心はない。

だからどーでもいい。
いつまでもひきずるなんて、まっぴらごめん。
なんか、知らないけれど、オレって、これで通れる人なのだ。

あんたって、どこかに冷酷さをもっていないかィ?
それはあるかもしれない。自覚している。
オレね。いちばん夢を描いて翔こうという青年期に、結核療養所にいた。

その挫折感と無為に過ごした3年ちかくの重み。
これがオレの生涯を左右したといってもいいし、
それがまたオレのバックボーンでもあり、生き様でもある。

シャバに戻ったら、悔いのない人生を歩こう。
そう思って当然だよねぇ。
で、あそこから帰ると、みんな、なんかしらん虚無感をもつ。

そのとき、そのときを、全身全霊注ぎ込んで生きよう。
それを積み重ねていけば悔いはないはず。
オレもそう思って、ハミだし人世を歩みはじめたわけでもある。

が、そうして生きるための集中力は、よくもって5年なんだね。
そろそろ結果がみえる団塊になると萎えるのだ。
人一倍頑張ることは簡単なのだ。けれど、それを維持することはむつかしい。

萎えたならば、新たな目標にむかって転進するしかない。
だから転機に迷いはないし、冷酷に切り捨てもできるのだ。
これが、40歳過ぎてから、三つの仕事を仕上げてきた所以でもある。

結核病棟での悶々とした時間と、
シャバに戻っても、抗生物質の後遺症に苛まれ続けるオマケがあって、
そこから這い出てきた挙げ句の処世訓でもある。

生きているって、それだけですばらしいこと。
この一生を後悔のないように生きる。
それがオレの挫折を背負った人世の宿命だってねぇ。

ま、気負ったものではあるけれど。
いま、ぼけぇぇ.............. と、いつまでもしてられるのは、
その反動なんだろうね。

そして、最後に目ぇつぶるときに、
「あァ、オレの人世おもしろかったでぇ」といえりゃ、
それだけでいい。

穏やかな日和だね。
どこか歩いてこよう。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4057-17f6a4ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消えた昔が、みんなかえってきそうな気がして..... «  | BLOG TOP |  » 明日へつながるちっちゃなシアワセがあばね

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する