topimage

2017-08

ときどき心を入れ替えるが知らぬ間に元へ戻ってる - 2015.04.28 Tue

夏日とまでは ゆかないものの、暑かったねぇ。
ハイ。Tシャツ短パンでございますよ。
ヒジョーに早いのだけれど............

25℃くらいいったのかな。
車のエアコンいれたからねぇ。
北海道が夏日だもん。こんな気候はめちゃくちゃだねぇ。

買い物ゆくまえに、いつもの公園へいって2周する。
300歩くらい。汗びっしょりで、あと1周はヤメ。
タンポポは綿毛になって、ハルジオンとシロツメグサが目立ってきた。

川の流れは濁っている。これは上流の田搔きが始まったからだ。
用水に水が導かれ、田圃を潤して川へ流れる。
公園の木々も緑に溢れて、あ、吹いてる風も南風なんだな。

 15427-asa2_20150428075114c74.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

速歩すると息があがる。無理をしない。2周でやめた。
元アスリートもざまはない。
もっとも長距離走ってたのは、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とむかし。

でも、足が痛いだの、膝が痛いだの、いったことはない。これは自慢できる。
ま、腰はちょっとだけ痛いけれど........
身体のガタがこれくらいですんでるのは、鍛えたおかげ。

ただ、ごんたクンとどこかへ往くとね。
体重差分だけ、彼のほうがスタミナあるかなァ。
オレ、すぐにヒィヒィいうからね。

ちょっと待ってよぉ、ヒィヒィヒィ.............
汗ぼたぼたで、そういうのはいつもオレ。
アイツ、汗もかきゃしない。

 15428-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯
 
これがマズイな、とは思っている。
ときどき心を入れ替える。が、知らぬ間に元へ戻ってる。
で、ナニをしたか? とりえず食うモノ減らした。

皿に山盛りのキャベツ炒めを食う。新玉葱半コ分をもりもり食う。
これで満腹中枢は満たされている。
で、夜7時以降はなにも食わない、ってエライねぇ。いつまで続くゥ?

実は、普段着のジーンズのボタンがはめにくくなった。
ヘソの下へ力入れて、うッと腹ひっこめといて、ボタンはめる。
フィィィ...............と息をつく。これじゃいかんがな。

ま、せめて、このジーンズが穿ける範囲内にしとかなくちゃァ。
ってことで、今日もどこかへ歩きにいってきましょ。
PM 2.5の白っぽいくもりだけれど..........

 15427-ue1.jpg 15427-ue2.jpg
 15427-ue3.jpg 15423-ue3.jpg
 ↑緑の 河川敷公園散策☆画像クリックで拡大します

いつだったか、蚊に刺されて痒いィ、なんて書いたら、
「あんたんとこは網戸もないのか」といわれた。
オンボロマンションのボンビー生活だけれどね、網戸くらいはあるよ。

ぜんぶの窓に網戸はついているし、4年くらいまえに張り替えた。
じゃァ、蚊はどこから入ってくる?
蚊だけじゃないよ、ときには大きなハエや、蜂まで入ってくるゥ。

別に歓迎してるわけじゃない。ま、いうなれば頓着ないってこと。
つまり、ずぼらなごんべは網戸をマメに閉めない。
めんどくせーから昼間はずっとあいている。きたるもの拒まず。

ま、いいじゃん。生きとし生けるもの、みんな友だち。
わざわざ4階まで飛んでくるんだ。
追いかけまわして、ぶったたくこともなかろう............ て思ってる。

アリだってくるし、トンボや蝶、夜はカミキリムシ、カナブン、セミ、etc........
田舎だからね、いろんなもんが飛んでくる。
オレね、みーんな歓迎しちゃう。嬉々としてお客さんにカメラ向けてる。

あんまり神経使って暮らしたくはないんだナ。
蚊に刺されたっていいじゃん。
いっとき痒ければすむことだし、痒み止め塗ったらすむことだしね。

自然児ごんべでいたい。
いま、だれも文句いわないからねぇ。
アハ。

 15428-g1.jpg
  ↑緑の 河川敷公園散策☆画像クリックで拡大します

「ほんとに、オニィが 花を?」
すぐ下の妹が、顔をしげしげ見てそういった。
オレってさ、そんなにガサツな人間に見えるのかなァ。

好きなんだ、自然がねぇ。
山歩きだって、海釣りだって、自然の懐に抱かれることなのだからね。
いまはゆかない。とことんやってきたから、もういい。

若いときのオレじゃない。
だから遠くで眺めるのは好きでも、いまは足を踏み入れない。
別にポリシーあるわけじゃない。もういい............ これだけだなんだ。

そりゃァ、釣りは最低限の殺生はするけれど、
優しい心がなかったら、一流の釣り師になれはしないんだ。
魚に遊んでもらう。挑むってのはおこがましい。

わが釣りの師はいつもいった。
「一歩下がって自然と接しろ..............」ってね。
実にもって豪快無比な人だった。

馬賊になりたくて、満州へ渡ったというおかたで、
いろいろな人生訓を、竿を並べつつ教えていただいた。
壮烈な癌死をとげて、もう25年か。浜名湖を見下ろす高台で眠っている。

ごんべは、師が旅発った年齢を遙かに超えて、馬齢を重ねてしまった。
が、いまも聞こえてくるんだよな。
「一歩下がって自然と接しろ..................」ってね。

 釣りの旅に出たい、清流に浸かり、
 とりどりの自然の恵みを余さず享受し、
 豊饒な生命の香りにむせぶ清流の旅を…。

 これは入院、手術、通院でなす術もなく、
 ただ焦脳悶々と思慕を募らせてきた、
 昭和55年初夏からの切実な願望だったのである。

 自然界に溶解する釣りの営為は、
 凡庸な私には思い及ばない豊かな情趣を秘めているが、
 それをどこまで受け入れ得たかとなると、
 憧憬とはいささか冷徹な様相を呈するのである。

 生命と釣りと、どちらが大切であるか、気儘も程々に…、
 お小言をいわれているばかりの私。
 ドクターよりようやく外泊許可が出た。
 ただし、野宿、野営の自炊生活以外の宿泊まり、
 近県に限り、ということだった。
 
 闘病生活に疲れ果てたとき、
 森林浴、清流浴という豊潤多彩な営みが、
 何物にもかえ難いこころとからだを癒してくれるのである。
 
 清流に謳う。
 釣りの旅は生きているという、
 再発見の喜びを取り戻してくれた。

これは師の遺稿集の一文である。
この釣り旅を終えて、電車を待つホームで、禁を犯して1缶のビールを飲む。
ほろっとしながら生きる喜びを満喫するのだ。

オレにいかなるオシマイがくるのかはわからない。
それがいつかもわからない。
ま、無為にも似た日々を過ごしていることが、師に申しわけないねぇ。

けれども、ちかごろのオレに気負いはない。
飄々とまではいかないにしても、自然のなかに抱かれて、
こうして、稚気ちきばんばん、生きていけることが至上の喜びではある。

たま〜〜〜〜に、生臭くなりかけるとオマジナイを唱える。
のんべんだらりんちゃらんぽらんそわか。
アハ、師が向こう岸で笑ってるよ。修行が足りんッ、ってねぇ。

遠くが霞んでる。PM 2.5だな。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4044-8c748a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その舌の根が乾かぬうちに、すぐまた惚れて身を焦がす «  | BLOG TOP |  » 人世いろいろ、オシマイもいろいろ...........

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する