topimage

2017-10

オレの悔いのすべてはそこにある - 2015.04.21 Tue

春の嵐はいってしまったようだが、雨がりの風 が強い。
終日曇りのようで、すっきりした晴れはおあずけ。
ベランダでてみたら、さぶゥ。風が冷たい。

おまけにサンダルに水が溜まっていて、靴下びっしょり。
なぜ、足許みてから履かないの?
そういって、よく叱られたんだ。カミさんにね。

ま、そんな神経もちあわせちゃいないからね。オレ、いい加減だね。
子供がそんまんま爺ィになったようなものだから.......
あ、つめたァ。

 15421-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

珈琲片手にぼけぇぇ........ と前の道路を眺めている。
まんなかに小さな新入生を入れた小学生の列がやってきた。
昨夜の嵐の水溜まりを避けて列が蛇行する。

いまの子供たちって行儀がいいんだねぇ。
オレたちがガキの頃だったら、その水溜まりへ必ず足入れるヤツがいた。
誰とはいわんけれど..............

ムクドリが1羽飛んできた。
前のめりになって電線つかんでいる。風が強いからだ。
なるほど。流線型になって風の抵抗をちいさくするんだな。

ごんべ爺ィ、珈琲片手にぼけぇぇ.......... としているけれど、
いくつかのなるほど。を感じ取ってるんだ。
ま、あいかわらずの直感駄句だくは、しょーもないけれどね。

 15421-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

なんかしらん、いっぺん温めたフライパンで、
3品ぜ〜〜〜〜〜んぶやっちゃったって晩ご飯だね。
鮭を醤油バターで焼いておいて、その上に新玉乗せるのにハマッてる。

んで、かけるのはヤマサの昆布だしポン酢だよ。
けっこうイケる。
別にネットで見たわけでも、誰かに教わったわけでもない。

単なる好奇心だな。
あ、これうまいかももってねぇ。
そのまえは、生姜にんにく焼き肉のタレだった。

こいつね。
美味いけれどなにもかも真っ黒になって、見た目がよろしくない。
なので、なにかいいもんないかな、と。

 15420-s3.jpg 15420-s2.jpg
↑ しずくマクロ☆画像クリックで拡大します

TPPマラソン協議が終わった。コメの押し売りはどう決着したのか。
ま、アメリカのゴリ押し圧力はいまに始まったことじゃないけれどね。
オバマ大統領がこういったそうな。

 ワシントンではたくさんの日本車が走っているのに、
 東京にはクライスラーやGM、フォード車がどれだけあるか。

でかい。価格高い。燃費悪い。
ま、こういうアメ車買うのは酔狂っていうもんだろ。
日本向けの車つくる努力したらどーなんだってね。

オレたちの若いとき、アメリカ文化が怒濤のごとく押し寄せて、
そりゃァま、どっぷりと浸かってはいたけれど、アメ車に憧れなかった。
やっぱり欧州車だったからね。

映画の画面で、オープンのアメ車のまえでツイスト踊ってたの観て、
オレたちはシーンズにジャンバーの襟立ててカッコつけたし、
ちょっと年上の女の子たちは、落下傘スカートでジルバ踊ってたけれどねぇ。

ま、オレたち、戦争でなんにもないところに生まれはしたが、
ひょっとして、いちばんいい時代を生きてきたんじゃないか、ってちかごろ思う。
高度成長からバブルにかけて、これがいつまでも続くと思ったもの。

で、昨日どこかのチャンネルで観たのだが、
日本とアメリカが戦争をしたのを知らない生徒が多数いるってはなし。
「で、どっちが勝ったの?」と聞くに及んで唖然とした。

歴史認識がどーの。
隣国にいわれるけれど、自分の国のなかで教えてないのだ。
教えない。知ろうとしない。

そのうち、あることないこと丸め込まれてしまう。
それでいいのか?

 15420-s4.jpg
↑ しずくマクロ☆画像クリックで拡大します

ごんべが 脱サラしたのは 39歳だった。
ま、それまで10数年はサラリーマンやってたわけで、
世の中ァ、高度成長時代まっただなかで、給料が5年で倍になった。

ごんべのボンビー所帯もやっと人並みになったころ。
ある日突然に、親会社から役員が出向してきて、希望退職50名を募ったのだ。
もう、青天霹靂ってヤツで、200名ばかりの社員が慌てふためいた。

で、ごんべねぇ。イの一番に退職願いだした。
つまりは、退職金+支度金という資金つきの脱サラだからねぇ。
こんなオイシイはなしは、めったにありゃしない。

それから2年間はバイトで、社会勉強(?) に努めた。
損保会社いったり、フリーライターしたり、
ま、遊んでいられるのが第一条件ではあった。

カミさんがこういった。
「中途半端には動かないで、しっかり見極めて............」
ワタシがなんとかするから....... に甘えていたのは否めない。

充電期間だなどと都合のいいこといって、
その実、あっちこっち釣りにいってばかりだったからね。
この間はカミさんの働きに、おんぶにだっこだった。

旅費と宿泊費、釣り経費は自分で稼いでいたけれど、
いま、あの頃を思うと、感謝をどれだけしても足りないと思ってる。
「しかたないわ、こういう人と一緒になったのだもの.......... 」

カミさんはこういって、ケロケロと笑った。
「最後はワタシのところしか、帰るとこないんだからね」
女盛り働き盛り、結婚式場の仕事が面白くてしかたがなかったカミさんだった。

ちっちゃな会社を起こしたのが、この年の春。
それから先は、仕事、仕事、仕事、単身で頑張る生活が続いていった。
カミさんは、一生懸命に働いて支えてくれた。

いまもって「あんたはしたい放題したんだねぇ」といわれる。
たしかにそうではあるから、ひとことも言い訳はしない。
しかし、オレの夢は、カミさんの夢でもあったことはたしかなんだ。だから......

オレの頑張りを彼女も共有し、
彼女の頑張りの支えをごんべも共有した、
ってことにならないだろうか?

やっぱり、ムシのいい、いいぐさなのかなァ。
それから10数年シャカリキ頑張って、カミさんを呼び寄せ、
マンションも買ったのだけれど.........

ま、2人とも、ここが終の棲家だと思う気持ちはまったくなく、
なんとなく仮住まい感が拭えなかった。
この予感があたったのか、わずか2年でカミさんは病に倒れた。

「どうしたい?」
「帰りたい.............」

オレは躊躇しなかった。
いっぺんも文句いわずにしたがってくれた人が、
自分の思いを初めていったのだ。

もういい、オレの夢は果たしたからな。
それから故郷へ帰って、もう一度シャカリキに働いて、
64歳で、自分の衰えを感じてリタイアした。そこまで8年間。

これからは、オレがおまえにお返しするからな。
そういった矢先に..........
オレの悔いのすべてはそこにある。

あ、青空でてきたど。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4036-37d55126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

涙で目が洗えるほど泣けば視野が広くなる «  | BLOG TOP |  » オレにとっての愛の勲章だねぇ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する