topimage

2017-08

いまもちろちろちろちろ燃えつづけている - 2015.04.10 Fri

朝方寝返りしたら、真上に黄色の お月さんが あった。
そう、窓際のベッドの頭のほうはレースカーテンだけ。
だいたいが3秒でバタンキュだから、夜空を観ることはない。

満天の星に抱かれて眠るのが好きだから、ベッドはここにある。
あの、どれがカミさんの☆なのだろうか..........
ま、爺ィにそんなロマンの欠片もないけれどねぇ。

信州の河原で観た星空や、伊豆諸島の神津島で観たクリアな夜空、
浜名湖に浮かべたボートの上で、小さな波に揺られながら観た流れ星。
いろんな夜空を観てきたな、と今朝の起き際に想った。

よしんば、空に月や星がなくても、この世に真の闇はない。
目が慣れてくると、薄っすらと見えてくる。
見えないのは、文明という灯りに慣らされているだけだ。

お月さんが空の真上にあるということは、満潮時間なんだね。
しばしば、この時間に目を醒ます。
これは長年やってきた釣り師としての本能なのか。

あるいは、漁師だった先祖のDNAがオレのなかで騒ぐのか。
いつも、不思議な気がする。
まさか、狼男に変身するわけではなかろうが........

 15410-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

わが猫の額ベランダ花壇へもときどきお客さまがある。
昨日の午後も窓際のパソコンデスクにいたら、
視界の端から端へ動いたものを感じた。花虻だった。

アザレアの花のまわりを飛び、薔薇の花芯をのぞき、
菊の葉の上で羽根を休めた。
急いでカメラをとりにいってくると、あれぇ、いなかった。

この4階のベランダに蝶が舞い込むこともある。
長居はしないけれど、ひらひらと舞う姿をみるのはうれしい。
オレの花たちが認められたようでねぇ。

先日、通販屋さんから電話がかかってきた。
「奥様いらっしゃいますか?」
以前、花のタネの頒布会員だった........ という。

そうだったね。
「パソコンでこれ頼んでくれない.......」
好きだった赤いチューリップの球根を買ったのだ。

「亡くなりましたので名簿から削除して.........」
「失礼いたしました」
と、受話器の向こうの声が一瞬ちいさくなった。

そのカミさんのベランダ花壇を受け継いで8年目かァ。
薔薇のつぼみがいっぱい出てきてよ。
その次に好きだったガーベラも葉がのびてきたよ。

 15410-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

猫舌ごんべは、冷やし豚シャブをよくするのだけれど、
湯通しの湯で卵を茹でるんだね。
茹で卵のこだわりは、どこかで憶えた沸騰してから11分。

ま、ごらんの通りの絶妙の茹で具合いになるんだねぇ。
新玉葱がそろそろ辛くなってきた。
これも熱湯をくぐらせないといかん。

なんかしらん。
ちかごろ、主夫業もベテランの域になってきたど。
誤魔化し半分のね。でへぇぇ。

 1549-f01.jpg
 ↑ オキザリスホピー☆画像クリックで拡大します
 
3月最後の週っていうのは、カミさんが1日ごとに、
遠くへいってしまったセンチメンタルウイークなので、
ま、多少なりともオレの心も揺らぐのだけれどね。

 え?
 なんか頬伝う
 なんだこれ
 玉葱刻んだせい....
 ってことにしとくか

アハ。これがないんだな、もう。
いつの間にか涙は涸れてたんだな、と、通り過ぎた10日に想う。
まァねぇ。8年目だもん。

 1549-f02.jpg
 ↑ オキザリスホピー☆画像クリックで拡大します

ごんべがカミさんのことを、いつまでも、いつまでも、
未練たらしくここへ書くものだから、
「愛してらっしゃったのですね」といってくださる。

ま、そうではあるけれど、そこには、
やや重い、いや、ごんべにとってかなり重い想いが潜むのだ。
それは、誰もが老いて罹るかもしれない「認知症」というものが絡む。

実際にカミさんはそれではなかったのだが、
自分の母親が、8年間も施設にお世話になった事実がある。
酸素吸入が必要になってからのカミさんは、急に物忘れが酷くなった。

それは、脳への酸素の不足であったり、
食が細いゆえの栄養の不足であったりしたのだし、
実際に、アルツハイマー検査の結果になんら兆候はなかったのだ。

しかし、本人の「母のようになる」という恐怖心は拭えなかった。
そして、ワタシがそうなってからのあなたのする苦労が........
母での辛さを知るだけに、これが彼女をどれだけ責めたのだろう。

1月のある朝、あの人は半年分溜め込んだ眠剤を飲んだ。
のーてんきに目覚めたオレだが、さすがに物音がしないのを怪訝に想い、
カミさんの部屋にいって、嘔吐物のなかに蹲っているのを見つけた。

いまどきの眠剤では、1日眠り惚けるだけですむ。
そのときは酸素不足で倒れたと思っているし、それが、
カミさんの悩んだすえの自裁であったとは、これっぽちも思わなかった。

それをのーてんきなオレが知ったのは、通夜の深夜だったのだ。
娘の「おとーさんにはいわないで........」といわれたとの告白。
オレは、そのあと朝になるまで、お棺に縋って号泣した。

それほどまでに、背負っていたものを、なぜ、わかってやれなかったのか。
それを悔やみ、やり場のない想いがオレを苛んだ。
カミさんを失ったというのに、さらに重圧かけて押し潰すほどの後悔だった。

「あなたに迷惑かけるくらいならいっそ..........」
これが切なくて、しばらくオレは慟哭してばかりいた。
あの人が、そんな.........

その自裁未遂騒動のあとのカミさんは、
所帯もつまえの21歳の恋する娘にもどったのだ。
オレがテレまくるほどに、あれは、オレに恋をしなおしていた。

その根底には、認知症や死への恐怖がないまぜになっていた。
なのに、その気持ちに添ってやれたのか、オレは。
その想いが、途轍もなく大きな後悔となって、オレを押し潰した。

いまにつづくカミさんへの想いはそれであった。
自分の連れ合いが自ら死のうと思い詰めたのだ。
なのに、なんでオレは............

「愛してらっしゃったのですね」
そういっていただく言葉は間違いではない。
いなくなって、いっそう、あの人への愛が増したのも、ほんと。

ただし、悔いという厄介なものが付随した。
いまは、冷静にあのころを振り返ることができる。
最後の1年を、いっぱい、いっぱいオレのために生きてくれたのだ。

いまになれば、あの人の切ない思いを理解できる。
もっと応えてやりたかったのに........ その後悔はちいさくはなったが、
オレの心のなかで、いまもちろちろ、ちろちろ燃えつづけている。

あ、久しぶりにモニターが霞むぞ。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

今日の記事で貴方が奥様に寄せる想いの深さがわかりました。
切ない、ほんとに切ない。
キィを打つのに涙で瞳が曇ります。

Re:コキリンさん

あなたさまは、お別れしてまだ日が浅いのに、
切ない思いをひきだしたようなかたちで、ごめんなさい。
8年のごんべがこれではいけません。

まさに「悔いという厄介なものが付随した」これなのですね。

2枚目の・・・。

オキザリス。
印刷して新居に飾ってもいいかな?

本当は、出会いの『オキザリス』を飾るつもりで印刷をしています。
でも、印刷をすると・・・雰囲気が変わるのよね。

色合い的に、このフォトの方が好きで^^

ブログ記事に事前にごんべさんのフォトであることを書いて。
その後新居の廊下に印刷をしたフォトを飾りたいのですが
許可を頂けますか?

Re:菜菜さん

ハイ。喜んで......
新居にだなんて光栄です。お使いください。

お望みなら、元データを送りましょうか?
これをDL すると画知るが劣化します。
額縁サイズを書いてくだされば、それにあわせます。

ありがとうございます^^

昨日買い物に出て、一番いい印刷用紙(フォト用)を買いまして
印刷をしたら、OKでした~~♪
許可を頂いたので、このオキザリスも1枚追加をしちゃおうかな^^

額縁の重さを・・・・息子達と考えていたところです。
廊下の『壁紙』に貼るので。
出来立ての壁紙が重さで・・・・痛むのも困るから。
今日の買い物でフォトフレーム自体買い直すかも。

どうせ部屋の中にも、あちこちフォトを置くので木枠のフォトフレームも使います。

今は新居の小物や家具をあれこれ考えるのが楽しいですよ。


>お望みなら、元データを送りましょうか?
ありがとうございます^^
綺麗に印刷ができたので、満足しています、このまま使わせて頂きますね。

Re:Re 菜菜さん

ハイ、了解です。

これ、ゼロワンですからね。
そちらへ届いたら、ご自分で撮ってくださいな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4026-7398826e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そうでもないから世の中おもしろいねぇ «  | BLOG TOP |  » これが大嘘だったけれど、ま、しゃァーない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する