topimage

2017-10

それでなくちゃ、あいつにもうしわけないのだ - 2015.04.08 Wed

さて、4月8日 だね。天上天下唯我独尊、お釈迦様の誕生日。
そんでもって、ごんべ爺ィの生まれた日でもある。
幾つになったかって??

アハ。さっき足の指と手の指ぜんぶ使って数えたけれどね。
途中でわからなくなったから、やめといた。
別にどーてこたァない、よくもま、ここまでもったもんだって。

 ごんべ爺ィの誕生日なり花祭

 花散るやひとりに慣れしバースデイ

とかなんとか、駄句だくが浮かんだ。
それにしても寒いんだな。なんか背筋が寒くって、ぞくぞく。
しまおうと思って畳んであった、もこもこセーターだしてきた。

なんか、おかしいねぇ。
あのときから、自分の誕生日がうれしいと思える日ではなくなったので、
この寒さが余計に身に沁みたりするんだな。

 1548-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト駄句だく

ヘソの下にぐっと力を入れて、背筋のぞくぞく追い払い、
今朝ばかりは、珈琲を温めて、
そのカップの温もり掌に感じながら、ぼけぇぇ....... としていた。

一人ぼっちの誕生日も7回目だからね。
あの、カミさんを天に送った翌る日の誕生日がつらかったから、
そのあとは、あれを思えばたいしたことではない。

たしかに、つらかったのだが、
ま、これも、わが人世の定めであれば、従うしかない。
植木等さんが、青島幸夫さんを送ったとき..........

 しかたありません、そういうものです。

こうおっしゃったのだが、
植木さんの父上は、牧師から和尚になったという人で、
その無常観は、未だごんべの頭のなから離れない。

いま、はからずも独り居であるけれど、
それが、オレの定めであれば、しかたないのだ。
そういうものであれば、従うしかないのだからねぇ。

 15478asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

カツオの切り身が美味かったねぇ。
カミさんは煮物が上手だったから、その足許にも及ばないが、
「ほら、みて、みて........」と仏壇へみせにいったよ。

あの人は、たぶん、こういう。
「ごめんね、ごめんね。
 もう大丈夫だね...........」

実は、前の晩に煮て、鍋のなかの煮汁たっぷりへおいといた。
まだ、砂糖が足りないようだが、
血糖値の件もあるから、まァ、ここらでいいかって..........

 14412-km28_20150408094603a96.jpg 14412-km22_20150408094605ffe.jpg
 14412-km05_20150408094607332.jpg 14412-km15_20150408094609e48.jpg
 ↑ 晴れた日の河川敷公園☆画像クリックで拡大します

わが家の祝い事は、いつでも「ちらし寿司」だったね。
バァちゃんが大きな寿司桶で白いご飯を冷やす。
「ほら、ぼけぇとしてないで、これで煽ってぇ..........」てね。

大きな渋団扇を渡されるんだな。
金糸玉子とおぼろが乗ってたねぇ。あ、食いてぇ。
あとで、買いに行こう。

  春宵にほろ酔いなり誕生日 

これは去年の誕生日の駄句だけれどね。なになに?
ちらし寿司とカツオの刺身とアサリ鍋と缶ビール1本だったか。
よし、今日はこれでいこ。

デパ系スーパーでなきゃダメだな。
ちょっと張り込んで、カツオの刺身とちらし寿司と...........
アハ。今夜が愉しみィ。

 14412-km12_20150408100433015.jpg
 ↑ 晴れた日の河川敷公園☆画像クリックで拡大します

この「てんちゃら..........」を 読んでくださる リピーター諸氏は、
お気づきと思うけれど、不肖ごんべ、しばしば爺ィ画自讃する。
いや、自画自讃だな。

自画自讃の名手であるとも思ってるんだよね。
自分を自分で褒めちぎって、その気にさせてしまう。ま、ナルシストだ。
オレって、幼いときからこの術に長けていた。

オレを育ててくれたバァちゃんが、オレのカァちゃんじゃないって、
なんとなくわかったときから、なにかを背負ってきた。
幼心を舐めちゃいけない。それなり、そこから抜け出す術を知るんだからね。

相模屋のボンはホラ吹きだって、裏の小路の遊び仲間はいったね。
いつも夢を見ていた。夢想のなかに遊ぶのが好きだった。
その想像の世界を臆面もなく喋るものだから、ちっちゃなホラ吹きといわれたのだ。

爺ィちゃんがあっちへゆき、あの気丈だったバァちゃんがあとを追い、
オレはちょうど思春期にさしかかっていたけれど、
ま、ほんわかほんわかと通過してきたから、シアワセなヤツだったのだ。

裏の寮には10人くらい、父親の会社の若い衆がいて、
彼らは15歳の金の卵でここへきて、20歳で一人前になって巣立ってゆく。
オレは彼らとおんなじ釜の飯食って中学生になった。

3つ年上のおねーさんお手伝いが、ほんわかほんわか包んでくれたし、
ずーとむかしからいる、飲んだくれのおばちゃんお手伝いも、
バァちゃんとおんなじように慈しんでくれた。

だからオレはのほほんと育っていった。
が、中学2年で煙草を吸い、中学3年で飲んだくれていた。
不良じゃない。ちょっとだけ早かっただけだ。

そのころの親友は、裏の小路のずっと奥のほうの、
しもた屋が並ぶなかの赤提灯飲み屋の倅で、
彼の頭のよさは、オレなんかの遙かず〜〜〜〜と上のほうだった。

なのに、どこか強烈な虚無感を漂わせた大人みたいな中学生だったから、
おなじように、なんかを背負ってたオレとは、馬があうって仲だった。
昼間は普通のおばちゃんの彼の母親は、優しい人だった。

が、夕方になると、顔を白く塗り、紅さして、女になった。
その赤提灯が揺れてる屋根の上で、オレとヤツは、
煙草を吸い、酒を飲んだ。

やがてオレと彼は中学を卒業し、あいつは大阪の町工場へ住み込みでいった。
が、3ヶ月後に白い布で包まれた壺に入って帰ってきた。自裁したのだ。
その彼のまえでカァちゃんと酒を飲み、オレは思い切り吐いた。

おまえの果たせなかった夢はなんだったのか。
オレ、おまえの分も生きてやるからな。
けっして、オレがこれから歩む途を無駄にはしないからな。

ぐぇッと吐きながら、そう思ってから50年余になる。
オレは、オレを自画自賛しながら生きてゆく。
それでなくちゃ、あいつにもうしわけない。

で、おまえの命日いつだったっけ?
ごめん、忘れちゃった。半世紀だもんな。

寒いねぇ、ほんと。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事

● COMMENT ●

お誕生日^^

おめでとうございます。

本当は今日届くように。
手作りカレーを送りたかったのに・・・。
『4月1日の記事』を読んで。
純粋で疑うことを知らず、ごんべさんならありえる!と思い込んだ私は。
カレーを送るのをやめたのよ(爆

と、いうことに、しておきますね^^

今の忙しさが終われば~~お誕生日に関係なく、送るから。
それまでに、体調を戻してください。
歯がやはり・・・・長生きの秘訣だと~私は思うのです~♪

毎年^^
おめでとうをコメントできるように、よろしくです。

Re:菜菜さん

ありがとうございます。
今年のエプリフールにノっていただいて、これもありがと。

>ごんべさんならありえる

これもうれしいですね。そう思ってくださるのが......
うふふふ。
今日は速めに風呂入って、独り宴会です。
先ほど、ひとっ走りしてヱビスビール買ってきました。
100歳までイきますからね。よろしくね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4024-5c47f5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これが大嘘だったけれど、ま、しゃァーない «  | BLOG TOP |  » といったってお天道さまと喧嘩はできない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する