topimage

2017-08

といったってお天道さまと喧嘩はできない - 2015.04.07 Tue

雨後の今朝は風が冷たい。花が散ってなお 寒いのだ。
昨日の日中は23℃だったといい、
ショッピングモールには半袖Tシャツの人もいた。

こんな天候不順のままGWまでゆくのだそうな。
おいおい、といったってお天道さまと喧嘩はできない。
ま、せいぜいが体調を崩さぬよう............

何回目だろうか。歯に土台が入った。これだけで違うねぇ。
これをかばって反対側が痛くなったので、処置していただいた。
今朝はすっかり痛みが引いてる。ありがたや。

 1547-asa3.jpg
  ↑ 朝フォト駄句だく

昨日の歯医者の予約が4時半だったから、そのまえにと、
イ○ンへ食料調達にいったのだが、
その走ってるわずかな時間に、晴れてきて次第に暑くなってきた。

薄着をしていなかったので、湯たんぽ人間ごんべ、額に汗掻いた。
半袖Tシャツは極端としても、ショッピングモールのなか、
シャツだけって人も多かった。

歯医者終わると5時だもんな、弁当買っていこ。って手抜きの算段。
ここのお弁当は種類が多くていつも迷う。
で、カロリー少なめ弁当にした。500cl以下だっていう。

ごんべんちの周りには、
ショッピングモールっていえる大型店舗が、4ヶ所あって、
車ならば、せんぶ走行20分以内にある。

便利ではあるけれど、車あってのはなし。ドーナツ化現象そのもの。
いつまでも車っていうわけにはいかんだろうし、
やっと転居する気になったのも、実はそれを考えている。

深慮遠望ではあるのだ。
老いるってことは否応ないのだから自衛しないとね。
スーパーの隣がいいけれどねぇ。

 1547-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯はオール手抜き

てなわけで、昨夜のご飯はオール手抜きだから、
写真撮るこたァないのだが、ま、ここが寂しいので載せとく。
これで税込み397円。一人暮らしにゃ、これがいちばん経済はラクチン。

こまごまと買いそろえて、光熱費使ってつくるよりはいいかもしれない。
ま、食い物にはその損得勘定だけでない付加価値があるから、
毎日まいにちが弁当っていうわけにゃいかないけれどね。

一日1000円とは思っているのだが、どんぶり勘定なので、
たぶん、それはかなりオーバーしているはず。
ま、ボンビーながらも、それが負担にはならなきゃいいんだわさ。

 1542-ha22.jpg 1542-ha38.jpg
 1542-ha36.jpg 1542-ha43.jpg
 ↑ 花散る☆画像クリックで拡大します

ごんべの場合、そもそも年金を貰える年齢でも、
現役給与は持続していたので、支給を受けずに3年間留保したのだ。
それがどうなるかというと、年額60万円ほどの加算になっている。

生涯継続で3年間分の利子が加算されるのだね。
月割りにすれば5万円弱。そういう環境にあれば、かなり有利にできる。
たまたま年金相談所の所長が同級生だったので、アドバイス受けた。

まァ、いいことばかりじゃない。
税金等のランクはそれなりに上がってしまうので、
それらの算定額も多くなる。

この受給に切り替えるときに、
一時金で受け取る選択もできるので、
年金を増やす方法としては、かなりの高利率ではあるのだね。

ただし、サラリーマン時代の企業年金基金の支給は風前の灯火で、
例の運用失敗に絡んでなくなってしまい、
いつ支給が打ち切られるかって状態にある。

サラリーマンやったのは短かったので、
大した額ではないが、
それにしても理不尽なはなしだねぇ。

 1542-ha47.jpg
 ↑ 浜松市戦災被爆者慰霊碑

桜花爛漫のなか、戦災の劫火に 悶え苦しむ像が異様であった。
ごんべは、浜松城公園を訪れる度に、
この像の前に足を踏み入れて黙祷を捧げる。

浜松がなぜ大都市並みに執拗な空襲や艦砲射撃を受けたか。
飛行隊があったことも一因だろうが、
軍需工場の多さが最大のターゲットであったといわれる。

ま、それは戦後のオートバイをはじめとする物造りの街へと、
繋がってゆくわけではあるのだね。
不肖ごんべ、この街が夜空を焦がして燃える様が記憶にある。

6月18日だったという。
燃えさかる街から逃れ、夜中の道路を歩く人たちの列があった。
どの辺りだったか、足を停めて振り返ると、夜空が昼間のように明るかった。

幼いごんべは、乳母車に乗っていた。なぜか西瓜と一緒に.......
どこかで西瓜を食べた。それで足を伸ばせるようになった。
そこから先の記憶はない。

資料をみると、戦前の浜松の人口は18万人だったといい、
それが終戦時には、戦災で死んだり、疎開したりで、
8万人に減っていたという。

 浜松市へ襲来した米軍機はB-29が延べ557機、小型戦闘機延べ500機。
 投下爆弾3081発、焼夷弾79553発、艦砲の砲弾2000発。
 全半壊家屋7546戸、全焼家屋462戸。
 戦災死者数は3549人、重軽傷者4870人、当時の市内70%が被災。


このような資料がある。
ラジオから敵機来襲との声が流れ、街にサイレンが鳴り響き、
電灯を黒い布で覆い、やがてB-29の不気味な飛行音がする。

庭に掘った狭い防空壕の中で、ひたすら爆撃が終わるのを待つのだ。
あるときもの凄い地響きがあって、
防空壕から飛び出ると2、3軒ほどの隣家が爆弾直撃で瓦礫の山になっていた。

焼夷弾は木造の家屋が多い日本に合わせた兵器で、
油脂を撒き散らして火災を起こす。これが炸裂する音も聞いた。
あの恐怖がいまも残っている。

この街が、
この像のように阿鼻叫喚に包まれた日の記憶が、
幼な子の記憶にこびりついていまも消えていない。

終戦になると、なにもない真っ平らな街に、
黒焦げのデパートのコンクリートの塊が佇立していた。
あの光景はいまも思い浮かぶ。

けっして忘れはしない。
いま、あなたがたがシアワセに暮らしている、その土地で、その場所で、
このような悲惨な出来事があったことを、伝えなければいけない。

基地は要らないと沖縄県民がいう。
これも70年の経緯をみてくれば無理からぬことなのだ。
沖縄の誇りをどれだけ理解してきたのか。いま理解しているのか。

時々の政府は、沖縄に対してどれだけの配慮をしてきたのか。
アジアの均衡を保つため、沖縄が担ってきた、あるいは........
そのなかにおける痛みを、そして誇りを、どれだけ配慮してきたのか。

ようやくにして官房長官と知事の会見が実現した。
そう簡単ではないことはわかる。
が、1つの前進として捉え、理解しあえることを期待をしたい。

気温があがらないね、さむし。
ほなあした.........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

昼間コメント入れましたが、届いていないみたいですね。
間違ったのかしら?
沖縄に基地はいらないー賛成です。

Re:コキリンさん

文章補足しました。
沖縄に米軍基地があることで、極東の均衡が取られている。
これは、ひとえに日本だけの問題ではなく、
世界平和の均衡を取っている要であるやもしれません。

沖縄の人たちは、そういう場所であるという自覚を持ち、
それに誇りを感じていたはずです。

いまのように、沖縄が基地はいらないという民意をもつに至ったのは、
政府も、われわれ他県の者も、いつのまにか沖縄の誇りを、
ないがしろにしてしまったのではないでしょうか。

痛みを分かち合わねば、理解したことにはならないと思います。
ごんべの住む街は、航空自衛隊発祥の地です。
今日も1日、基地から練習機が飛んでいます。

国土は守らねばなりません。その抑止力としての基地もまた必要です。
が、しかし、それは平等に担わなければなりません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4023-e2d6d91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでなくちゃ、あいつにもうしわけないのだ «  | BLOG TOP |  » 一人でツッコんで一人でウケて一人で大笑いする

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する