topimage

2017-08

シッポのない凧みたいなもんかぇ - 2015.03.26 Thu

さしもの 寝坊助 すてれんきょーも、歯痛には勝てなかった。
半分眠ったままというか、ほとんど朦朧として起きてゆき、
痛み止めの薬のんで、ちらと時計みたら1時だった。あとは無。

で、目が醒めると、いま夜が明けるところ。
明るくなりつつある窓に背を向けて、眠ろうとしたら、あれぇ?
なんか寝足りているんだな。

今年はじめて、6時まえに起きた。
出窓から覗くと、赤い朝焼け富士がくっきりと見える。
珈琲片手にベランダへ出てみる。

つい、この間まで6時は真っ暗だったのにねぇ。
あ、寒くない。今日あたりから寒さが緩むといってたナ。
どっかゆこ。じっとしていられない。アクティブごんべうずうず。

 15326-asa4.jpg
 ↑朝フォト駄句だく

今朝は駄句だく2つ、すんなりとでたね。
ま、直感俳句もどきだから、頭にうかんだもの、そのまんま。
朝っぱらからの頭の体操になればいいわけで...........

 あたたかし名も知らぬ虫窓にいて

 咲く薔薇の紅色ほのか三月儘

ハイ、駄句2つ。脳味噌の活性化ができましたッ。
なんでも使わなきゃダメなんだね。
ほっとくと経年劣化が早まるってはなしだから..........

昨日は、寒かったのでどこへもゆかず、カメラスペック見ていた。
カメラを買おうと、またぞろ、なんかの虫が出てきたのだ。
ここ5年も、かなりの進歩を遂げているわけで.........

新しいモノを使ってみたい。その良さを引き出してみたい。
この欲求は、好奇心の塊のごんべ本来の身上から発しているわけで、
これで、ここまで通ってきたのだから、いまさら停められない。

それがまた、自分自身の発奮材となったり、
自分の考え、行動の活性化につながったりするのだから、
無理に抑え込んではいけない。なんて勝手な理屈だけれどねぇ。

で、いま手持ちのカメラの下取り価格調べた。
5年前の高級機一眼レフが12.000円だと、一昨年のミラーレスが10.000円。
ま、これだけ最新機種が目まぐるしく出ると価格も下がるねぇ。

ちかいうち3台いっぺんに処分する。
二束三文、ほしけりゃァ、もってけぇ..............
って欲しい人いる?

 15326-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

ふ、と閃いてね。黒半片と蒟蒻できんぴらつくってみた。
しっかり胡麻も入れたし、ぴりからのタレもつくったのだなァ。
アハ。美味かった。上出来でござい.............

写真のなかへ入れてないけれど赤だしの味噌汁つき。
なんかねぇ、名古屋生活10年余があるものだから赤だしなんだな。
味噌カツやら、煮込みうどんが好きだしねぇ。

浜松の本来は白味噌なのだが、あの、しばらくおくと澄んでくるのは、
いつのまにか味噌汁って気がしなくなった。
そもそも、この辺りは東西食文化の境になっている。

浜名湖に、そのむかしは今切の渡しがあって、
これがいろんな文化の境にもなっていて、もうすこし東へ攻め込むと、
越すに越されぬ大井川が境界であったりするのだ。

ま、それだけ東海道の往来が頻繁にあって、
東西のあらゆる文化を運んだってことなんだね。
浜松はどっちかといえば、西寄りか。

 13412-mk10_2015032608500427a.jpg 14412-km14_20150326085007c76.jpg
 ↑ 春うらら☆画像クリックで拡大します

ひとしきり泣くだけ泣いて、涙がほんのちょっとだけ枯れた頃だった。
いつまで愚図ぐずと、男のクセに泣き言ばかり書いているのだと、
通りかかりのコメントで揶揄されたり、嘲笑されたりして................

ま、強いつもりのオレだったけれど、
女々しいヤツだとか、いつまで引きずってるんだとか、いわれると、
ひところは落ち込んで滅入ったりしてたのだねぇ。

そうしたらね。
先輩、あ、かけがえのない人失った先輩ね。
久しぶりにメールをいただいて、こんな短文を送ってくださったのだ。

 思いだしてあげたらいいよ
 思い出しちゃったんだもん
 思いだして欲しかったのかもね

 何かで紛らわせても
 忘れられないものは
 忘れられないのだからね

 どっぷり浸かれば
 次に思い出したとき
 少しだけ薄くなっているかもしれないよ

ほんとうに、この詩はかけがいのないものなくした迷い人にとって、
心に沁みてきたんだ。真情そのままのいい詩だと感激した。
これは、オレのたからものになってる。

「かけがえのないもの、なくしたんだ。いいんだよ、自然体で....... 」
そういわれて吹っ切れたのだ。
そうだな。思いだしたら書いてあげればいいってね。

ごんべねぇ、ときどき、わかったような、分別ついてるような、
エラそうなこというけれどね。
こういう仲間がいてくれてこその7年間なんだよね。

ありがとう、偉大なる先輩たち。
されどネット。ネットも捨てたもんじゃないねぇ。

 14412-km09.jpg
 ↑ 春うらら☆画像クリックで拡大します

あの夜のこと。
「ありがとう、シアワセだったよ............」と思いのたけをオレに告げ、
40年ぶりにオレの肩に頭を乗せて、しばらく互いの鼓動を聞いていた。

まさか、2時間後に、その心臓が力尽きるとは知る由もない。
ただ、あの人はわかっていたのだと思う。
「おとーさんにいいたいことがある」と入院を頑なに断って帰ってきた。

「病んで醜く死にたくない。
 おとーさんにみせたくないからね.........」

ほんとうに、命の炎を精一杯燃やし、ことん、と心臓が力尽きた。
だから、彼女の顔にやつれはなかったし、
ほんとうに、眠っているままの安らかな顔だった。

「どうして? わたし、死んでしまったの?」
ごんべが汗を垂らしながら心臓マッサージするさまを、
幽体離脱しながら見ていたのかもしれない。そういう優しい顔だった。

「シアワセな別れだったねぇ...........」とカフカフ仲間はいってくれた。
別れにシアワセなんかあるもんか。
オレ、そう反発してばかりだったけれどねぇ。

うん。いまは思うよ。
オレはいい別れをしたんだ。
そして、ありがとうな.................. ってね。

 「あの人は☆になった」 ←2008.04.05の記事

で、7回目の命日がくるわけだが、それなりの7回目ではある。
なに、それなりって?
アハ。表現しようがないけれど、それなりだな。

糸が切れた凧のようになっちゃって、あっちこっちふらふら。
カミさんっていう、凧のシッポがないからさ。
ま、これがカミさん離れした気儘かもしれないけれどねぇ。

もともと、まえはそういう人だった、て噂もあるけれど、
ラクチンがいちばんだし、これからの「ちゃらぽら人世」は、
カミさんがくれたものと思っている。

だから、大事に、大事に生きてゆく。
ありがとな。
3日に、いつもより奮発した花持ってゆくよ。

さて、でかけよう。
ほなあした................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

幸せだったんですね

ごんべさんここでよかったらここですよって教えてください。
いつも書いてるところじゃダメなんですか?

08年の4月5日のブログ読ませていただきました。
奥様ごんべさんのそばにいて良かったですね。
ごんべさんの言うこと聞いて病院に入院なさっていたら
一人でさびしく意識が遠くなってたかも知れませんね。
幸せだったんですね。

Re:ばばたまさん

どっちにコメントくださってもいいです。お好きなほうへどうぞ。
写真がつけらえるので掲示板でもいいですよ。

アイコンは、ばばたまさんのシニアのプロフィ写真でつくってあります。
よければ使ってくださいね。

あの人は、なんか予感みたいなものがある人だったのです。
入院をしてくるように、と付き添いの娘にいっておいたのに、
「どーしても、おとーさんに用がある」といって帰ってきました。
そして、『ありがとう、シアワセだったよ」とごんべにいって、
それから旅発っていったのでした。

別れをきっちりといったのは、シアワセといえるでしょうねぇ。

アイコンがどこにあるのか
何処をクリックせれば出てくるのか
分かりません。
アイコンって何?
それくらい何もわからないんですよ(*^_^*)
ごめんなさい

Re:ばばたまさん

大丈夫ですよ。
みんな最初はそうですから......
あちらで図解してますからやってみてください。

あちらとはどちらでしょうねぇ~
今泣いてます」。煙草も吸えないし
酒だけ飲んではいますけど、
私泣き上戸なのかしら???
息子の嫁から電話ありました。
息子が浮気したと・・・
2度目ですって。私はどうすればいいのでしょうか?

Re:ばばたまさん

失礼しました。
あちらとは「Gombessa BBS」の写真が貼れる掲示板です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4011-aa4e9f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さくらってキライなはずの別れ花の季節 «  | BLOG TOP |  » わからくてもニコッと笑って誤魔化すのだ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する