topimage

2017-08

なんとなーくなんとなーく1日過ぎたけれど - 2015.02.04 Wed

昨日は、丘の上に 往くって いってたよね。
着替えする前に外をのぞいたのだ。
いやァ、西のほうから真っ黒な雲が延びてきた。

見る間に雲が空半分覆ってしまい、いまにも雪がちらつくかって雰囲気。
また、出鼻くじかれて炬燵んなか逆戻り。
ま、こんな日にいかなくったていい。んで、ごんべ炬燵で丸くなるゥ。

今朝はね、珈琲片手にベランダでてみたけれど、なんとなく温い。
日中は10℃になるっていうから、今日にして正解か。
いいんだ、往きたいときにゆけば..............

 1524-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト

昨日なんかしたかな?
あ、そうだ。カメラグッズの断捨離してたんだ。
いま、使ってないカメラが6台ある。こんなもの要らん。

かといって、デジカメになって10年になるからな。
ジャンクにもならない。
誰かほしけりゃあげるけれど、いらんだろうしィ。

フィルターなんぞを外して、保存していたら半日過ぎた。
それでね、SONY用の花形フード1コ、アマゾンで発注した。
片一方で捨てる段取りして、片一方で買ってる。

ま、それが愉しいからいいんだけれど........
こういうことしてると、晩飯のことなんか、けろッと忘れてるんだ。
暗くなって、あれぇ、ご飯なかったじゃん.......

 1524-asa1.jpg
 ↑ 晩ご飯

こんなときの炒飯餃子だけれどね。具がなかった。
んで、おなじくこんなときの「焼きうどん」にした。
野菜炒めにうどん入れればいいんだから、すぐできる。

食べ終わって、片付けて、風呂入ったら、
あれまァ、7時過ぎだもんねぇ。
なにかしたかっていったら、なにもしない。

無為に過ぎた1日だけれど、無為じゃない。
なんとなーく、なんとなーく、1日過ぎたけれど、
屈託なく過ぎれば、いいんじゃないかって...........

無為とは、なにもしないこと。
なにかしなきゃいかんのにしないのは、無為徒食、無為無策。
オレのは、日々是無為即ちシアワセ。

だってねぇ。
な〜〜〜〜んもしないで、ぼけぇぇ.............. そうして暮らしたい。
そういう日のために40歳代、50歳代を頑張ったのだからね。

傍らに、いるはずだったカミさんがいない。
これだけは誤算だったけれど.........

 1524-u1.jpg 1524-u3.jpg
 ↑ 梅の春☆画像クリックで拡大します

清水湊は鬼より怖い、大政、小政の声がするゥ。
なんていったって、東映の時代劇観てた世代以降には通用しないか。
次郎長の生家が、保存すべき建物の1位になったそうな。

ご存じ清水の次郎長親分の生家は、
ごんべが通ってた釣船店のすぐ近くにあった。
たしか、次郎長の曾々孫に当たる女将が管理をしていたな。

次郎長親分ってお人は、ただの博徒ではなかった。
巴川の浜に幕軍兵士の骸が放置されているのを憐れみ手厚く葬ったという。
勝てば官軍、誰も後難を恐れて、手をつけなかったのだ。

骸になれば、勝ちも、負けもねぇ、ってね。
これに感激した山岡鉄舟との出会いがあって、
次郎長さんの人世は変わる。

で、明治のご維新、食い詰めた幕軍の武士とともに、
富士山麓の開墾に関わっていった。
切った張ったの渡世から見事に変身して、富士の裾野に次郎長新田の名を残す。

次郎長さんは、明治の中頃まで生きて大往生している。
で、子分の遠州森の石松の墓は、遠州森町大洞院にある。
この墓を欠いて行く人は絶えないそうで、ギャンブルのお守りだとか。

なので、いま、2代目の墓は鉄の檻のなかにある。
石松を世に出したのは、森町出身の小説家、村松梢風。
ゆえに、遠州男を見事に描いている。

お人よしで、おっちょこちょいで、
あとで後悔するくせにいい格好するんだなァ。
かくいうオレも、その遠州男の一人。

バカは死ななきゃァ、治らない..............
と。

 1524-u2.jpg
 ↑ 梅の春☆画像クリックで拡大します

森の石松っていやァ、萬屋錦之介 の焔魔堂を思い出す。
最後にかッと両目があくんだ。
あの映画をもう1度みたいと思っていたら、CSでやってくれた。

ついこの間も、テレビで淡路恵子さんのドキュメントを観た。
錦ちゃんとの愛の軌跡に感慨しきり。
淡路さんが亡くなって1年になるのだねぇ。

そういえば、デヴィ夫人なるお方が名誉毀損で訴えたそうな。
淡路さんを送るときにいっしょにいれた着物の一件でね。
ま、多くの人がいたんだから、証言とればわかること。

このお方は、つい先日もtwitter炎上させた。
「不謹慎ながら.........」って発言でね。
これを海外メディアがとりあげたという。

 「デヴィ夫人 ブログ」 ←クリック

つまり、この発言に10万余の「いいね!」があったということ。
それだけの人が肯定する日本人の自己責任論というもの。
これをBBCが報じたのだ。

「人質事件自己責任論と.....」 ←クリック

この筆者がいう「日本人の多くはいまも村人である」がわりやすい。
こういう視点からみると納得がゆく。
震災の際に褒められたのも、村人ゆえかもしれないねぇ。

日本を支配してきたのは「言霊」であったといい、
善き言葉はよきことを招き、悪しき言葉は悪いことを招くと、
そういう観念が日本人に曖昧さをもたらせた。

さすれば、昨今は「言霊の呪縛」に囚われない日本人が増えたのだな。
なんでも云える国なのだ。なんでも云えるけれど、
自分の口から出た言葉にも、自己責任が伴うことを忘れちゃいけない。

なんか、最近のオレ、理屈ぽいな。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3960-f45f0b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足りない感の正体がァ、いまわかった..... «  | BLOG TOP |  » 人から愛されない者は人を愛しえない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する