topimage

2017-08

他人事だとわけのわかったようなことをいう - 2014.12.20 Sat

なんとまァ、8時30分だァ。寝過ぎた かァ。
暗いからね。外は冷たい雨だしィ。
ま、急ぐこともあるまいて、ぼちぼちまいろうぞ。

師走も半分過ぎた。
あ、そういえば、掃除するとかなんとか...........
昨日いったような気がする。アハ。なんもしなかった。

ま、いいじゃん。まだ10日もあるぞよ。
なんてね。怠けもんの神さん耳元で囁くから、
おゥ。そうするか、って、オレ素直だから、すぐ従っちゃう。

で、なにかしてたかというと、な〜〜〜〜〜〜んもしない。
炬燵んなかずんぶり、本読んじゃ、うとろうとろ。
なにか食べちゃ、うとろうとろ。

思い切り怠惰な1日だけれどね。
この、のんべんだらりんちゃらんぽらんが至福のとき。
誰がなんといおうとね。

 141219-y2.jpg
 ↑ 昨日の黄昏どき

Webの一部で話題になっていて、あまりにもお粗末な、
ライターもそうだけれど、扱い手もそうだという..........
なんだ。それで商売していて、そんなもんかいなと呆れたのだ。

オレは紙媒体で飯を食ってきたわけで、そのセオリーからいえば、
えッ、そ、そんないい加減な........
大袈裟にいえば絶句だね。と同時に背筋が寒いのだ。

紙媒体はプロの仕事だったから不文律は厳然として守られた。
が、他業種参入やら、訳を承知の上やら、曖昧なかたちで、
ウエブメデイアが存在しているようだ。ま、いまが過渡期かもしれないが.........

紙媒体は残る。
ウエブメデイアは消し逃げすればおしまい。
が、ときには検索エンジンのキャッシュに残ってたりする。

「反転シニア野菜ソムリエ事件←クリック

Webで人気のブロガーさんの記事中の写真が、
無断転用されていたことを、twitterで掲載主が指摘したのだ。
これに端を発して、次々とバレちゃったっていう事件。

しかも、その写真が反転、あるいはトリミングされていて、
転載を誤魔化そうという意図がみえかくれするのだね。
なぜ、こういうことが起きるんだろうか。

 141220-asa1.jpg
 ↑昨夜のご飯

たいしたもんつくっちゃいないし、食っちゃいないので、
写真を載せるのにいつも抵抗があるけれど、
ま、自分で撮った写真だから、やましいことはなにもないんだな。

こんなもん、と嗤われるか。
よくやるよ、あんた、っていってもらえるかは、受け手次第。
オレは、恥ずかしながら、自分の料理成長記録のつもり。

以前は、影の声があってね。
「盛りつけ逆だよ」とか、なんとか、アドバイスもらい、
オレはイイ加減というより無知だから、ありがたく承ったのだ。

なんか、いいわけがましいが、
発展途上主夫の拙い料理の記録として、
恥ずかしながらご笑覧いただけば、ごんべシアワセ。

 1324-r01_2014122010011364c.jpg 1327-g02_20141220100114bce.jpg
 ↑ 雨降りの風景☆画像クリックで拡大します

オレね、いつも思うのだが、
なにごとも世間には、上には上がいるってね。
だから、なにをいうにも自戒しつつ書かねばならぬってこと。

この野菜ソムリエなるおかたも、
某有名店の人気料理を単なるポテトサラダと思い込み、
拝借しちゃったからややこしやァになった。

なにをいいたいかというと、
ちょいと簡単にコピペできるのが、Webの世界ではあるけれど、
そこには、おろそかにできないルールがあるってこと。

Webでは、ないに等しかった著作権尊重の考えが、
じわじわ、じわァ................と細部まで滲みてきつつある。
なーに、このBlogで使うくらい、ってのが通用しなくなってきた。

これは当然のことなので、認識がアマイと火傷するかも知れない。
手間がかかるから訴訟にまではいかないにしても、
たかがこのBlogのなかだけなのに............ は通用しない。

ま、Blogの強制削除くらいはあり得る。
勘違いしちゃいけない。ランキングサイトは関係ない。
Blogレンタルサイトがそう判断すればアカウント雨除、つまりログは消える。

「他人のこと書くならコメント欄ひらく」
このあたりまえのことが、通用しないってのも、
ご自分の発言を、ことさら過小評価していると思わざるを得ない。

それは、今年前半に続出した「バカッッター」と呼ばれた、
ごく狭い範囲でのおふざけや発言のつもりだったものが、
社会問題にまでになったという事例とおんなじかもしれないのだな。

Blogの「UPボタン」をポッチンした瞬間から、
世界へ向かって発信しているのだし、自分のBlogのなかのことを、
他人にとやかくいわれたくない、が通用するかどうか。

世界へ向かって発信している、を大袈裟なァ、という。
たしかに大袈裟かもしれない。
が、誰のパソコンも世界へ発信する機能はもっているのだってこと。

ちなみに、
ごんべのコメ欄はいつも開いておりますゆえ、
なんなりと承りますゥ。

 1327-r01.jpg
 ↑ 雨降りの風景☆画像クリックで拡大します

思い出したくないこと 思い出した。
一昨年の正月3日、墓詣りの帰りにスーパーへ寄り、
レジをでて仕分け台へゆく途中で転んだのだ。

まさに すってんどう
最後には仰向けになって足が揚がったのだ。
みっともないから跳ね起きて、なにもなかったようにおすましィ。

カートの車輪がまわらなかったので、荷崩れしたのだが、
な、な、なんでぇ、こんな状況で転ぶんだ? ってね。
ええかっこしいのオレには、それが悔しかった。

で、またまた思い出したのだけれどね。
父親は90歳超えてからも、お城の近くにある古本屋へよく出かけた。
三叉路のまんなかの交番前で、おやじ、転んだんだっていう。

中学生が見つけてお巡りさんに知らせ、交番のお世話になって帰ってきた。
それをオレにはなすのだ。いかにも悔しそうにね。
あ、あの悔しさがわかったわァ。そう思ったが、まてよ??

オレは、オヤジの悔しがった年齢より20年ちかく若いのだ。
すってんどうの膝の痛さよりも、
なんでぇな? っていう精神的ショックのほうが痛かったよな。

で、ババフレンドにその悔しさを聞いてみた。
「あんたねぇ、それを認めることが、これからの生き方なんだよ」
他人事だから,わけのわかったようなことをいった。

あ、それも間違っちゃいない。
要は「往生こく」ってことなのだな。
いま自分に起きた老いの現象を、素直に認めることなんだな。

たしかに、年齢を経るにしたがい、次の年代へゆく過渡期がある。
60歳代のころは5年おきくらいだった。
この時期にさしかかると、気持ちと肉体がアンバランスになるのだ。

こんなはずはない....... と思う。
が、治す方法はない。
しゃーない。だれでも老いるんだからさ。って往生するだけだ。

父親が90歳を超えてからも転んだことを悔しがった。
オレは古希そこそこじゃないか。グズグズいうのは20年はやい。
悔しがるDNAがそういっとりますゥ。

まァね。世間からみれば,ただの白髪の爺ィ。
己を知らにゃいかん。
ほなあした....................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3912-1b058325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それにぴったりと添うなんて大変なことなのだ «  | BLOG TOP |  » ああだこうだいうことなしのケ・セラセラ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する