topimage

2017-08

ちょっとばかりうじうじして、 そのあとで....... - 2014.12.02 Tue

今年いちばんの 冷え込み は、布団の中でも敏感に感じてた。
だから、たっぷりと温とみを味わっていた。
でもね、火曜日は可燃ゴミだからねぇ。しかたなく起きた。

6℃だった。
たしかに冷え込んでいるけれど、それほどじゃない。
階下へおりてゆくと、今年生まれた小雀が電柱の影でまんまるになってる。

そうだね。
このコにとっては初めての寒さの洗礼だものね。
空っ風が吹いてるよ。電線たわたわ揺れて、すっかり冬景色。

珈琲をホットにした。
さすがにアイス珈琲というわけにはいかん。
真っ赤な太陽が昇ってきた。天然暖房あはりがたい。

自衛隊の一番機がでていった。これが偵察にでて訓練がはじまる。
ここんとこ雨で訓練できなかった。昨日の午後も目まぐるしく天気が変わった。
が、2時頃から訓練がはじまったので、天気回復するってわかるんだ。

 14122-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト

健さんのあとを追うように、菅原文太さんが冥界へ旅発たれた。
「トラック野郎」は好きだったけれどね。
一番星が惚れるマドンナがいてなんやかや.........

寅さんとおんなじシチエーションだから、
大晦日と正月の深夜の寝てしまうのが惜しいときに観てたかな。
ま、よき昭和の面影が消えてゆく。

これに多少の感慨はあるが、しかたないことではある。
懐かしんでるオレだって、そのうち消えてしまう。
昭和は遠くなりにけり。

そういうものです。しかたありません。
天の定めをまっとうしてゆくのだ。誰も阻むことはできない。
ご冥福をお祈りしたい。
 
 14122-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

ラーメンとカレーと焼きそばと焼きうどんにタコ焼き。
これがね、ときどき無性に食べたくなるんだな。
いうなれば、ジャパニーズ・ファーストフードなわけで...........

昨夜はそんな欲求が、ぐぐんッときて「焼きうどん」つくった。
豚肉と青梗菜に舞茸を炒めておいて、うどんを入れる。
うどんはぶつ切りだけれど、これだとスプーンで食べられる。

箸使いがヘタなごんべは、こういうもの食べると手首が疲れる。
バァちゃんの躾は厳しかったが、箸はヘンな持ち方のまま爺ィに至るのだ。
なので、スプーンで食べるように工夫したってはなし。

豆なんてつかめないし、コンニャクはまだしも、絹漉し豆腐はぐたぐた。
木綿豆腐でかろうじてつかめるという..........
よくよくみると箸が交差しているのだが、いまさらなんともしがたい。

タクワンキライだし、オレって日本人離れしてるらしい。
だからといってキムチの匂いしたら、すぐ逃げ出すし、
オレのルーツってなんだろべ?? 一応は平氏の末裔らしいけれどね。
 
平氏も源氏もないやな。いまの時代はねぇ。
爺ィちゃんの母親は武士の娘だったというけれど、
幕末の傘張りボンビー武士だから、たいしたこたァない。

もっとも、オレで3代目のごんべ家は、オレがおっちんだら絶える。
それでいいんだ。どうせ、そんなものだから.........
寺に永代供養頼んで、ちゃんちゃん。

 141127-hk0125.jpg 141127-hk0133.jpg
 141127-hk0135_20141202093255479.jpg 141127-hk0131.jpg
 ↑ 奥山方広寺山門界隈☆画像クリックで拡大します

いま、ごんたクンから電話があって、小國神社の紅葉撮りにゆく。
そうだね、あまり、のんびりもしていられない。
一昨年は、遅くて散ってしまっていたからねぇ。いまが行きどき。

忙しいんだな、「てんちゃら.......」やっつけて、ご飯食べてぇ.........
でへぇ、今日はやっつけてがないよ。
ま、一日くらい、やっつけでも、ごかんべん。

明日からは小國神社の宮川沿いが添付できるね。
愉しいね、ほんと。
もつべきはツーカーの友、そもそも彼とは半世紀以上のつきあい。

小学校2年で転校したクラスの前から三番目が彼。
それでもって、後ろから三番目がオイらってわけで、
でこぼこコンビは中学までずっといっしょ。

それから30歳代に再会して、釣りして、写真撮って、
ずぅぅ..........................と相棒っていう、オレにはかけがえのない人。
カミさんより長いんだからねぇ。

 141127-hk44.jpg
 ↑ 奥山方広寺三重塔☆画像クリックで拡大します

どこかへ 遊びにゆく ときは仏壇の前にゆき、
お線香の燃え尽きたことを確かめて、
「遊びにいってくるからね.............」と声をかけるのだよ。

一人でゆくのが切ない頃は、「ついておいで.......」といったものだった。
大袈裟にいえば「いつも同行2人」ってつもり。
さすがに、いまはいわない。が、声をかけるのは習慣になってる。

最初のころ、カフカフ仲間とミニオフ会するとねぇ。
たあとえば3人だと、みんな背負ってるから、全部で6人だったりする。
お互いに心のなかで背中の人とも会話するから、忙しいんだ。

ヘンな話だよね。でも、そのころはみんな、それがヘンだとは思わなかった。
実はヘンなんだと気がついたのは、いつだったろう??
で、ことさら意識しないって気持ちにようやく達したのだよ。

そのように、みんな「かけがえのない人」を背負っていた。
別に抹香くさくはないけれど、
ただし、それ以上のものでもなかったのだね、念のため。

けれども、亡き人への思慕は共通する思いだし、
ときには、はからずも心の奥底のほうで触れあうこともあって、
ほかの感情にいきかけることも、ないとはいえない。人間なんだしィ。

いつか、こんな切ない言葉を聞いた。
「ここまで一人できたのだもの、この先一人だってかまやしない.......」
つまり、不肖ごんべ見事にフラレたのだなァ。

あんな哀しい思いを2度としたくはない。
その点ではみんな憶病なのだ。残念ながら別離の悲しみがしみ込んでいる。
が、心には、。と隙間風が抜けるときがある。

で、ここで例の後妻業容疑のお人にはなしがゆく。
どーして男が騙されるんだっていう。オレにはわかる気がするんだな。
風の通る隙間から入り込ませてしまう気持ちがね。

男には、そういう弱さがある。
そう、女性は強い。
女性は、あとをふりかえらないというけれど、ほんと。

きっぱりとそのようだ。
それは、それは、気持ちいいくらい。
で、いま頑張ってるのをちらっと覗いて、ほっとする。

男は、ちょっとばかりうじうじして、
そのあとで、大事にしまっておいたりするからねぇ。
で、誰にも隙間があるんだ。そこを塞がれると.....................

これからは老人社会だっていう。
シニアの結婚相談所が増えてるんだっていう。
ま、いろいろあらーな。

さて、支度していってこよう。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

カギコメさまへ

>かぎコメさま

お声をかけていただき、ありがとうございました。
もはや、ここがせいぜいの世捨て人でございますゆえ、
ご辞退もうしあげたく思います。

ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3894-8269067d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この嵐で紅葉が散っていてとほほほほ......... «  | BLOG TOP |  » おとーさんはえらいのだという価値観を崩しちゃいけない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する