topimage

2017-10

この先もこんなんであればシアワセだねぇ - 2014.11.30 Sun

今日から明日へ、ぐっすり こんこんしてるうちに跨ぐだけ。
なのに、なんともせわしない今日この頃。
11月も今日で終わり。明日からは師走だっていう...........

天気が不安定だね。
7時に起きてきたときは、出窓のカーテンが真っ赤に染まって、
オレンジ色したでっかい太陽が昇ってきたのに、いまは空のてっぺん灰色。

ぶるッ。ベランダにいたら、途端に背中が寒くなるっていう、
いかにも明日から師走だっていう気温でありますよ。
そうだな。来週は大掃除でもやらかすか。

いまどきの西日ってのはヤダね。
日差しが入ってくる。
その斜めの光りがサイドボードのうっすら埃を浮き立たせる。

いくらめんどくさがりごんべでも、反面キレイ好き部分もあって、
それを刺激されるから、けっこう気になって、
別に埃じゃ死にはしない、なんていってられないじゃん。

 141130-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト

自己弁護しとくとね。オレの本来はキレイ好きなんだ。
けれども、めんどくさがりでもあるから、「やめとけや.......」って、
怠けもんの神さんがでてきたら「そうだな.......」と思うだけ。

めんどくさがりを増幅したのは、ま、誰もきやしないさ......... ってな、
どーでもいいや感ではないよ、いうなれば開放感か。
誰にも支配されないっていう..................

これ、3日やったらやめられないっていう。
なにせ7年目。あは。
あと1ヶ月で、お一人さま8回目の正月がくるよ。

 141129-asa1_201411300755410c8.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

昨夜は、生秋味が買ってあったので、これで鍋にした。
具の野菜は、すべて入って1セット140円なり。
独り者はこういうのが無駄がなくていい。

茄子焼きは、お気に入りの焼き肉のタレで焼くと、
ボンビー爺ィには、もはやめったに食えない存在の、
うなぎの蒲焼きを偲ばせるけれど、ま、一抹の寂しさは拭えない。

静岡県内で養殖する尾数まで制限されての、絶滅危惧種ともあいなれば、
ま、庶民の贅沢も、遙か遠くになりにけりだわさ。
つい先日も浜名湖で捕った成魚うなぎを、沖へ行って放流した。

これが慰め程度かというとそうともいえず、たとえばトラフグ。
実は福岡の天然フグには遠州灘産が、
だいぶ入ってるという隠れた事実があるんだね。

トラフグ稚魚を何十年も放流してきた成果だってはなし。
最近は地産地食ってことで、浜松の奥座敷、舘山寺温泉ではフグ尽くし。
ぜひ、冬の舘山寺温泉へおいでを!! ってちょこっと宣伝しとこう。

 141127-hk0126.jpg 141127-hk0127.jpg
 141127-hk0136.jpg 141127-hk0135.jpg
 ↑ 奥山方広寺の紅葉☆画像クリックで拡大します

なんで 浜名湖っていえばうなぎ か、ってことだけれどね。
別に、湖内で天然うなぎが、たくさん捕れたわけではない。
「うなぎ養殖システム」を全国に先駆けて確立したのが浜名湖なのだ。

浜名湖には、ほかに「海苔」「牡蠣」の養殖があるけれど、
いまや産出が減って、美味いけれど当然ながら希少価値でお高い。
これも、むかしのように気軽には食えなくなった。

うなぎは、明治33年、服部倉治郎という人が養殖に成功している。
浜名湖に遡上するシラスウナギを捕り、これを養殖池に入れて飼育する。
昭和の初期にかけて、海苔、牡蠣の養殖とともに養鰻池が増えていった。

すでに大正の終わり頃には、池の増加とともに、
シラスウナギも、供給が浜名湖だけではまかなえず、
利根川、霞ヶ浦の捕獲に依存するようになっていたという。

戦時中の休止から戦後の養殖業の回復はめざましく、
昭和40年の年間5000トンが浜名湖でのピークとなっている。
が、ご存じのように稚魚激減で泳ぐダイアとなったのが現状ではある。

意外と知られていないのがスッポン。
これは服部さんがウナギと同時に始めたというから、養殖の歴史は古い。
スッポン鍋はちょっとグロだけれど、そりゃァ美味い。

翌る朝、ほっぺにべっとりと脂が浮く。
スタミナがつくそうな。
しばらく食べてないからいってこようかねぇ。

けれど、うなぎだけじゃない、消費税8%だけじゃない。
外食全般に値上がりして危機感つのるから、
ま、財布の紐閉めて外飯を控えるっていう世の中ムリもなかろうて..........

で、アベノミクス継続となっても、
庶民にゃ実感ないって世論調査結果だからねぇ。
おいそれと財布の紐が緩みはしないな。

 141127-rt03.jpg 141127-rt04.jpg
 141127-rt08.jpg 141127-rt11.jpg
 ↑ 帰りに寄った古刹龍潭寺☆画像クリックで拡大します

オレの夜は 眠るため だけにあるのか?
ときどきそう思うけれど、
ま、おおかたはそうであるから、深く考えはしない。

昨夜あたりは、日本百名山ひとふでがき踏破の田中さんをBSで観ていて、
いっしょに感激してたから、うたた寝するどころではなかったが、
ま、だいたいは宵のうちから炬燵でうとろうとろしている。

眠るって努力をしたことがない。
だから起きている努力もしたことがない。眠ければ眠る。
なにか面白いことがあれば起きている。

なんだろうね、これ。
気儘な隠居爺ィそのものなんだよな?
まァ、この先もこんなんであればシアワセにはちがいない。

で、パソコン雑誌をひろげると、あッという間に眠る。
カタカナ言葉の羅列記事は、オレにはかなり催眠効果があるのだな。
A4の雑誌をばったと落とし、ぐーすかぴィ。

カタカナ羅列も興味のあるところは、すゥ..... と理解できるのだ。
が、どこかでひとつ躓くと、その先ちんぷんかんぷん。
読み戻って理解しようとすると、そりゃァ無駄やで............. と脳がサボるゥ。

1000円ちかくも出して、
毎月買ってくる努力だけは、われながらエライもんだよな。
で、それからあとがある。

いくらも読まないうちに婿殿がきて、
「おとーさん、もう、読み終わったでしょ.......」ともっていってしまう。
ま、いいか、今月もこれのおかげでよく眠れたから........

て、なにをしても寝坊助すてれんきょー。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています     
関連記事

● COMMENT ●

ごんべさんの足跡には たくさんの生きる楽しみが隠れてて
道しるべ としてありがたく拝見しております^0^

いろいろ悩んで いい人を演じようと 頑張ってもつまりは自分の心のありようにあるようで無理はしないことだと確信したくなる 道しるべありがたや~ 心の命じるままに ~今を楽しみながらひととの関わりに愛深き 人であれればと 思えてきました。

すてれんきょ ふふふっ 謎のお魚さんですか!!あたくしも
チキチキバンバン すてれんきょ 
見もしないテレビに翻弄されるより おりこうさんのPCがあたし大好き~
今週から本格的にさむさむ ~氷点の世界 ま間もなくです白い世界~
お風邪などひかれませんように

Re:kumikumiさん

コメありがとう。

道しるべだなんてとんでもない。
ただ、人は一夜で髪が真っ白になるような、悲しみを背負うと、
ものの考えがすこしだけ変わる気がします。
それで、そのあとに、あァ、案ずることはない、生きてゆけるじゃん、
という安堵感があると、こんなイイ加減な爺ィができあがります。

チキ・チキ・バン・バンは、
多少は天然であるところを含むみたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3891-5397dfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おとーさんはえらいのだという価値観を崩しちゃいけない «  | BLOG TOP |  » いい加減だから続くってこともあるゥ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する