topimage

2017-08

歴史の if っておもしろいねぇ - 2014.11.04 Tue

あ、今日も 富士山が キレイだ。秋が深まったねぇ。
これからは空気が澄んでくるので、だいたい背後に富士山がある。
わが家からは半分しか見えないけれどね。

子供のころは、晴れていれば、いつでも富士山が見えた気がするが、
最近は11月から3月の空気が澄んだ季節でないと、
早朝だけ姿を見せて、あとは靄に融け込んでしまう。

遊び疲れて土手の草のなかに転がると、
家並みのずーと向こうに、四季折々の富士山があった。
誰かが、かえるがなくからかえろーというまで見ていたね。

 「今朝の富士山」←クリック

昨日は、結局のところ丘の上にいったんだ。
風が強くて墓地にはだーれもいなかった。
妹たちの誰かが欠かさずにいってくれるのだが、花が枯れていた。

ま、ここには父親もいるわけだからね。
たぶん、先月のオレがいってから、誰もこなかったんだ。
きてよかった。オヤジごめんな、といいながら花を換えた。

んで、丘の上から対面を見上げると浜松城の天守が見える。
けっこう雑木が色づいていたが、カメラをおいてきた。
しまった。城址公園を散歩すればよかった、なんてあとのまつり。

 14114-asa6.jpg
 ↑ 朝フォト

帰りに、いつものスーパーへ寄ってちょっとだけ買い物する。
なんかしらん、弁当をみたら美味そうで、
結局は、手抜きのオール既製品ですませちゃったね。

以前に、各スーパーが弁当の380円戦争をやった。
ま、その名残で、この三色ご飯も380円。
これだけを食べてても生きていけそうなんだよね。が...........

いつだったか、大病院の検査のときに栄養士さんの指導があって、
こういう幕の内弁当は、オカズが多いので、
それぞれに味付けがあるから、トータルすると塩分過多になるってね。

なので、なるべく1品ものにしなさい、ってことだった。
ま、毎日ではないから、たまには、
ちょこちょこと数多く並んだ弁当が食べたくなる。

 14114-asa1.jpg
 ↑ 昨夜は手抜き

ね、美味そうだよね。
あ、ぜんぶ食べたら多いから、山菜飯と総菜少々は今朝の分。
牡蠣フライ、刻みキャベツもぜんぶ出来合でラクチンしちゃった。

1人だと、こういう総菜の在庫をつくっておくってことは、
すこぶる不経済なんだよね。
塩分だの、糖分だの、制限がなければ、これで充分だけれどなァ。

 111102-akb27_2014110408483453d.jpg 111102-akb28.jpg
 111102-akb40.jpg 111102-akb26_201411040848385d2.jpg
 ↑ スーパー林道天竜線☆画像クリックで拡大します

一昨年の11月2日にいった「スパー林道天竜線」が ↑ なのだけれど、
ここは、火伏せの神さま秋葉神社本宮から、南アルプスの前衛赤石山脈の、
1000m級尾根をつないで50km走るっていう林道。

晴れてれば、南アルプスの聖岳などが見えるし、
御嶽山などの岐阜の山々や、もちろん富士山も見えるっていう魅力がある。
で、起点の秋葉神社はかなり急な階段を登るので、かなりきつい。

そろそろ紅葉が見られるかな、今朝も1000mmレンズで覗いたが、
今年はまだ青々してるんだねぇ。
ごんたクン、久しぶりにいかないか? あとで電話するヮ。

60歳代前半までは、こんな道ばかり走っていた。
ひとっ走りして信州へ兵越峠をこえて、聖岳の頂が見えるところまでゆき、
遠山川のせせらぎの音を聞くだけで落ち着いた。

そういえば、ごんたクンもオレも、
四駆車をやめてからは、なぜか山へゆかない。
いま工事進行中の三信遠道路が早くできないかなァ。

うちの西側を北へ向かう国道152号線は、
延々と岐阜まで続いてゆくが、
静岡、長野の県境は地図でも分断されていて、幻の国道といわれる。

県境の青崩れ峠は日本列島の裂け目のフォッサマグナが、
通っているために崩落がとまらないからだ。
いま、ここを迂回してトンネルが掘られている。

信州、三河、遠州をつなぐ、この道路の完成が待ち遠しい。
それまで、オレも元気でいなくっちゃ...........

 111102-akb02_20141104092149690.jpg
 ↑ 日本一の天狗の面☆画像クリックで拡大します

これ ↑ はねぇ、秋葉神社 下社ちかくにある日本一大きな天狗の面。
前に立ってるごんたクンで大きさがわかるよね。
この春野町は、宝塚歌劇ファンの聖地でもあるらしい。

この浜松市春野町は「すみれの花......」の作詞者、白井鐵造さんの出生地で、
「白井鐵造記念館」があるのだね。
そこの駐車場に、このでかい天狗の面がある。

そもそも、火伏せの秋葉神社は、
天狗でもある「秋葉山三尺坊大権現」がご神体であったのだが、
明治維新の話せば長いわけがあって、神道系の火之火具土神を祀っている。

だから、あまりにも火事の多かった江戸の高台に、
祀られたころの秋葉神社は、天狗さんであったのだね。
つまりは、これが東京秋葉原のはじまり。

本宮には、寄進された灯籠がたくさんならんでいる。
よくみていったが、AKBの秋元康さんのはなかったねぇ。
ま、あれだけヒットしたんだから、ひとつくらいは.......

 111102-ak05.jpg 111102-ak08.jpg
 ↑ 山住神社☆画像クリックで拡大します

この秋葉神社本宮上社を起点として、スーパー林道は北へ向かう。
途中に、鄙びた山住神社があって、狛犬さんが、あれぇ、いやにスリムで。
なんで狐? と思ったら山犬だった。つまり、オオカミ。

若き日の家康は、甲斐武田と小競り合いばかりしていて、
それがまた敗走した話ばかりで、この山住神社へ逃げて籠もったところ、
神社のおつかいの山犬が武田軍を襲ってことなきをえたっていう........

なので、山深きところにある神社に「葵の紋」がみられる。
遠州森町の小國神社もそうだけれど、若き家康さんは、
神の加護にすがっては、のちに立派な社を寄進した話がいくつもある。

甲斐武田軍は強かった。けれども南アルプスが間にあった。
若き日の家康には、冬将軍という味方があったんだね。
歴史の if って面白い。

出世地の岡崎、艱難辛苦の浜松、大御所の駿府、この3ヶ所で、
「家康検定」のテストが受けられる。
やってみようかな、と思ったけれど、めんどくせー。

今日もいい日だな。
ほなあした.......

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3865-080749d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな往生も重ねてくれば、それはそれなりの中往生 «  | BLOG TOP |  » ちょっとだけ世間の尺度にあわないだけ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する