topimage

2017-08

ちょっとだけ世間の尺度にあわないだけ - 2014.11.03 Mon

6時に目が 醒めて 、ちょっと迷った。
で、布団の中で愚図ぐずしてたら明るくなってきた。
晴れてるゥ、あ、富士山が.............

それで起きてしまった。
やっと明け始めた里山の上に、ひさしぶりの富士山があった。
いいねぇ、空はたかく鱗雲が浮かんでいる。

 「富士山写真はこちら」←クリック

雨あがりの風が強い。空っ風の赤ちゃんが這いだしたようだ。
そうだな、11月だものね。
うちのまえの街路樹の葉がだいぶ赤くなってきた。

まだ里山は赤くなっていない。
あらためて見てきたが1000m級も青いままだった。
冷え込みがきついので、この月末にかけて一気に紅葉してゆくはず。

秋田のフレンドからは、紅葉の写真が届いた。
もう渓谷が紅葉まっさかりになってる。
日本列島は長いからねぇ。

 1487_1.jpg
 ↑ 秋田のひめさんから.......

雨降りの昨日あたりだと、朝はフリース着ていて、
日中はシャツになり、夕方はまた雨でトレーナー着るという、
もう、目まぐるしく気温が変化する一日だった。

しかたないからCSの「アニマル・プラネット」を一日中観ていた。
こういう自然のなかの動物をみていると飽かないんだ。
ただねぇ、有料視聴のチャンネルにCMのはいるのが納得いかない。

ゾウの群れが人家を襲った。
それは、ゾウが人間の住むエリアに侵入したのではなくて、
人間がいつの間にかゾウのエリアに入り込んだのだ。

 14113-asa5.jpg
 ↑ 朝フォト

あ、無料の日だから観ているんで、文句いっちゃいけないね。
ときどき、知らない間に眠ってるけれど.............
いいんだねぇ、こういう無為の時間の経過がねぇ。

晴撮雨読。
テレビ観て、本読んで、時々うとろうとろして、
こうして、ごんべ爺ィの一日はシアワセに過ぎてゆく。

 14112-asa1_20141103082311792.jpg 14113-asa1.jpg
 ↑ 左は朝ご飯 右は夕ご飯

朝はこれに味噌汁ね。
目玉焼きがキレイに焼けた。フライパンが新品だもの。
青ネギは刻んでパックに入れてある。なにかと添え物に便利する。

夕ご飯はカレーが食べてくて、それだけだと物足りないので、
豚肉3枚を焼き、キャベツも添えた。
これだと皿1枚洗うだけだからラクチンだねぇ。

男料理はたいしたものはできない。
で、もっと勉強してレパートリー増やすという気持ちもないから、
こんなものだけれど、ま、本人がいいとしてるからいいんだろ。でへぇ。

 14112-f01.jpg
 キク☆画像クリックで拡大します

ときどきこういうことが起こるけれどね。
ぜんぶ書いてアップしたら、ここから下が消えていた。
なんだ、コンチキショーと喚いたって、しゃーない。で、しかたなしの書き直し。

で、今日ははやくも3日とあいなり、
カミさんの月命日だから丘の上へいこうか、明日にしようか。
ちょっとだけ迷ってる。今日は祭日だからね。

「あんた、よくいくねぇ、えらいよ」ってカフカフ仲間に褒められる。
1回も欠かさずにゆくからね。もう何年だ? ってわからなくなったくらい。
で、指折り数えてみたら、あれま、もうじき7年になる。

はァ、7年か。で、いつまでゆくんだ?
うん。ゆかないとね、カミさんが寂しいだろって思うんだな。
ま、すべてはオレの心のなかのもの。

あの歌は大嫌いだけれど、そこに、あの人がいるわけではない。
が、オレの心にカミさんが寂しがってる、という思いがあるうちはいけばいい。
それでオレの心が納得するならね。

 14112-f02.jpg
 キク☆画像クリックで拡大します

最近は、他のかたの Blogを読ませて いただいても、
そっと読んで、そっと帰ってきてしまう。
たまに、コメを残したいな......... と思うけれど、なんか憶病になる。

そうなんだね。
そのかたの心に触れることがいえたかどうか、憶病なんだな。
そっと帰ったほうがいいのではないか。そう思ってしまう。

躊躇ったら黙する。最近の基本はこれ。
だってね、ほんとうにその言葉が慰めなり、安らぎになるのか。
ご本人にしかわかりはしない。

オレが、寂しさの真っ直中にいたころ。
そういう機微をこれでもかっていうほど味わったのだ。
お声を掛けてくださるかたは善意なのだ。それが余計に切ないのだねぇ。

黙って見守っていてあげる。そういう接し方だったあるだろ。
オレには、善意の押しつけはできない。
その人でなければわからない心の機微なんだから、適切なこといえるわけがない。

このまえテレビ観ていたら、
亡き坂口良子さんの愛娘杏里ちゃんのデートゴシップをやっていた。
お相手が年上でスキンヘッドのお笑いタレントだっていう。

いいじゃないか、彼女がそれでシアワセならばね。
とやかくいうのは大きなお世話。
いつだったか、坂口良子さんの結婚式をテレビ番組で観ていたんだ。

病気のことなど、すべてを受け入れての尾崎健雄氏の決断だったのだねぇ。
あれを観ていて、オレにも多少は機微がわかるから、
もう、みっともないほどに泣いて、誰もみてないから終いには大泣きした。

あれが、一方で死を見つめている坂口さんにとって、
いかにシアワセであったかが、オレの心を揺さぶった。
えらいぞッ、尾崎ィ。大きな声でテレビに向かっていったもの。

そのお二人の愛を受けて育った杏里ちゃんなのだ。
おバカタレントといわれているけれど、けっしてそうじゃない。
天衣無縫おおらかに育てられて、ちょっとだけ世間の尺度にあわないだけ。

良子さんが育んだ愛情の結果だよね。
オレも、世間の尺度にあわないところが、ちょっとだけあるから、よーくわかる。
いいんだって、おバカといわれても...........

尾崎さんを杏里ちゃんはオジさんと呼んでいて、大好きだっていってた。
あのゴシップがほんとなら、年上のオジさんを好きになるのがわかる気がする。
ま、大きなお世話だけれどね。

そういえば、プロゴルファーとしての尾崎兄弟も、
いうなれば、スケールのどでかい、世間の尺度外の人たちだったよねぇ。
それがいちばんのシアワセだってことは............

世間がなんといおうと、本人たちがよーく知ってるんだ。
オレの人世も、ほんのちょっぴりだけ世間の尺度外だったからねぇ。
ハミダシ野郎の戯言かもしれないけれど...............

文章消えちゃったのは思わぬ不幸だったが、
オレ、今日もシアワセだよ。たぶん、明日もね。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3864-937cc640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴史の if っておもしろいねぇ «  | BLOG TOP |  » 秋はセンチメンタル、そんなな夢を見る

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する