topimage

2017-10

生きとし生けるもの、みんな友だち - 2014.10.30 Thu

昨日はイイ天気だった。小春日和 だった。
ほんとは、晩秋から初冬にかけての、ぽかぽか陽気をいうらしいから、
小春日和というには、まだちょっとはやいかもね。

旧暦の時代にできた言葉だから、ま、新暦にはそぐわないこともあるし、
昨今のへんてこ気候では、違和感でてくるかもしれない。
これを早春につかわないようにね。ときどきみかけるが...........

日本語ってけっこうややこしいけれど、それがまた奥床しいのだね。
あ、そうだ。道草して、いいたいこと忘れた。
昨日は、ちょっとだけはやいかもしれない小春日和だった。

なので............
布団乾して、毛布乾して、ほんわか太陽のニオイに包まれて眠ったのだ。
もう、シアワセ感いっぱいで8時まで眠ってしまったァ。

 141030-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト

明日は雨だっていうので、今日は曇り。
小寒い朝だよ。珈琲ひとくち飲んでぶるッ。
そういえば、眼鏡屋さんへいってこないといけない。

鼻あてがぽろりと落ちた。
ま、眼鏡かけてると、夏の汗後遺症があるもので............
眼鏡がないと、世の中半分ぼやけてるんだからしかたないね。

ついでに買い物してこよう。
コメがなくなった。新米がでまわってきたからね。
美味いかっていうと、よくわからない。

あ、これは新米だ。っていう気分のものだね、オレの場合。
ここがこうだから、こういう風に美味いんだって確信もっていえないもの。
新米だから美味い、って程度だな。

 141030-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

かなり手抜きだね。野菜ないし...........
ま、たまにはイイじゃん。やる気ないこともあるよ。
それでも天丼つくったからね。鯖も焼いたしィ。

なーんでかというと、夕方眠っちゃったんだな。
あれほど眠っておいて、まだうたた寝するか??
ご飯いっぱい食べといてケーキは別腹と云うがごとし。アハ。

ま、どんまい、どんまい、dont mind !!
こういうときもあらーな。

 141029-ks01.jpg 141029-ks04.jpg
 ↑ 秋桜☆画像クリックで拡大します

起きたいときに起きて、寝たいとき に寝る。
食べたいときに食べるし、出かけたいときに出かける。
なにもしたくなかったら、なにもしなくてもいい。

いいなァ、これ。
誰に気兼ねがいるもんかっていうのは、怠け者ごんべにぴったり。
あ、それでもゴミ屋敷にはなってないよ。ホコリはあるけれどねぇ。

いいじゃん。ホコリ高き男、だなんて通じないね。
「誇り高き男」1956年公開、ローバート・ライアン主演 だもんな、
よほどの映画好きでないと.........

ずぼらだけれどね、片付けはきちんとしておかないと、
気持ちが悪いという性格でもあるから、部屋の写真載せると、
男の1人暮らしにしては....... などと褒めていただく。

アハ、ホコリは写真に写らない。
片付けきちんとするわりに、頓着ないって部分もある。
このまえも、キッチンにコバエがいたから、なんとかホイホイ買ってきた。

よそは知らないけれど、うちでは1匹も捕れなかった。
なんだこんなもん、とほかってしまった。
するとね、あんたんとこは網戸もないのか、っていわれたよ。

オレんち、たしかにボンビーだよ。
だが、全部の窓に網戸はついているし、4年くらいまえに張り替えもした。
じゃァ、蚊やコバエはどこから入ってくる? ってことだよな。

つまり、ずぼらごんべは網戸をマメに閉めない。
めんどくせーから昼間はずっとあいている。
来る者拒まずじゃないけれど、ま、そのへんは頓着ないんだな。

生きとし生けるもの、みんな友だち。
わざわざ4階まで飛んでくるんだ。
追いかけまわして、ぶったたくこともないだろッ、ってね。
 
 141029-ks02.jpg
 ↑ 秋桜☆画像クリックで拡大します

イルカ漁の 継承 ができない、このまま忘れ去られるのか。
新聞記事にこんなことがあった。
静岡県でも懐の深い天然の良港を持つ土地には、イルカ漁が伝承されている。

ごんべは、伊豆でイルカ漁をみたことがある。
そのころはイルカは食肉として捕獲されていて、
群れがいた、と一報が入ると港の船全部が出て追い込みに入る。

たまたま釣り船に乗っていて、無線が入ると即座に下ろされてしまった。
なにものにも漁が優先したのだ。
で、港のなかへ追い込んでの囲い網を、夜半に外国人が切って逮捕された。

これは、もう30年もまえのはなし。
たしかにイルカって可愛いよ。大海原の真ん中で遭遇したこともある。
ボートと併走してついてくる。そのつぶらな瞳と目があったこともある。

日本各地にはイルカを蛋白源として捕らえてきた伝統がある。
これは、日本が伝えてきた食文化なのだ。だからして.........
外国文化を基準として、とやかくいわれる筋合いのものではない。

いま、この社会のなかで、イルカを捕らえて食べるかは、
われわれが決めることではないのか。
外国のスタンダードに左右されることはないのだ。大きなお世話なのだ。

オレたちは、イルカの真っ黒な肉を食ったことがある。
あのころの給食には、クジラ肉もイルカ肉もあったのだからね。
正直いって美味くなかったから、みんな嫌いだったはず。

だから、需要としては一般的にない。
ただし、冒頭に書いた日本文化としての「追い込み漁」は続けてほしい。
継承者がなく消えるかもしれないが、社会がそう考えるならしかたがない。

これは、海洋民族としてわれわれの祖先が伝えてきたもの。
その文化を消してしまうかは、その時代の社会的考察があってのこと。
可愛いものをとか、知能のあるものをとかは、その一要素でしかないのだ。

自然保護団体と称するものが、日本へきてまで理不尽な行為をする。
そもそも、彼らのいうことはダブルスタンダードであるから,くそくらえだ。
異文化を押しつけて、他国の伝統を壊す権利が彼らにあるわけはない。

こういうの ↓ はいいたくない。揚げ足取りだからね。
テレビのグルメ番組で、可愛い女性レポーターがいうだろ?
仔牛の肉が軟らかくておいしい...... なんて、平気でね。

矛盾感じてないのかねぇ、彼女は???
あれは、たまたま死んでしまった仔牛の肉なのか?
あるいは、可愛い仔牛のままで、やわらかな肉のために殺されたのか?

ごんべは不明にして知らないが、ま、世の中ってそういうもんだ。
生きとし生けるものの命をいただいて、われわれは生きている。
いちばん大切なのはここではないか。

さぶゥ、気温あがらないね。
ほなあした.........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3860-e0863127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう......... という言葉をよくいうようになった «  | BLOG TOP |  » 脳味噌が揺れた途端にぽろッとでてくるのがいい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する