topimage

2017-08

涙腺のせんぼの自動開閉センサーがいつの間にか変わった - 2014.09.30 Tue

爽やかな 朝だ。いかにも秋っていう。
出窓から覗いた里山はピンクの霞がかかっていた。
あ、いまその切れ間にオレンジ色の太陽がもぐり込むところ。

9月も今日でおわり。先週はなんやかやと慌ただしかった。
ソフトバンクSHOPからの電話で携帯が直ったという。
本体修理、バッテリー交換が、保険範囲内でゼロ円だった。

ま、これで先週のトラブルはすべて終結した。
トラブルに向かって、ひとつずつ解決してゆく。
これが愉しくもあった。

 14930-asa4.jpg
 ↑ 朝フォト

珈琲飲みながら外をぼけぇぇ.......
いつもの起き抜けの時間を愉しんでいたら、あれぇ...........
なにか飛んできたと思ったらトンボ。

朝フォトの材料が向こうから飛んできたァ。
なんて今日はツイてるんだろうねぇ。
どこかいってこよ。

 14930-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

意識して品数減らしてる。
なんかねぇ、目の前にあるものはぜんぶ食っちゃうという、
犬みたいな食いしん坊なので、なければ食い過ぎない。

ま、これだけあれば充分なのに、目が欲しいんだよね。
目玉焼き添えようかと思ったけれど、
フライパンが洗ってなかった。

郵便局寄って、携帯SHOPへ寄って、
ついでに、その先のスーパーへ寄ってきた。
家計簿つけてはいないが、月に5000円以上食費が増えている。

それほど買ってないのに、レジで4.500円とか。
ま、イイ加減にしなさいや、弱者いじめは..........
なんて愚痴をいいながら、安倍総理の所信表明聴いていた。

 14930-sn01.jpg 14930-sn04.jpg
 14930-sn04.jpg 14930-sn05.jpg
 ↑ 佐鳴湖風景☆画像クリックで拡大します

昨夜も9時過ぎに寝てしまったのだけれど、
ベッドから見える夜空に、細いお月さんが見えた。
しばらく見上げていた。

 雨降りお月さん 雲の陰
 お嫁にいくときゃ誰とゆく

野口雨情が亡くした2人の娘を偲んで書いんだってね。
秋の宵はちょっとセンチになるのか。
眠る前の何秒かの..............

 ♪1人でから傘さしてゆく......

2人の孫の花嫁姿を見たかったろうになァ。
あ、カミさんがねぇ。
ぐしゅん。

 14930-sn03.jpg
 ↑ 佐鳴湖風景☆画像クリックで拡大します

人は要するに 変わり身 なんだよな。
これだけじゃ、なんのこっちゃだよねぇ。
なにかの壁にぶつかったとき、どう凌ぐかっていうこと。

不肖ごんべ、鼻っ柱は強いほうだと自認していたのだが、
かけがえのない人を失ったという、
わが身に降りかかった最大の不幸を受けて、脆くもぐやぐちゃ。

そう簡単には変わり身ができないものなのだ。
狼狽えて、わけもわからず、もたもた、ぐずぐず、めそめそ、
ときに、ずたぼろ雑巾のように心を病むんだ。

つまりは、自分が自分で穴を掘り、そこに身を隠して悶えていた。
情けない。それをわかって要るが、どうにもならない。
傷心.という言葉がある。文字通りに傷んだ心。

人はロンリーハートにあるとき、
他の人のハートにも敏感になるんだね。
自分のことはともかく、他の人のハートが覗けてしまう。

大人になってから3回くらいしか泣いたことがなかったのに、
あの人を失ってからは、他の人のハート覗いてまでとめどもなく泣いた。
それは、自分自身の悲しみによって、素直な心になったというか。

テレビを見ていて、知らない間に涙で頬を濡らすのだね。
ただし、なぜか悲しいシーンでは泣きはしなかった。
あたらしい生命の誕生だとか、シアワセの絶頂にある2人だとか。

そういうシーンに感動して、ぽろぽろ、おんぼろろ。
もう悲しみはいい。そういう感情があったのだろうね。
知らぬ間に拒否していたらしい。

で、なんだよ、また泣いてるのかぇ、おまえは............
自分でそう思って泣き笑いした。
涙腺のせんぼの自動開閉センサーが、いつの間にか変わったんだね。

これは、ただ単に年齢のせいで、
涙もろくなっただけではないと思うのだ。
ある種の感受性の目覚めというか。

かけがえのない人を失い、それによって目覚めた心情なのではないか。
だから、そこを通り抜けた先輩の言葉は素直に聞く。
で、先輩はこういった。

 泣けるときは、手放しで素直に泣きなさい。
 泣くっていうことは、ガス抜きなんだからね。

たしかに、人間の脳のメカニズムの優れたところだと実感した。
泣くということは、ストレス解消であったのだ。
ただし、自分のハートを立ち直すのは、自分でしかない。

この鉄則も学んだ。
たとえば、おなじように別離に戸惑っている人がいても、
そっと見守ってあげたり、一緒に振り返ってあげることはできる。

けれども、それ以上は踏み込んではいくことはできない・
ごんべは、先輩たちの、このちっちゃな心遣いのプレゼントが、
なによりもうれしかったからね。

傷心だからこそ、デリカシーの壁はある。
ここが肝心なのだ。
静かに見守ることで、その共鳴の余韻を消さずにいけたら、それでいい。

踏み込みすぎると、ときに不協和音になりかねない。
触れあえそうで、すれ違った人も何人かある。
不協和音には、非情になってもいい。

なぜならば、おのれのハートがいちばん大切だからね。
それを守るのは最優先なんだな。
そっと逃げる。それ以上は触れあわずに、そっと逃げる。

逃げるが勝ちってこともある。
黙ってりゃ通過していく。
自分が平穏な心を取り戻せればいい。

こうして、オレの単身生活も7年目を半分過ぎた。
あっという間だね。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3829-0a3a15d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人世ってトータルしてなんぼなんだよ、きっと........ «  | BLOG TOP |  » 遊びにゆくときいつもいう、オレの肩にのっといで......

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する