topimage

2017-10

先輩のアンサーはまさに真理だった - 2014.09.06 Sat

窓から残暑が攻めてくる。ジワァ と暑くなってきた。
もう、7時はとっくにまわったけれど、いま起きてきた。
昨夜、遅くまでボクシング観てたからね。

最初の村田選手のときは、半分眠ってた。
あ、眠ったらいかん。八重樫戦が見られなくなる。そう思いつつ眠ってた。
で、2戦目の井上ですこし目が醒めた。11回TKO、危なげなかった。

そして、3戦目。人間八重樫選手が神ゴンザレスに挑むとという試合。
八重樫はチャンプなのだが、挑むなんだ。
プロで39戦して無敗。3階級制覇をめざしてのこの試合は、まさに壮絶だった。

八重樫選手は、最後まで戦う姿勢を見せ、9回に散った。
でねぇ。0時まわってたのに眠いどころか、完全に目が醒めてしまい、
ベッドへいったけれど、ひさしぶりにごろごろ。興奮してた。

八重樫選手は、こういうスタイル。
ひょっとして、倒すんじゃないか。こう思わせる職人気質のボクサー。
スマートじゃないけれど、オレ、こういうボクサーが大好きだ。

 1496-asa04.jpg
 ↑ 朝フォト

なので不肖ごんべ、寝不足でありますよ。
6時間では足らない。
ま、午後になったら昼寝でもいたしましょ。

いまは、薄青い空が広がってるけれど、天気予報は曇。
日差しがあると、未だ暑いのだね。
昨日も午後は蒸し暑くて、エアコン入れようかと思ったくらい。

でも、残暑の向こうに、秋の気配が忍び寄ってはいる。
センチメンタルにはなりそうにもないが、
公園でも、動物園でも、枯葉が散策路に落ちているようになった。

1496-asa2.jpg
 ↑ 昨夜のお月さん

中秋の名月は8日だそうな。晴れてればいいね。
ごんべが幼いころ、バァちゃんが「ヘソだんご」つくってくれた。
「ススキとっておいで.........」といわれて、川の土手へゆく。

ヘソだんごは、うどん粉のだんごを平たくして、
まんなか指で抑えてヘソつくるだけ。あんこがはいってない。
「あんこ、入れてぇ.........」

「ダメッ」って、バァちゃんとの会話を思い出したなァ。
ごんべの誕生日の4月8日は、お寺の境内で甘茶をもらえたんだ。
ああいう、ならわしって、なくなってゆく。

バレンタインだとか、商い絡みはメディも煽るけれど、
家庭のなかにあった24節季の意識が消えてしまったもだなァ。
もっとも、こういう気象のなかだけれど..........

 1496-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

豚肉と蒟蒻を甘辛く煮た。
牛蒡があるとよかったのだが、あいにくと、
いつもながらの急な思いつきでぇ..........

これで3日くらいは食べられるか。
もう1品、キンメの干物を焼こうかと思ったのだが、
解凍が間に合わず、今朝にまわした。

煮物してたら暑かったァ。
ひさしぶりに、キッチンで汗びっしょり。
こんなときのビールが.......... 残念。なかったねぇ。

 1494-zoo17.jpg
 ↑ ヒョウ柄のジャガー??☆画像クリックで拡大します

いつの間にか、ブログ村のランキングが5位だった。
それほどのこだわりはないから、このヘンにいればいい。
目下の関心は、100万hitだからね。

 パソコンのなかの現やちゃらんぽらん   ごんべ

ま、まるっきりの偽装ごんべではないけれど、
ここで,素っ裸になって、すべてを晒すわけにはいかんよね。
「てんちゃら.........」なりのストーリーはある。

いま、エントリーしているカテゴリーは、まさに女性上位。
日常の出来事書かれるわけだけれど、
うん。文章の向こうに、そのかたが見えてくる。ほんと。

それが虚像であれ、真実であれ、どうでもいい。
「てんちゃら.......」にいるオレが、
のんべんだらりんちゃらんぽらんと生きた証しだけあればねぇ。

日本のブログがこういう形態であるからか、
世界のWeb事情のなかでも、ブログを読む回数が異常なほど多いらしい。
総エッセイスト化っていえるだろうね。しかも、女性上位の..........

なにが目的なんだろうか。
聞いてみたいけれど、大半のかたはコメ欄閉じてるよ。
あ、ごんべ?

より多くのコミュニケーションのためブログを書く。
だから、玄関はいつも開いてる。
あ、勝手口も開いているからねぇ。

 1494-zoo15.jpg
 ↑まだ2歳、どこかに幼さが残る☆画像クリックで拡大します

いま起きている 異常気象 といわれるもの。
これは、地球という星の歴史から考えれば、なんら異常ではない。
あ、ごんべがいったんじゃない。あるセンセがそういってた。

しからば、なにが異常であるかというと、この星のすべてが凍ってしまい、
いまより海面が100m低い状態だそうな。
ま、これくらいは、地球って星がクシャミしたくらいのもんだ。

なんか説得力あるんだな。さもあらん、と思ってしまう。
この世のすべては、
このままの環境がずっと続くことを前提で成り立っているんだ。

人類は滅亡するかもしれない...
なんてことは、だーれも夢にも思っちゃいない。
余所はどうでもうちだけは......... て思ってないか??

ブログに書いてることだって、いつまで、これが続くんだ?
誰も疑ってはいないけれどね。
いつだったか、この世の終わりが、明日くるとしたら.........

テレビで、こういうテーマでのインタビューがあった。
美味いもん腹いっぱい食べるとか、
恋人とベッドで過ごすとか、いろんな人がいろんなことをいう。

そのなかで、85歳の先輩が問われて、迷わずにいったね。
「そんな幸せなことはない...
 誰の世話にもならず、みんなと一緒にイけるんですよ」

まさに真理ではないか。
で、子供のときに観た映画を思い出した。
巨大な彗星が近づいてくる。ハレー彗星だったろうか。

このホーキの部分が地球をすっぽり包んだ間だけ、
地球上の空気がなくなる。
で、金持ちたちは空気を溜める風船などを買い集めた。

庶民は、はじめバタバタし、やがてあきらめて、死ぬ覚悟をする。
が、彗星が近づいても、なにごとも起きなかった。
この映画をみたとき、恐怖はなにも感じなかった。

あ、みんな一緒だったら、死んでしまってもいいかな.........
死というものをを初めて考えたのが、これだった。
小学生のクセに、なぜかそう思ったのだ。

思春期に、ひしゃげるような思いはした。
が、自ら死ぬという選択肢は、ついぞ頭に浮かばなかった。
いまに至るまで、その思いは続いている。

2歳で入った結核療養所で、
生きたいともがきながら死んでいく人を何人もみた。
で、生きてりゃなんとかなるさ........... という確信が強くなった。

多くを望まなくても、
定められた人生を面白く生きられればいいのだと思った。
だいたい、あそこに何年かいると虚無になる。

世の中斜に構えてみるようになる。
強い薬の後遺症に苦しみながら、ますます虚無が強くなる。
カタにハマるのが嫌いになる。ハメられるのが嫌いになる。

その世間をハミ出したオレを、
受け入れてくれたのがカミさんだった。
彼女との別離はごんべの人生で、一番つらいことだった。

それもしかたのないこと。
悲しみの坩堝にあって、そう思えるわけがない。
なんだ。この期に及んで、まだオレに試練を与えるのかょ。そう思った。

人生とはそういうものなのだから、耐えるしかない。
そこまで思えるのに3年かかっている。
もしも、この世の終わりが、明日くるとしたら.........

うん、いいよ。
って、ジタバタせずにいられると思う。
たぶん。

あ、↓ が書きにくいね。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●

とても素敵な答えでした

私には、考えも及ばない事でしたけど・・・。
こちらで言葉を目にした瞬間、あ!そうか・・・って。

>「そんな幸せなことはない
 誰の世話にもならず、みんなと一緒にイけるんですよ」

そうだよね、
流す必要のない血が、世界のあちこちで流れているのだから。
そんなこと、全部、やめてしまおうぅ~そして、
みんな一緒にいけるのであれば~私も^^v
怖さではなく~~幸せ~~って叫ぶよ☆


こうやって、読ませて頂いた事を・・
素直に感謝できるブログにめぐりあえたことを
いつも「ありがとう・・」って思っているんだよ~☆

Re:菜菜さん

コメ、ありがとう。

たしか、80歳代の先輩でした。
ごんべも目からウロコがぽろぽろでした。
まだまだ、ごんべがごときは足許にも及びませんが、
すこしずつでもそんな心境に近付きたいと思います。

煩悩の塊です。
結局人っていうものは、
こうして煩悩にまみれて死んでゆくんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3805-63c11608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手抜きこそ男寡夫の文化である、ってダメかなァ «  | BLOG TOP |  » 逞しく生きろ、この先ながいぞ、それゆけやれゆけ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する