topimage

2017-10

せまいニッポンそんなに急いでどこへゆく?? - 2014.08.29 Fri

布団すっぽり、クビ までかけて眠ってた。
あれぇ、22℃だもんねぇ。
この間まで設定していたエアコン温度よりも低い。

おかげさまで、ぐっすりこんこん、でありますよ。
今夏は寝苦しいということが、ごく少なかった。
もう、本領発揮。眠るゥ、眠るゥ。

で、起きてきたのが5時15分。
もう1度眠るつもりが、出窓の向こうに富士山があった。
キレイだった。もう、半世紀も見てきたのに見惚れちゃう。

 14829-asa6.jpg
 ↑ 朝フォト

静岡県は東西に長いからねぇ。
西の外れの浜松は富士山から100kmも離れているわけで、
ひょっとしたら、神奈川県の湘南あたりからのほうが富士山にちかい。

でも、こうして里山の向こうに富士山があると、ほッとする。
よーし、今日もオレなり頑張るでぇ........... て気になる。
そういう存在なんだね。

昨日も涼しかったから、掃除機かけた。
えへぇ、このまえいつやったんだろ。忘れてるくらい。
暑いと汗ぽただから、埃じゃ死にはしないって気になる。

で、すっきりしたね。
なにも落ちてない部屋ってすばらしい。アハ。
酢かなんかこぼして、べとべとする台所のフロアも雑巾がけした。

で、いくら涼しくても汗ぼたになった。
あァ、ビール買っとくんだったァ。
って、あとの祭りよ、わっしょい、わっしょい。

 14829-asa1.jpg 14829-asa2.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

久しぶりのベーコンタマネギ蒸し。
ルクエで電子レンジ4分、それだけで見栄えもいいし、
ものぐさ主夫にはもってこいなれど、ベーコンにやや飽いていた。

ひと頃、こればっかり。
たまにやったら、赤魚干物の沼津加工の塩加減とあいまって、
タマネギの甘さが絶妙だったねぇ。

なるほど、ひとつ憶えた。
数を並べりゃいいってもんじゃなくて、味の相互作用がある。
なんて、いまさらながら........... ←遅いっちゅうの。

カミさんは、所帯もった当初から料理がばんばんできた。
両親がデパートのなかの床屋さんだったから、
母親のかわりに、小学校のころから台所に立ったらしい。

だからねぇ。
すぐに、なんにもやらないぐーたら亭主になったってわけ。
でも、その分いまやってるんだから、せわァない。

じんせぇーって、プラス・マイナスゼロ。
どこかで帳尻合わせるんだな。

 14827-km23.jpg 14827-km24.jpg
 ↑ 考えるスズメ☆画像クリックで拡大します

いよいよ、JR東海のリニア新幹線が着工らしい。
静岡県も通るんだ。一応ね。
南アルプス貫通トンネルで通っていくのだから、はっきりいえば傍迷惑。

その残土で渓を埋める。大井川の水量が減る。
で、その残土処理場所が、
南アルプスエコパーク申請場所のなかだっていう。

だから、自然保護の見地で、かなり厳しくみているけれど、
ま、リニア景気にわく人々からみたら、意地悪しずおか だろな。
いままで、そうやって、なしくずしで自然破壊をしてきた。

おなじ轍を踏むのは愚かなこと。
いつのころだったかいったよね。
「せまいニッポン、そんなに急いでどこへゆく」って。

ここに一番ちかい駅は、飯田市の元善光寺付近らしい。
が、JR東海は地方駅なんかどーでもいいんだよね??
東京←→名古屋を40分で走れればいいってのが本音なんだよね。

どっちにしろ,オレは木枯らし紋次郎。
「あっしにゃ,かかわりのないことで.........」
たぶん、できるまえにおっちんでるだろ。

 14827-km10.jpg
 ↑ 小魚狙うシラサギ☆画像クリックで拡大します

ごんべが中学生のころ、当時は 国内有数規模 の佐久間ダムが、
工事中で、そこの油圧関連のなにかを父親が手がけていて、
1度だけつれていってもらったのだ。

まだ純粋な少年は、完成間近のダム堰堤の規模に圧倒され、
これからの日本の復興は、こういう技術によって切り拓かれてゆくんだ。
よし、オレも発展を担う技術者になろうと思ったりした。

で、それから半世紀ちかくが経った。
日本三大砂丘の1つだった中田島砂丘は、
悲しくなるほどにスケールダウンし、端のほうには無粋なブロックがみえる。

天竜川河口は、波蝕が激しくて、無粋な波消しブロックが並んでいる。
場所によっては100mちかくも渚線が後退した。
なぜだと思う??

つまりは、需要と供給のバランスが崩れたのだ。
あ、天竜川が吐き続けてきた砂礫や砂利が、佐久間ダム以降に造られた、
船明、秋葉とう3つののダムによって堰き止められたと考えられる。

あれほど、竿が林立した天竜川の河原に、いま釣り人の姿はない。
流れへ足を入れれば、踏んづけてしまうほどいた天然アユはいなくなった。
天下の急流をのぼるための逞しい尾鰭をもった天竜アユのDNAは絶えた。

なぜか??
ダムが機能を失うほどに溜め込んだ細かい砂を流すためだという。
細かい砂が石を覆い、アユの餌となるケイ藻がつかないのだ。

たしかに、人々は高度成長を謳歌し、ダムを造ることはその象徴であった。
けれども、その得られた便利さの陰で失ったものが数多ある。
そして二度と復活が望めない。

その責任を誰かとったのか、とはいわない。
JR東海のリニア新幹線だってそう..........
その便利さは大きな代償を払う可能性があるということ。

そして失ったら戻らない。
だから、二度とおなじ轍を踏んではいけないのだ。
ごんべは釣り師として、その推移を微細にわたって感じとってきた。

釣り師の自然から感じとる考察は、たぶん、学者よりも深い。
なぜならば、そこに棲む魚とより多く接するためには、
その環境の変化を微細に察知しなければならないからで、それも釣りの腕前のうち。

ある日、天竜川河口へキス釣りに行った仲間から電話があった。
砂の様子がおかしいという。いってみた。
渚の砂に足首がもぐってしまう。

思いあたるのは、ダムの機能を失いかねないほど溜まった砂礫を、
台風後の出水にのせて流したこと。
どうやらダム湖に溜まった砂は粒子が細かいらしい。

なにをいいたいかというと、砂が流れてこずに浸食がはじまった。
それならば、溜めてしまった砂を流せばいい。
そういう単純な思考が通用しないのが自然なのだということ。

粒子の細かい砂は渚線に留まらず、沖合までが浅くなり、
いくつかの沖瀬を形成し、そこに棲む魚の生態もかわってしまった。
釣り師だけが関心をもっていればいい、という問題でもない。

静岡県は、かなり厳しい目でリニア工事を見守っている。
けっして意地悪ではない。もう1度書く。
連綿と続いてきた自然の営みを失うという轍を踏んではならないからだ。

あ、久しぶりにアツく語ってしまったねぇ。
ほなあした..........


20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●

熱い記事~★

ありがとうございます^^
読ませていただきました!

Re:菜菜さん

読んでいただいて、ありがとうございました。

のんびりゆこうぜ、オレたちは。
なんだけれどね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3797-91af654c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孝行に気付いたときは女房なしってね «  | BLOG TOP |  » 人の心のもちようは人それぞれ大きな世話だから..........

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する