topimage

2017-10

それにむかってのプロセスが愉しけりゃいい - 2014.08.17 Sun

ひさびさに 明るい朝 だ。窓にはさっきまで雨が降ってた跡がある。
青空が広がっているけれど、天気予報みたら昼前後は雨らしい。
梅雨時みたいに前線が列島を覆ってるからね。

あれぇ、空が真っ青になってきた。これで雨が降るのかしらん。
もうヤダっていったてしょーがないが、じとじとベタベタを脱したいなァ。
ただ、夜が涼しいのはいい。おかげさまで、ぐっすりこんこん。

でぇ...............................
ここでマウスにぎったまま1時間眠った。
よく眠れるよねぇ? といわれるけれど、これが眠れちゃう。
椅子のハイバックに頭つけたら、ストンッ。

あは。これは編集者のときに身についた職業上の特技なんだろうね。
いついかなる状況でも、眠いときは直ちに眠るという..........
深夜まで仕事していて、これができなきゃ身体がもたん。

で、外はいつの間にか曇ってた。
猫の目のようにくるくる変わる。
洗濯物カラッと乾く天気はいつくるんだろ。

 14817-asa6.jpg
 ↑ 朝フォト

あ、今日は日曜かァ。
毎日が日曜日の不肖ごんべであるけれど、
世間の休日にはめったに外出しないから、一応は意識している。

人混みがいつの間にか苦手になっている。
街の雑踏のなかを目的地にむかって颯爽と歩いた日は遠くなった。
なんかね、人酔いするんだな。目に入ってくる色彩だろうか。

こういう雑多な色が処理しきれないのかもしれない。
それは、どこに出るかというと、ごんべの場合は持病の三半規管へでる。
つまり、身体のバランスがとれないのだ。

ムリをしないこと。
なんとかの冷水に要注意ってこった。

 14817-asa1.jpg
 ↑ 昨夜のご飯

もう暑くて、じとじとベタベタで、な〜〜〜〜〜んもしたくない。
コンビニすらゆきたくない。
で、手抜きご飯。

肉とキャベツは、ちょっとだけ包丁とフライパンのおでまし。
ま、これくらいあればシアワセのうちだよ。
うまかった。

 14814-hh26.jpg 14814-hh11.jpg
 14814-hh08.jpg 14814-hh09.jpg
 ↑ 打ち上げ花火☆画像クリックで拡大します

花火写真をなんとか処理しおわってAlbumへUPした。
ま、反省点ばかりだけれど、こればかりは、また来年だから忘れちまう。
手筒花火は、縄張りがかなり遠かったのでピントがアマいんだね。

☆アルバムは ↓ ↓ です。観てください☆

 「打ち上げ花火 Vol.1」 「打ち上げ花火 Vol.2」 「手筒花火」

打ち揚げ花火は、今年のテーマがすこーしだけできたような?
下段左のような丸みがだせたのに自己満足。
まァ、所詮は自分が自分で「いいねぇ.....」といってればいいんだ。

プロじゃないんだからねぇ。
アルバムへアップして自己満足してればいい。
こういうのが撮りたい。それにむかってのプロセスが愉しけりゃいい。

でも飽くなき探求心は忘れちゃダメだね。
こんなもん、果てはないんだから...............

 14814-hh12.jpg
 ↑ 打ち上げ花火☆画像クリックで拡大します

昨夜ご飯食べたあとに、ごろっとして テレビ観て いた。
宮路オサム氏の顔ひさびさにみて、いっしょに「女の操」を歌う。
いやはや、イイお爺ィちゃんになって、ご同慶の至り。

そりゃァ、そうだよな。あれから半世紀だっていう..........
エルヴィス・プレスリーが生きていれば、78歳なんだってね。へぇぇ。
青春は遠くなりにけり。

エルヴィスといえば、あの髪型リーゼントだね。
ごんべの先輩に、あれをびっちりとキメている人がいた。
けれども、日本人の直毛は耳の後ろで垂れてくるから、ポマードこってり。

あのころはまだ、がちがちに固めるヘアースプレーはなかったと思う。
だから、先輩、暇さえあれば後ろ髪へクシをいれ、
両鬢から持ってきて、真ん中で縦筋入れる。

で、流行りものだからって、ごんべも長髪にしてみたところ、
なにせ親から貰ったDNAが天然パーマ。
ま、エルビスのようなきれいなヒサシは絶対にできっこないのだねぇ。

で、一応伸ばしてみたけれど、額に下がるのはチリチリ丸まった、
ま、だいぶ後世のM・ジャクソンみたいなスタイルになった。
でもねぇ、ロカビリーが一世風靡して、ダイアナの山下二郎さんがこれだった。

そのあとに、♪ボクの髪が肩まで伸びたら............ のフォーク長髪時代。
あれはただ単に、床屋へいかずに延ばし放題という............
そのあとに 神田川 の貧乏だけどシアワセ.......... につながってゆく。

オレね、あのヘンは好きじゃない。
なぜかというと、ごんべは、そのころ真性貧乏だった。
雨が降ると蛞蝓のでる三畳間で、うじうじうじうじ、ずたぼろ青春送ってたからね。

そのあとに流行り始めたのが、短めのケネディカット。
これなら親譲りの天パでもなんとかなると、以来ン十年そのまんま。
ファッションもヘアースタイルから靴の先までアイビーひと筋になった。

以来、今日までボタンダウンシャツを着続けるアイビー爺ィ。
ところが、昨今のクールビズでノーネクタイとなり、Vゾーンがだらしないからって、
猫も杓子もボタンダウンシャツというのが、オレには気にくわない。

ま、その髪も最近は年齢相応に、てっぺんがちょっと寂しくなってきた。
親友ごんたクンのてっぺん眺め、あはは......... と笑ったら、
そっちだっておなじようなもの.............. と返ってきた。

けれど、アイビーひと筋40年も、
かえるとすれば五厘刈りのスキンヘッド。
ま、そのバリカンで刈って上げるといった人も、いなくなってしまったなァ。

別にダンディズムを忘れたわけではないけれど、
ま、人間70年以上もやってると、
鏡の前でドライヤーがァがァてな時間も、決定的に短くなる。

が、中途半端な天パだからやらないわけにもいかない。
てっとりばやくすませるけれど、
それが、若いときと違っていい加減だから、翌る朝の寝癖の酷さってないね。

シャンプーしていて、その手応えの頼りなさは情けなくなるけれど、
これとても世間一般並み、それほど気にすることもない。
腹は太くなるが毛は細くなるという、自然の摂理にしたがったまでだ。

ところが世間には、
いくつになっても黒々ふさふさてヤツがいるもので、
こういうヤツに限って他人の頭髪事情にデリカシーの欠片もありゃしない。

いつだったかも、釣りにいっての帰りみち、
汗掻いた帽子をとって、先を歩いているごんべの背後から忍び寄り、
てっぺんピシャリと叩いて「あんたもちょっときたなァ」と容赦なく笑いやがった。

ま、それほど気にはしてはいないけれど、
このときばかりはムラムラと殺意がわいてきたが、
相手はばりばり警部補なんだね。

じゃァ、シャワーして髪洗ってこよ。
ほなあした......,,,

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3785-dd18a082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘソ曲がり引っ込めて素直に喜びを表し素直に礼をいう «  | BLOG TOP |  » オレの頓珍漢の半分は天然でもあるけれどねぇ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する