topimage

2017-10

人間それっくらいがちょうどイイとだれかがいった - 2014.06.27 Fri

もう、快適温度 だから、なんぼでも眠れる。
目が醒めて時計見たら7 時をまわってた。
今日は金曜日か、と主夫脳が目覚めて、そのまんま可燃ゴミの始末する。

すこしずつ断捨離もどきをしているので、今朝は2袋。
サラリーマン時代のなんやかや、まだ、しまってあったのだ。
これがけっこうあるゥ。

週2回捨てて、1年くらい経ったら、だいぶ減るかもしれない。
いっぺんにやればいいんだけどね。
そこが、のんべんだらりんごんべだからねぇ。

怠けもんの神さんも捨てちゃったら寂しいし、
貧乏神はでていきそうもないし、
あいかわらず寝坊助だから、泥 (でぃ) は居座ってるし..........

あまり、やりすぎてもいかん。
妖怪屋敷じゃなくなっちゃゥ.............

 14627-asa3.jpg
 ↑ 朝フォト

あ、雨降ってきた。
窓際のパソコンデスクにいると雨のニオイがする。
むわッとしたような.............

昨日は、ごんたクンとトンボを撮りにいった。
池の水辺にいると、涼しい風が吹き抜けて汗をかかなかった。
ところが、お手洗いが山の中腹なので、いってきたら汗びっしょり。

いろんな種類のトンボが飛んでいて、
ごんたクンは、トンボを宙で捉えるホバーリングにアタック。
不肖ごんべは、SONYでアップを撮る。

いままで姿を見せなかった猫たちを何匹か見た。
別称、猫公園だったここも個体数はかなり減っている。
餌やりの人も見かけた。

 14627-g1.jpg
 ↑ 都田公園の猫

なぜ、公園猫が絶えないんだろうね??
不思議だね。
トンボの写真を撮ってるうしろで「マロ」がずっとみていた。

お公家さんみたいな眉毛をした猫。
皮膚癌で耳がない。
ゴロゴロって喉を鳴らしながら寄ってくると、心は複雑。

ぜんぶ、人間の都合だもんな。
おまえたちがここで生きていけるのも、
こんなメタボでいられるのも........

 14627-asa1.jpg
 ↑ 進化する「焼きキャベツ」

焼きキャベツが、すこしずつ進化している。
ルクエで蒸した「そらまめ」や」や「ブロッコリー」がいっしょ。
「山葵漬けとシラス」「小女子の釘煮」で充分に満足でござい

今日は買い物にいくから、美味しそうな弁当かってこよ。
野菜ばっかりじゃ、身体の脂が切れる。
え、お腹にいっぱい溜めてるって? そうだけれどさァ。

 14626-tmb04.jpg 14626-tmb02.jpg
  ↑ トンボを撮る☆画像クリックで拡大します

、ぎっくり腰ね。治ってるゥ。
オオカミ少年だね、これじゃ。すんまへん。
ご心配いただいてるのに、イイ加減なやつで...........

でも、時限爆弾かもしれないから、ムリはしないことだね。
昨日もトンボに近づくために、サクを超えて池のノリ面へ降りた。
ここで、グキツとなったら、確実に池ポチャだ。

目の前にオニヤンマがいたけれど自重してサク内へ戻った。
オレらしくもないブレーキが掛かってるゥ。
いつもだったら、後悔すんな、ってイケイケどんどんなのにィ。

あのね。なにせ腰だからね。
動けなくなったら、食いしん坊ごんべ、いちばん困るんだからね。
誰もつくっちゃくれないでしょ。ふふ。

 14627-tmb07.jpg
  ↑ トンボを撮る☆画像クリックで拡大します

フロントガラスの向こうに入道雲があった。
「夏らしい雲だねぇ」と彼がいい、「そうだな......」とオレが答えた。
ごんたクンと都田公園からの帰りのこと。

あ、どこかで見たな。
そう、あれはカミさんとどこかへいった帰り、
赤電の踏切越しに見た風景だったような気がする。

なぜ、憶えているかというと、電車の通過待ちのとき、
「わたし、いつまで傍にいられるかなァ.........」
と、独り言のように彼女がいったのだ。

いなくなるなんて、まったく夢にも思わなかったころ。
誰だってそう...........
現実にならなきゃ、誰も気がつかない。

カミさんはずぅぅ........... と仕事を頑張ってきた人だったが、
一人娘を嫁にだしたら、その反動なのか、
ますます仕事を熱心にするようになっていった。

なのでオレとは、ますます、サイクルがあわなくなったのだ。
大安の週末の朝なんぞは、起きていくと食卓に3食のおかずが並び、
1食ごとに「チンは何分です」などとメモがついてた。

オレはオレで、会社へいったきり、帰ってこないのが再々。
だから、ひとつ屋根の下でも、お互いに極力干渉せずに、
自分のペースで仕事をして、自分のペースで暮らしていくようになった。

それでないと、
2人の負担が大きくなって、心のどこかに歪みができる。
「1人+1人=ときどき2人」そう、オレは嘯いていたんだねぇ。

お互いを尊重して、お互いのスペースで、お互いのペースで暮らす。
これがいちばんいいと思っていたのだ。
たしかに、あのときはあれでよかったのだと、いまも思っている。

が、最後の夜に、
自分の思いを伝えていったカミさんとの別れを思い出すと、
あれは、オレの都合だけじゃなかったのか....... ってねぇ。

カミさんは寂しかったのではなかったか。
もっと、もっと、接してやったほうがよかったのではなかったか。
「ごんべの朴念仁」なんて、カフカフ仲間にいわれて........

そんな迷いがオレを責めたけれど、ま、しゃーないよね、
いまさらだもん。
ごめんな。わかってやれなくて............

そんな思いに取り憑かれたときは、
いつもちょっと詫びるけれど、これがまたすぐに忘れる。
「イイ加減なヤツで..... 」といったら............

「人間それっくらいがちょうどイイ」とだれかがいった。
うん、そうかもな、って慰めになるゥ。

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


画像つきコメントはこちらへどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●

トンボ

赤いトンボの隣は、何ていうトンボですか?

Re:☆彡さん

コメありがとうございます。

あれはチョウトンボです。
後ろの翅が幅広くてチョウのようにひらひら舞います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3733-81074902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いましばらくはなんだ坂こんな坂超えていく «  | BLOG TOP |  » いまのペースで飄々と生きていければそれでいいのだ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する