topimage

2017-10

これからの孤の時代にあって孤をいかに愉しむか - 2014.06.20 Fri

うん。快適 だねぇ。なんぼでも眠れる。
昨日に続いて、すこぶる快適睡眠温度なのでありますよ。
9時間ぐっすり昏こん、シアワセな目醒ぇ。

先日の小国神社で、おみくじひいたのだ。
これが中吉で、書いてあることがシアワセじゃなかった。
それがぜんぶ吹っ飛んだねぇ。

昨日も天気晴朗なれど、涼しい風が吹いて、
浜名湖湖岸は爽やかで居心地のイイ雰囲気だった。
浜松の奥座敷、舘山寺温泉へいったのだけれど、それは............

 14620-asa1.jpg
 ↑ 朝フォト

実は、カミさんとごんべの指輪が遺っていた。
チェーンに通してネックレスにすればいい、
というアドバイスもらったが、オレ、そういうの、キライ。

なので2つの指輪がパソコンデスクの小箱に6年間眠ってた。
そうしたら、知り合いにジュエリーを扱ってるかたがいて、
買い取ってくださるというのだ。

で、相場が売りどきらしくて、もっておいでと連絡あって、
そそくさと、そのお住まいのある舘山寺温泉へいった。
これが最後のカミさんとの決別だもの、多少の躊躇がないことはない。

ちょっぴり複雑ではあった。
が、カミさんの24Kとごんべの22Kで、買取価格47.500円。
うひゃァ、1万円くらいかと思ってたから、びっくり仰天。

んで、訣別の感慨なんてぶっ飛んだ。現金もらってゲンキンなもん。
カミさんにゃ、わりィーけどウキウキしちゃった。
ま、正直なところ。

それで、朝フォトでアシカが、
なんでシアワセそうな顔してるかだよね?
帰りに舘山寺温泉から動物園のまえ通って、ん、せっかくだから.....

そう、寄ったのだ。カメラはいつももってる。
で、もうひとつのシアワセが........
入園料払おうとシニア割引申請したら、70歳以上無料だってぇ。

ところがねぇ、この時期は暑いものだから、動物たちもぐったり。
やってらんね、って眠ってるゥ。
最後にサル山へいってがんばろ、テキトーにとばしていった。

で、ニホンザルへいったら餌の時間と見えて大騒ぎ。
ほんのすこし撮ったら、あれぇ、電池切れでありました。
なんか、写欲漲ってたのに.......

車へ乗るとき、腰あたりにわずかな違和感があった。
が、足はなんともない。
さすがは、もとアスリート。タフガイ爺ィの面目躍如だァ。

 14620-z1.jpg 14620-z02.jpg
 14620-z04.jpg 14620-z3.jpg
 ↑みーんな眠ってるゥ☆画像クリックで拡大します

で、このまえの1万歩と昨日の2000歩と、これだけ歩けば、
すこしは痩せると思うよねぇ。
ところが、どっこい。なんにも減らねぇ。

もう、帰ったら、腹減って、腹減って、5時からご飯にしちゃった。
カレー皿にキャベツいっぱい。
すき焼きといつもよりちょっと多いご飯1杯。

増えてはいないけれど、ゆり園ゆくまえとおなじ横這い。
なんでぇな、と思ったけれど、
ちっちゃなシアワセいっぱいあったからかなァ。

とりあえず、通販でソーラー電波時計を検索した。
いつも身につけているもの。
これでカミさんと一緒にいられる、と思うのだがどうだろ。

 14620-z05.jpg
 ↑ 元気なのはコイツ☆画像クリックで拡大します

東京都議会の 野次 が問題になっている。
いまの時代に非見識なセクハラ野次であると思う。
首都の議員さんが、こんなだとははなはだ恥ずかしい。

いまのところの議会運営側や、
野次発生源であろう自民党の見解も、まことに歯がゆい。
ま、今後の対応次第では収まり難いと思われる。

 「都議会セクハラ野次」←クリック

「産めないのか」という野次だったらしい。
たしかに、結婚しない男女が増えているし、
ごんべみたいな独居爺ィも増加の一途ではある。

少子化については、不肖ごんべはお役にたてないが、
増える一方の「シニアお一人さま」は、
当事者の一人であるから他人事ではない。

で、いわゆる「お一人さま」が商売になり始めたから、
ワンカラダとか、一人グルメだとか、一人を優遇するようになった。
が、快適にすると、ますます少子化になるかも、って危惧はある。

「お一人さま」の1人としてみると大歓迎だなァ。
大勢のなかの「お一人さま」って、けっこう気をつかうって知ってる?
「お一人さま席」があれば、気兼ねなく外食できたりする。

案外と、気を遣うもので、
たとえば、4人席に1人の「孤食」はオイらも味気ないし、
かといって、見知らぬ人との相席で食うのもいまさらイヤ。

ショッピングモールのフードコーナーなんてのははセルフだし、
「孤食」している人がけっこういるので、気楽といえば気楽。
「孤」へのもてなしが、もっと充実してほしいと思う。

「孤舟」という言葉がある。
たった一艘で浮かんでいる舟のことだが、
これを、先ほど亡くなった渡辺淳一氏が小説のタイトルとした。

仕事人間であったのに、家族のために一生懸命働いたと思ってるのに、
定年退職したら妻からも子供から見放され、
当然ながら築いたはずの肩書も失ってしまう悲哀を描いているらしい。

彼らを「孤舟族」というのだって。
不肖ごんべ、この小説を読んではいないが、さもあらんと察する。
自分が通ってきた道だ。上手に抜けとは思っている。

団塊のなかで猛烈に突き進んできた人たち。
だからして「孤遊」の方法を知らなさすぎるのではないのか。
不肖ごんべは、過去を何の未練もなく捨てた。

孤の時代にあっては、孤をいかに愉しむかだ。
誰しも孤になりきれないからジタバタするのだねぇ。
てやんでぇと開き直るしかない。孤を認めるのだ。

ごんべ「孤遊塾」でも、
起ち上げようかしらん??

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

今日もお読みいただいてありがとうございました
ごんべのテンションアップにご協力ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


これまで書きためた エッセイ等をこちらへ集約させています


画像つきコメントはこちらへどうぞ!!
朝フォトのまとめです
ひとりごとです

*ごんべの「写真ホームページ」です

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています    
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/3726-d950ad7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分でいうのもナンなのだけれど......... «  | BLOG TOP |  » へそ曲がりのこの男「てやんでぇ」てまた頑張っちゃう

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する