topimage

2019-09

一枚歯でギリギリとなんでも切る - 2019.09.19 Thu

寒いよ、窓しめようか? というくらいだった。
昨日の午後は風が冷たかったんだな。
なにか着たほうがいいよ。って薄手のベスト着た。

下はまだ半ズボン。
これはミニスカみたいなもので、11月までは大丈夫。
今朝はちょうどいい、26.5℃。

書斎に収まって、ぼけぇぇ...................... としながら、
twitter を開いて、え? 二度見して思わず、ぷッと吹いた。
おもしろいこというよねぇ。

 韓国政府「日本は国際協力が難しい国」
 どっちが? ってはなし。

あちらが、ホワイト国外すよ。ホントにいいんだね?
って、外すよ、外すよ、といっても、日本側はなしのつぶて。
なんだ、いままでだったら、慌てて妥協してきたのに?

ま、こんなことだろうと思う。
ホワイト国外されても、こちとら、さして困るものがない。
だから、われ関せず。

困るのはそちらさんでは?
なんか大きな勘違いしているようでぇ。
河野前外相から、茂木外相へ、わきまえていらっしゃる。

こういう手に乗って「それで収まるなら..... 」と、
妥協して、妥協して、いままで、どれだけ反古にされてきたのやら。
きっぱりと正論をいう政府っていうのは頼もしい。

 _19919-d1.jpg

その人なりの体内時計っていうものがある。
だから一概にいえないが、だいたい眠ってすぐに、
ノンレム睡眠がきて、これで脳が休まるのだそうな。

あとのレム睡眠は身体は寝ているが、脳は起きている。
ゆえにあまりにも睡眠が長いと、脳が疲れて長生きできない。
って、はなしをどこかで読んだ。

おペケが2時間前に寝て、オレがベッドへいく頃は、
ちょうどノンレム睡眠のいちばん深いところ。
だから、それなり気を遣って、オレのベッドへ入る。

昨夜は11時になっても、彼女が居間にいてゲームしている。
「どうした? 」
「お茶の飲み過ぎかな」

オレの体内時計は、そろそろ眠くなっている。
「先に寝るよ」ってベッドへいき、10秒でこてんと爆睡。
そうするとおペケの体内時計が狂うのだ。

睡眠導入剤を飲んだらしい。
ちょっとしたことで、ボタンの掛け違いでこうなる。
人間ってものはデリケートだねぇ。

睡眠と覚醒の深さは相互関係にあり、 
脳が休まっていれば、朝の目覚めもすっきりとしている。
と、そのBlogには書いてあった。

この説だとオレは長生きできない。
それじゃ、オレが9時間も眠ってるのは、惰眠なのかぇ。
朝のぼけぇぇ.............は、脳が疲れてからなのかぇ?

必要以上に、眠る人は長生きできない。
そうなのか? 納得がいかないオレだった。
ま、いいヮ。意地張って、90歳までいきてやるゥ。

 19918-a1_2019091911280809a.jpg 19919-a2.jpg

「焼きうどんでいい?」
「いいよ」
「ちょっとやってみてぇ........ 」

というから、久しぶりにキャベツ切るところからやった。
「へぇぇ、三角に切るんだ」
と、オレの料理を面白がっている。

こんなものはキャンプの鉄板料理の延長だし、
やむをえずしてやった男料理への転嫁だからねぇ。
セオリーを知らん。ええからべぇ。

「あ、このキャベツの切り方、いいかも」
それそれ、コロンブスの卵よ。
ま、不在の4日間どれだけやるか、久々の包丁だったわぇ。

 ←click

「あれま、うまいわ」
人のつくったものはうまい。
これもセオリーだよな。

 19919-f1.jpg

俳句というものはまったくの素人で、
療養所にいたとき、退屈で,退屈でぇ.... と訴えたら、
当時の親友だったオカマ先輩が、歳時記もって見舞いにきた。

で、「俳句でもつくったら?」というのがきっかけだった。
別に、どこへも投稿するわけじゃなし、
暇にまかせて、思い浮かぶままにノートへ記しただけ。

それっきり何十年と忘れていたけれど、
歳時記だけは書架にあった。
それを引っ張りだして、365連休になって真似事する。

 紺碧のグラデーションを鳥渡る  ごんべ

これ、自信もなにもない。ふ,と浮かんだだけ。
けれどね。紺碧っていうのは、澄んだ夏の空だから
鳥渡ると秋の季語入れても、秋の景色になるしらん。

空の色のいいまわし、ほかを探すか。
が、いまはめんどっちぃから、あとまわし。
って、ダメだ、こりゃァ。

 19919-f3.jpg

フグは食いたし、命は惜しし............ という。たしかに美味い。
けれども命が惜しいから、釣り師も高いカネ払って、
フグ調理免許を持った調理師の料理をいただく。

遠州灘は、天然トラフグの漁場としては、かなり漁獲量のある所。
当初は、本場といわれる福岡へ全部を出荷していた。
が、それはもったいないということで、いまは地消もしている。

それが結実して評判はすこぶるいいようだ。
浜名湖の奥座敷、舘山寺温泉でわりと大衆価格で食べられる。
これに、ハモも加わって好きな人にはたまらない。

天竜川沖合の海底渓谷の縁へイカ釣りにいく。
水深はおおむね120m、ところが、ここはフグの漁場でもあるわけで、
アンチクショーは、行く先阻むものはは、みな噛み切っていく。

それがまた、見事な一枚歯で特殊ハサミでなくては切れない釣り糸も、
いとも簡単に、しかも瞬時に切っていく。
それが宙でやられるから、2度もやられたら糸が不足で釣りにならない。

つまり、仕掛がイカの泳層に届かなくなる。
で、たまにフグが釣れる。まさに、フグは食いたし、命はだ。
もったいないが、仕方なし船頭にあげる。

フグはテトロドトキシン(TTX)という猛毒を体内に持っている。
このTTXは神経と筋肉を麻痺させ、機能障害を起こす毒だという。
舌が痺れて、なんていうのが始まり。食通の歌舞伎役者がこれで死んだ。

舌がちょいと痺れるくらいが粋だねぇ.........
といったって、死んぢまってはしかたがない。
ショウサイフグは微毒だといって、食べたことがある。

びくびくして食ったら味がわからなかった。
サバフグはオレにくれぇと、船頭がもって帰る。
大丈夫か? と聞いたら、たまには痺れるとすましていった。

 ふぐ食わぬやつに見せな富士の山 

毒をおそれてフグ食わない野暮天には、
絶景の富士山もみせるな。
と、一茶さんもいうておる。

 だまされて喰わず嫌いが河豚をほめ

これは芭蕉さんだ。
河豚の江戸川柳はたくさん伝わっている。
それだけ、話題になったのだ。

 つりあわぬものてっぽうと時鳥

鉄砲はよく当たるという意味で、
目には青葉山時鳥初鰹だから、ホトトギスはカツオ。
江戸の人ってのは粋だったなァ。

初鰹は女房を質に入れないと食べられなかった。
で、河豚はというと、
初物は1尾で200文という記述が文化年間にある。

米一升が120文の時代の200文だから、おってしるべし。
やせ我慢して、これを食べる。
これが粋とは、いまの人には伝わらない。

てなわけで、本日は河豚談義。
ほなあした.................

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

🔽ほかのブログへはこちらからどうぞ!!

⬅️ 写真ブログ
⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する