topimage

2019-09

爽やかなめんどくささがあるのかぇ - 2019.09.09 Mon

夕方から雨が降り始めた。さほど強くはなかった。
寝ようとして0時に台風経路の確認。
伊豆大島南西50kmだった。すると新島か神津島か。

静岡県は東西に長い。東部の伊豆半島に暴風警報。
西部のこちらは、これくらいがピーク。
首都圏は通勤にタイヘンだな、冠水もしたらしい。

ま、地方は毎年やられているけれどね。
蒸し暑いぞ。書斎のデスクで31.6℃。
おーい。エアコン入れてぇ.....................

え? 今日は35℃まであがるの。
そりゃァ、タイヘン。
おペケが、午後3時から眼科で眼底検査する。

オイら、その送り迎え。
あれは、瞳孔ひらいて見えなくなるからね。
待ってるのもタイヘンだぞ。

オレは。たぶん、動脈硬化の検査でやったのだと思う。
1回だけどこかでやった記憶がある。
どこのセンセも検査がお好きなようで........

 1999-a2.jpg

「どれ食べる?」
オレのいつものは「銀座カリー」だけれど、
おペケが見慣れないレトルトカレーを2箱もってきた。

「この真っ黒いの、食べてみるか」
岩手県産の「男の極旨 黒カレー」だった。
なんか、まっくろけが美味そう。イカスミではない。

お向かいスーパーが、
全国のご当地カレーコーナーをつくったそうな。
ピアゴのドンキが開店したから、お向かいも頑張るのだ。

中辛のほどほど刺激と玉葱の甘さがなかななか。
えぇ。これチキンだぞ。おい、おい。
って、食べてしまってから気付いてもおそい。

オレ、チキンは嫌いだった。
知った途端に美味さ半減。
「ごめん」といたってお腹へ入ってしまったよー、ったく。

 ←click

でも、いまどきのレトルトってうまいねぇ。
つくってごらん、簡単だよ。おひとりさまのときいわれた。
あの、翌日に残ってあっためて詰まったカレーはたしかに美味い。

けれどレトルトのストック買っとけば、
あ、カレー食いたいってときに,即できる。
だから,いつまでもカレー鍋ごとごとが実現しなかったな。

 1999-a1.jpg

お昼食べるのはだいたい1時。
食べながらテレビ観ている。
ひな壇のタレントさんが、何分かに一度爆笑している。

気の利いたコメントをいい、それで他人を笑わせって、
それが番組の構成かもしれないが、観ていてなんかバカバしい。
テーマがけっこう社会問題だからね。

まだ、おペケがみている「徹子の部屋」のほうがいい。
そのあとの、老人ドラマは辛気くさいから見ない。
他局の韓国問題も観るほうが疲れた。「疲韓」そのものだな。

ここまできて仲良くできるか?
次から次へと繰り出すイヤがらせ。そういうものに屈するか?
あの国と未来志向になれるか?

だからって、このままじゃいけない、っていう。
こじらせているのはあっちだよ。
どうにもならない。

BSのニュースショー観ていると、
文政権の行く先は、反日、離米での半島統一なのだから、
向こうに修復のの気持ちがない。こっちからは、どうにもならない。

 1999-ff1.jpg

ほかの宗派はどうか知らない。
うちの曹洞宗では般若心経に馴染みが深いんだな。
いつもお経っていうとこれだからね。

 先のことは誰にも見えないんだ。
 無理して見ようとしなくていいんだよ。
 見えないことを愉しめばいい。
 それが生きてる実感ってヤツなんだからね。

Webの某所で般若心経の現代訳っていうやつがあって、これ。
このおかたの訳には異論があるらしいけれど、
門外漢は、これで納得するわ。

 hn11.jpg

なんか、オレのちゃらんぽらん精神に通じるんだな。
先のことなんかわかりゃしないんだから、
日々の生きてるって実感を大事にすればいいだろっていう。

 1999-a3.jpg

もう10年間になる。うん。そうなんだな。
あの人の初盆で寺施餓鬼にいったら、
ポケットサイズの般若心経をいただいた。

オレ、いたたまれなくなったら、仏壇前に座ってこれを読んだ。
自分の気持ちを落ち着かせるためにね。
2年くらいはやっていたと思う。

あの頃に、カフカフ仲間の、とくにおばはんに聞いた話だと、
いなくなった人を感じるときがあるらしい。
オレはほんとうになにもなかった。

なにかあるかと思ったが、まったくなにもなかった。
そこに、たしかにいた、雰囲気があった.。
なんてまったくなかった。

あの人は、オレをどう思っているのか。
最初はそう思っていたが、忘れられない夢を3つみたから、
あれが、あの人の伝えたかったことだと思っている。

ま、死んでしまうってことは、
物理的に、無になってしまうことと感じている。
オレが愚図だから、いつまでも引きずっていただけだ。

おペケは、亡き人のことをよく聞いてくれるし、
毎日の朝の挨拶も欠かさずにしてくれて、ありがたいと思う。
そういう人だったから、いっしょに住む気にもなったのだ。

で、ときどき寂しそうな顔をちらっと見せる。
けれども一言もいわない。
オレは心のなかでおペケに詫びる。ほんとに。

いなくなったがゆえに、心に残る。それはある。
そうだよな。むかしからいう。
死別男はめんどくさい。たしかにそう思う。

某所で、爽やかに亡き人を心に残す方は素晴らしい。
なんて書いてあったけれど.。よくわからん。
爽やかに????? どういう意味だ??

爽やかなめんどくささがあるのか。
いえることはひとつ。亡き人はこの世にはいないのだからね。
いま、いま傍にいてくれる人がいちばん大事ってこと。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

🔽ほかのブログへはこちらからどうぞ!!

⬅️ 写真ブログ
⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する