topimage

2019-09

心を揺さぶる魑魅魍魎が潜んでいる - 2019.09.05 Thu

曇り。涼しい風が入る。と思ったらとまった。
朝晩は涼しくなった。ただ、夕凪でピタッととまる。
暑さ寒さも彼岸までだから、あと少しの辛抱。

一日遅れて、月命日の墓詣りにいった。
いやァ、暑かった。丘の上を熱風が吹き抜けていた。
で、帰りに1800円分のお米券があったので、スーパーへ寄る。

このお米券は敬老の日の頂き物で、デパート系でしか使えない。
新米こしひかり5kgが買えて、ありがとさま。
これだけで汗ぐっしょり。

ハイ、着替えて.......... とぜんぶ脱がされて洗濯機へ。
と、おペケが、ポケットに免許証がはいってたァ。
お、オレも出すのを忘れていて、あえなく水没。

どんまい、どんまい、don't mind !!
いまの免許証は紙じゃないから大丈夫。
そのまま干しておけばいい。

 1995-a2.jpg

眠気もやっとぬけて、午後から夜はずっとパソコン前。
なにかいい写真展示スペースはないかと、
WIXにAmebaにはてブロ、試してみては削除の繰り返し。

WIXなどはカッコいいけれど、900/月額はちとイタい。
今日はこれからTumblrとWordPressを試してみる。
なんか、こんなことしていると愉しいね。

WordPressは、10GBまでの空きサーバーをもっているから、
やってみてもいいけれど、これ以上はオカネを遣いたくはない。
って、ここだな。テンプレひとつだって, けっこうなお値段。

要するに、既存Blogだっていいのだが、
なんといってもデザインがちまちまとダサい。
かといって、オレに創るスキルがあるわけじゃなし。

ま、迷って遊んでるくらいでいいのかと思う。
暇つぶしできれば、それでいい。
写真ブログもマンネリだから、なんとかしたいけれどねぇ。

 ←click  

鮭や鰆などの西京漬けを焼いたのは好きなのだ。
オレがおひとりさまのときも、よく買ってきたのだが、
焼くのに真っ黒けになるって難点がある。

それはおペケもおんなじで、
昨夜は、これに小麦粉を付けて焼くって手法を考えた。
なんか旨味をなかに閉じ込めたようで美味かった。

ナイス、おペケ !!
たまにはやるじゃん。
ってことで、いつもごくろうさん。

 1005-f1.jpg 1995-f2.jpg

パラリンピックの扇のデザインを旭日旗だといい、
選手村の食事を放射能汚染だと難癖付ける。
いいですゥ、それならきていただかなくても.........

もう、いちいち取り合うのもうんざり。あ、韓国のこと。
そうじゃないかぇ。
根本は歴史認識っていたって、それはねつ造。

もう、いいです。
ほんと、関わりたくない。
そういう声が日増しに強くなってくるのも当然だべや。

よかったァ。 朗報 !!
これで来月の浜松基地エアフェスタも6機が飛んでくれるゥ。
オリンピックの五輪飛行のテストも行っているようだ。

ブルーインパルスの展示飛行でお馴染みのスモークは、
むかしはカラースモークだったわけで、
1964年の国立競技場上空の五輪の輪はカラーだった。

なぜやめたかというと、地上の車の屋根についたとか、
そういう話があって、いまは単なる煙り。
カラースモークを知っている世代は、なんとなく寂しかった。

で、来年のオリンピックに向けて無害なスモークを開発。
先週から松島基地でテストを行った様子。
カラーの五輪が観られるのはまちがいなさそうだ。

 19829-f2.jpg

オレは幻想、妄想の好きなマセた子供だった。
で、そのまんま大人になったかもしれない。
未だに稚気痴気ばんばん、それほどの恥気はないからねぇ。

 私がこれまで思い悩んだことのうち、
 98パーセントは取り越し苦労だった。

これは、マークトゥインさん。
一晩中まんじりもせず、悩みに悩んだって、
朝になって、窓から差す光りのなかではアホみたいって思う。

オレは若い頃の蛞蝓三畳間で悶々としている頃にこれを悟った。
悟ったけれど、避けられない。
夜の闇には、心を揺さぶる魑魅魍魎が潜んでいる。

だから、ぐーすかぴーと眠ってしまうに限る。
って、トリスをがぶ飲みしては、げぇぇ......... とやって、
弱いんだから飲むんじゃないよ、と3歳年上の彼女に叱られた。

森繁久弥翁が、ご存命のころにいった言葉がある。
「いつまでもすけべぇでいたい」ってね。
このかたの「すけべ」はおおむねリップサービスであったらしい。

それにしても、こういうものは下品とは紙一重。
オレがそういう爺ィになりたい.................. と思っても、
簡単に、あの飄々としたスケベ爺ィにはなれるもんじゃない。

つまり、色ボケの変態爺ィではないんだからね。
洒脱な女性賛美をさらりといってのける。これだからね。
なんにしても、オレにはキャリア不足ではある。

かといって、いまさら励むには時間が足りない。
せっせと乏しいスケベ心に磨きをかけよう。
そのむかし、殿山泰司というビリケン禿頭の役者が好きだった。

この役者さん、ジャズが好きで、エッセイの文才もなかなかだった。
映画では、どこまで役で、どこまで地なのか、
その境がわからないという飄々とした存在感が好きだった。

ドがついてはいけない。
むっつりでもいけない。
オイら、好奇心旺盛でどこへも首つっこみたがる。

そのくせシャイで、いざとなったら床へ「のの字」を書いてる。
ま、こんな愚図だけれどねぇ。
自分でいっちゃァ、なんだが、そのゥ............. 案外とモテる。

男の終焉は「赤い玉」がころりとでるって戯れ言を読んだ。
たぶん、十代の頃だったと思う。
あの頃は艶笑譚という分野があって、粋な言葉で語られた。

しかし、あァいう文化って、どこへいっちゃったんだろ?
いつだったかに、おばば連中にそれをいったのだな。
真に受けて、「あんた、もうでたのか?」と問われた。

もとより、そんなものはない。
男には打ち止め限りがあるというたとえだな。
オレか? むにゃむにゃ....... にしとこ。

で、女性はっていうと、
大岡越前守の母御が火鉢の灰をかきまわしたというアレ。
つまり、おしまいはないらしい?

オレも色気のある爺ィでいたいと思うが、
いかにせん枯れかかっている。
ま、これも世の習いでいたしかたない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

🔽ほかのブログへはこちらからどうぞ!!

⬅️ 写真ブログ
⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する