topimage

2019-08

慣れっていうものは恐ろしいのだ - 2019.08.18 Sun

花鉢の水やりはオレの役割なので、ベランダへ出たけれど、
そのたった3分でくらくら目眩。
もうたまらんでぇ、と居間へ逃げ帰る。やれやれ。

かなわんで、この暑さ。
「去年もこんなに暑かったっけ?」
「あなたの耐性が................... 」

そうかもしれん。オレがひとりで応えてるんか。
年齢ひとつ重ねると、その分だけこらえ性がなくなる。
こういうの、あっちへ指1本ずつはいってくってことかのー。

「えらいこっちゃで................. 」
「なに年寄りぶってるの、シャワーでもいっといでぇ」
と、おペケに尻ひっぱたかれたでぇ...........

太陽はでてないんだ。今日は。
曇っているのだけれど、空気がアツい。
もう、なんとかしておくれぇぇ。

 19818-aa6.jpg 19818-aa3.jpg
 ↑ 昨日の夕日

昨夜は、こんな ↑ 夕日が落ちて熱帯夜。
寝室も朝までエアコン入ってた。
昨日と今日の境目くらいに寝て、8時までっぐっすり。

昨日も眠かったァ。
エアコンで快適な居間のオレの定積で、うとろうとろ。
おペケも定積みたら身体がえらい傾いていた。

なんか、疲れてる。暑さ疲れ。
尋常でない暑さへの耐性が衰えて、疲れになって溜まる。
オレの場合は、眠って、眠って、これを治す。

昼間から1時間眠ってしまって、夜が眠れるかぇ?
そう思って、夜更かし準備に、
この前買ったカメラのオーナーズブック拡げたが、1ページも読めない。

本を床にバサッと落とし、それで目が醒めて、ベッドゆこうって.........
朝8時に起きてきたから8時間弱。
ほんと居眠り妖怪の意のままだな。泥ィのように眠る。

 120828-m01_201908181136422b3.jpg
 ↑ ご長寿メダコ

このメダコは、寿命はとっくに過ぎているはず。
最初は5匹だった。1年くらいで一人ぼっちになった。
あれから2年。1尾で悠々と泳いでいる。

長生きだよなァ、おまえも。
がんばらな、あかん。な、おペケぇ。
あれ、いないよ。え、シャワーいった?

 ←click 

なんかねぇ、大阪の妹のお土産の西洋おせんべいがあって、
「お茶にする?」なんておペケがもってくる。
なので、夕方になっても腹がへったという感覚がない。

遅くていいよ、とぎりぎりのばして、
食卓座ったら「おでん」だったので、いっぺんに食欲でた。
その、目先換えるってのも大切だな。

そういえばオレ、阪神タイガースファンだったわけよ。
甲子園にナイター観にゆくくらいのね。
いつ、どうして醒めたか。語れば長くなるからやめとくヮ。

 19818-r6.jpg

オレの最初のパソコンはwindows 98だった。
いつごろだったか、忘れたけれど、浜松へ帰ってきてからだ。
それで、2000年だった思うけれど、初代 iMacを買った。

25万くらいしたと思うよ。高級とってたからね。
スケルトンでカッコよかった。
でも、まだピピポパパ、ってダイアル接続で重かった。

電話代は6万円前後払っていたね。
10 時間までは定額、それを越すと超過電話料金ってシステム。
ま、なにもできなかった。

 no1_20190818121019537.jpg

で、2002年にADSL接続となって、使い放題。
初代が壊れたわけではなかったが、
2代目のサッカーボールががでたから、ボーナスで買った。

やっぱり30万円ちかくしたかな。
デザインはユニークだが、2年使ってクラッシュ。
修理に出したが、調子悪くて、調子悪くてねぇ。

 no02_20190818121018549.jpg

2回ほどAppleへ:戻して結局直らず、
タイミングよく出た3代目 iMac に換えた。
ここで現行スタイルとなり値段が10万円前後に下がった。

これが2004年かな。
で、2011年に4代目、20014年に5代目。2017年に6代目。
いま、5代目はおペケが使っている。

わがMac愛は、ひたすらAppleに捧げているわけで、
ま、もう1台くらいは使うかもしれない。
がんばろ。

 19818-aa9.jpg

2017年に日本列島の上を北朝鮮のミサイルが飛んでった。
それで、Jアラートが鳴って国民に注意を促す。
ってことがあったよね。

ミサイルが飛んでくるっていうのに、なにを注意するんだ??
避難壕 (シェルターっていうのか) があるわけじゃなし。
あのころ、こういうtwitterをけっこう見たんだな。

幼いながらも、実際に空襲の街の中にいたオレからすれば、
なんでもかんでも文句たれるんだなァ、いまの人はって思っていた。
もっとも、ケチ付けるのが目的の人たちも多数いるけれどねぇ。

もしも、なんらかの事態が起きた場合、行動をとらないものは死ぬ。
これはたしかなことだよ。幼心にもその機微をみた。
その場において、できることをする。それが命を救うのは間違いない。

爆風ですっ飛んだり、爆弾の破片で負傷したり、
そういう阿修羅の経験があれば、ぶーたら文句はいってない。
自らを守るのは、自らでしかない。

目と耳を塞いで伏せろ。物陰に入れ。大人がそう教えた。
オレは一度だけ米軍艦載機の低空飛行に遭遇したことがある。
畑に伏せて震えていた。操縦席の米兵のゴーグルのなかの目を見たよ。

実際を知らないから文句いうのか。
文句いうまえに、どう行動すべきかを考えておいたほうがいい。
それが自分の命を救うことになるかもしれないよ。

 19818-m1.jpg

去年の10月か、台風のあとの4日間の大停電。
普通にあるべきものがない。それは大変な不便さなのだ。
慣れっていうものは恐ろしい。

あって当たり前と考えている。
世の中、そこから発していかないといけないんだね。
いまどきの世のなか、これが当たり前。

震災のとき、世界から日本人の国民性は驚嘆を持って賞賛された。
けれども、喉元過ぎれば..... ていう国民性だって隠れている。
目線をあわせて物事考えること。これがいちばん大切だと思う。

瓦礫処理がされないと、被災地の復旧ははじまらなかった。
で、それを最初に静岡県の掛川市が引き受けた。
その搬入を妨害したのは、余所からきた「市民」だった。

あのとき、現地のぼた山のように積まれた瓦礫の処理を受け入れる地方が、
極端に少なかった。受け入れる側に不安感が拭えない、これはたしかだ。
震災直後に分かち合った、一緒にがんばろう、という気持ちは消えたのか。

なぜ、ここへもってこなければいけないのか。
きつい言葉で反対する光景も目にしたけれど、エゴばかりではないように思う。
ここに至るまでの政府や、東電や学者たちのいい加減さに不信感があった。

あの時の政府は「民主党」だったね。
いま人気のれいわ新撰組の党首は、
ベクれるとかいって、福島の食品を拒否していたではないか。

オレたちの世代は、
実際には、そんなに多くの戦争の記憶があるはずのない年齢なのだが、
この目で見たように、空襲や街が焼け落ちた日のことを語ることができる。

昔の人は、自分の身の上に振りかかったことを、
ほんとうによく語ったからだろうと思う。
老人たちは語り部であったわけで、子供たちもまたそれをよく聴いた。

物事を伝える。
それをよく聴く。そして考える。
これが、現代に一番欠けることではないのか。

ウソで固めた歴史を徹底して教える国がある。
それが基準でものごと判断するのだから。わかり合えるわけがない。
淡く、淡く、あまり深入りせずに付き合ってゆく。それしかない。

こういうことだろうな、と思う。
オレたちは戦後の混乱した社会のなかで、
あの人たちがなにをしたかも見てきたからねぇ。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する